犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

イングリッシュコッカースパニエルとルアー


こんにちは 院長の伊藤です。

いよいよ、当院も今年の診療は昨日で終了となりました。

一年を振り返ると、私はほぼ毎日手術をしていました。

手術で治って元気になられた子もいれば、力及ばず亡くなられた子もいます。

全ての動物たちが元気に過ごせるよう祈念いたします。



さて、本日ご紹介しますのは痛いお話です。

釣りのルアーをみなさんご存知でしょうか?

ルアーは、ルアーフィッシングでの釣りに使用する道具のひとつで、針が付いていて、動きや色、匂い、味などで、直接魚を誘う物の事を言います。

このルアーに興味を持って匂いを嗅いだりして、鼻や口に針が刺さったらどんな状況になるか、想像しただけでも怖いですね。




イングリッシュ・コッカ―スパニエルのえるちゃん(雌、5か月)はルアーの針が鼻に刺さったとのことで来院されました。







下写真の黄色矢印がルアーの針が鼻を貫通している部位です。



患部を拡大した写真です。



まずルアーの自重で針の返し鼻に食い込みますので、針とルアー本体を離断します。



釣り針は返しが付いています。

この返しの部分が、魚の口などに食い込んだ時に針が外れぬよう工夫されています。

この時、無理に針を外そうとすると大きく組織を損傷します。

今回の様に鼻に刺さってしまうと無理に外そうとすれば、返しの部分で鼻腔内を傷つけ、予想外の出血を招きます。

そのため、刺入位置よりもさらに針を奥に突き刺して、返しの部分を鼻の外に突き出します(下写真)。



そして、返しの位置より針の付根に近い位置をニッパーでカットします。

下写真はニッパーでカットしたものです。









鼻腔内に刺入している針2か所をカットしますと後はすんなり針は下に引けば取れます。

下写真は針が抜けた瞬間です。



えるちゃんは患部からの出血はなく、思いのほか痛みも最小で済んだようです。

処置後、抗生剤と鎮痛剤を処方しました。

診察開始から5分で終了した処置ですが、生理的に痛々しいアクシデントでした。



えるちゃんは我慢強く、穏やかな性格であったのが幸いしました。

気が強い個体ですと麻酔処置が必要になったりしますが、それはそれで大変です。



取り出したルアーとその針です。



下写真黄色丸の針が鼻腔内に刺入しており、返しから上の部位をカットしました(黄色丸)。



最後に飼主様とのツーショットです。

えるちゃん、お疲れ様でした。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。


投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30