犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

チンチラの疾病

2019年10月28日 月曜日

チンチラの腸管吻合(自咬による腸管脱出)

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、自咬症により腸が脱出し腸損傷を招いたチンチラの症例です。

犬猫同様、腸が損傷・壊死を起こした場合、患部を切除後、腸管を吻合する必要があります。

チンチラは体重が雄で600g、雌で800gが上限の平均とされます。

これはウサギのネザーランド種(小型品種)の3分の2から2分の1に当たる体重です。

当然、腸管の直径は小さく吻合の難易度は高くなります。

チンチラは腸重積が原因で直腸脱となるケースが多く、その場合は重積部周囲を切除後に腸管吻合を行うのが最善とされます。

そんなチンチラの腸管吻合をご紹介します。


チンチラのポテチ君(3歳、去勢済、体重450g)は2週間前に当院で去勢手術を受けられました。



去勢手術後の患部の写真です。



術後2週間で縫合部は癒合したので、抜糸を行ってエリザベスカラーを外しました。

しかし、帰宅されたのちに患部を自咬し、腸が飛び出しているとのことで慌てて再受診されました。

脱出した腸は床材(チモシー)にまみれ、自咬して損傷が認められました。

細くて脆弱な腸管ですから、炎症・損傷が疑われる部位は切除する必要があります。

ポテチ君を全身麻酔します。



下写真黄色丸は脱出した腸管です。



患部をしっかり生食で洗浄します。



自咬で開いた患部をさらに近位(頭側側)に向けて切開します。



脱出した腸の全容です。



下写真の黄色丸は腸損傷を示しています。

腸管は、内出血や血行障害もあり、うっ血色を呈してます。

いずれ壊死を招くと推察されます。



脱出した腸の近位を腸鉗子で優しく挟みます。



把持した腸鉗子の間を外科鋏で離断します。



離断した直後です。



離断した腸の断面です。



向かって左側が約2㎜、右側が約1.5㎜の腸管の内径です。

この2つの腸断面を吻合します。



腸間膜からの出血が認められたため、バイポーラ(電気メス)で止血します。



次に6-0モノフィラメント合成吸収糸(黄色矢印)で腸管を単純結紮縫合していきます。

髪の毛よりも細い縫合糸です。









腸管の漿膜、筋肉、粘膜下織の全層を針で貫通して縫合します。









このようにして腸管の全周を4か所縫合します。

糸が細すぎて分かりずらいと思いますが、下写真が完成形です。



次いで、脱出腸管を腹腔内に戻します。



自咬の結果、裂けた腹筋層を縫合します。





皮下組織も縫合します。



最後に皮膚を5‐0ナイロン縫合糸で縫合して終了です。

吻合した腸管は約3週間で完全に癒合するとされます。

術後の合併症は腸の裂開、穿孔、腹膜炎、腹部での癒着、腸管の狭窄及び腸閉塞の再発などです。

術後5日までに腸穿孔による腹膜炎は発症します。

ポテチ君の容態については1週間は要注意です。



切除した腸です。



術後の栄養管理は、点滴や強制給餌による流動食を与えます。

下写真は、ポテチ君に青汁を強制給餌しているところです。



ポテチ君はしっかり流動食を飲んでくれます。



下写真は流動食のMSライフケア®を与えているところです。

ポテチ君の術後経過は良好です。

食欲、運動性もあり、6日後には退院して頂きました。

抜糸までの間(約2週間)は流動食を中心とした食生活で腸に負担をかけないようにして頂きます。

手術も大変ですが、術後の食餌管理は本人も飼主様も大変です。



術後2週目のポテチ君です。

抜糸のために来院されました。



傷口は皮膚癒合が完了していましたので、早速抜糸します。



抜糸後の患部です。

傷口も目立ちません。



大変な手術を受けることになったポテチ君ですが、術後の感染症もなく、腸の蠕動障害もなく無事回復されて良かったです。

術後に患部を自傷するケースは初めて経験しました。

去勢後に皮膚癒合は完了していたのですが、齧歯目の切歯は鋭いため、神経質な個体であれば、今回の様に癒合部を吻開してしまうようです。



ポテチ君、お疲れ様でした!






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2019年9月22日 日曜日

チンチラの去勢手術

こんにちは 院長の伊藤です。


本日ご紹介しますのはチンチラの去勢手術です。

犬、猫においては去勢・避妊手術は一般的に認知されるところですが、まだチンチラの去勢・避妊手術を実施している病院は少数といえます。

勿論、この手術の目的は不妊です。

カップリングして相性が良いとチンチラは繁殖力が高いため、不妊手術は必要となります。


雌の場合、避妊手術をしていないとするとシニア世代になり、子宮蓄膿症(興味のある方はこちらをクリックして下さい)、子宮水腫、子宮平滑筋肉腫等の罹患率が上昇します。

上記の疾病は、場合によっては死亡に至る場合もあります。

そのため、産科系疾患を予防するためにも避妊手術は意義があります。


雄の場合は、ウサギのようにシニア世代(5歳以降)で頻発する精巣腫瘍は、私は遭遇した経験はありません。

しかし、チンチラの寿命が10年から20年近くに伸びつつある事から、あまり目にしていない泌尿器系の疾病が今後、出てくる可能性があります。

加えて、性的に成熟を迎えるとチンチラは群れを守ろうとして縄張り意識が出て来ます。

場合によっては、飼主様に攻撃性を持つに至るケースもあるでしょうから、去勢を施すことで性格をマイルドにすることが可能です。

本日は、どんな感じでチンチラの去勢手術が行われるかを説明させて頂きます。



今回、チンチラのトトロ君(雄、3歳)は去勢を希望して来院されました。







全身麻酔下での手術となりますので、トトロ君に麻酔導入箱に入って頂きます。



イソフルランを流し、麻酔導入が効果を表したところです。



次にトトロ君を導入箱から出して、ガスマスクを口周りにあててイソフルランによる維持麻酔を行います。



メスを入れる部位をバリカンで剃毛します。



心拍数、呼吸数、血圧、血中酸素濃度などをモニタリングしながら手術に臨みます。



ペニスの付根に紙テープで腹部を抑え込んでいるのは、精巣が腹腔内頭側に潜りこまないよう定位置に保つためです。

チンチラの特徴として、鼠径輪(精巣の精管・精巣動静脈が腹腔内へ入っていく孔)が開口しており、陰嚢がありません。

そのため精巣は絶えず可動する特徴を持ちます。

なお鼠径輪については、こちらをクリックして下さい。





精巣にアプローチするために皮膚に切開を加えます。



皮膚を切開した後、筋肉層を切開します。



鉗子で筋肉層を広げます。



精巣を包む総鞘膜を切開します。



これで精巣が露出されました。



下写真の黄色矢印は精巣、青矢印は蔓状静脈叢、ピンク矢印は精巣動静脈を示します。



精巣を包んでいる総鞘膜と蔓状静脈叢を電気メスで分離します。



下写真は完全に総鞘膜から精巣が分離された状態です。

下写真の矢印の色は上記写真と同じ部位を示し、オレンジ矢印は精子の通る精管を示します。



精巣動静脈を縫合糸で結紮します。



2か所ほど結紮を実施します。



次いで精管を結紮します。



精巣動静脈と精管をバイクランプでシーリング後に切断します。











切断端は腹腔内へ戻します。

下写真の黄色矢印は腹筋の断端を示します。



この腹筋を縫合します。





筋層の縫合は終了です。



下写真は、両側の精巣摘出・筋層縫合が終了したところです。



皮膚を縫合しました。



手術終了です。



皮下輸液します。



麻酔から覚醒したトトロ君です。





傷口はこれくらいの大きさです。









術後2週間で抜糸した直後の患部です。



術後の経過は良好です。

当院では、このような流れでチンチラの去勢手術を実施しております。

去勢手術は手術当日の午前中に来院して頂き、当日の午後退院という形でお願いしてます。

なおチンチラの避妊手術は一日入院という形です。

避妊手術の詳細は、また改めて掲載します。



トトロ君、お疲れ様でした!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2018年5月24日 木曜日

チンチラの起源の特定できない悪性腫瘍

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、腫瘍の中でも種類の分類分け出来ない低分化度の悪性腫瘍のお話です。

チンチラのぽん汰君(15歳6か月、雄)は肘に腫瘤が出来たとのことで来院されました。



チンチラで15歳6か月齢は非常に高齢です。

チンチラの平均寿命が10歳と言われます。

ギネス記録としてはドイツで29歳8か月という個体がいたとされていますが、当院では紛れもなくぽん汰君は最長老と言えます。



下写真の黄色丸は左ひじの腫瘤です。

既に床面との干渉で、肘の皮膚は裂けて痂皮が形成されています。

加えて、赤矢印は頸腹部の腫脹を示します。



まずは肘の腫瘤を細胞診しました(下写真)。



核の大小不同、核小体の大型化・複数化、複数核・大型核形成などの異型所見が認められました。

これらの異型性を示す細胞成分が単一の細胞群として採取される点から、悪性腫瘍が強く疑われます。

外科的に切除が可能なのかが問題です。

ぽん汰君が超高齢のため、全身麻酔に耐えられるかと言う点。

肘の悪性腫瘍を完全に切除出来るかと言う点。

この2点をクリアできれば手術をする意義はあると思います。

飼い主様の意向としては、現状のままではぽん汰君は肘を痛がり、出血も断続的に続き、見ていても辛いとのことです。

腫瘍が完全切除出来なくても、この状態を改善できれば手術も止む無しとのことです。

飼い主様のご了解のもと、最善を尽くして手術に臨むこととなりました。

ぽん汰君をICUに入れて、高酸素下で少しでも全身麻酔のリスクを下げます。



麻酔導入箱に入ってもらい、ぽん汰君に寝て頂きます。





麻酔導入が出来ましたので、外に出して維持麻酔に変えます。

助手に前足をテープで牽引してもらい、患部皮膚に緊張をかけて、メスを入れやすくします。





肘の腫瘍が思いの外、大きいのがお分かり頂けると思います。



皮膚は裂けており、腫瘍と健常な皮膚との境界は不明瞭です。



極力、マージンを大きめに取るように電気メス(モノポーラ)で切除していきます。



切開している部位から出血も始まりましたので、バイポーラで止血します。







腫瘍への太い栄養血管が出て来ました。



バイクランプでこれらの栄養血管をシーリングします。



無事、腫瘍を切除出来ました。





問題はこの腫瘍切除後の皮膚欠損の修復です。



肘の関節運動がありますから、縫合部が裂けないようにある程度の緊張を持たせて、皮膚を細かく縫合します。

今回は5-0ナイロン縫合糸を使用しました。





縫合は終了しました。

皮膚の欠損領域が広いため、縫合は多少きつめとなりました。

これで、日常生活で患部が開かないのを祈念します。



次いで、頸腹部の腫脹ですが、注射針で患部を穿刺すると圧迫後に膿が出て来ました。



出来る限り圧迫排膿しました。

左下顎の臼歯歯根部が炎症を起こし、結果として根尖膿瘍という歯根部に膿が蓄膿する状態になっていました。



今回の手術はこれで終了となります。

後は、ぽん汰君の麻酔覚醒を待ちます。



背部にリンゲル液の皮下輸液を行います。



麻酔覚醒した直後のぽん汰君です。



高齢なので慎重に手術をしましたが、何とか無事終了出来てホッとしたところです。






さて、下写真は摘出した腫瘍です。

肘の皮下組織に浸潤していた側を表に下写真です。




痂皮が形成された裂けた表皮側を表にした写真です。



腫瘍の側面の写真です。



下写真は顕微鏡の病理画像(中拡大像)です。

新皮から皮下組織にかけて胞巣状・シート状に増殖する多形性・異型性に富む類円形・多角形細胞によって今回の腫瘤は構成されています。



下写真3枚は高倍率像です。

いずれも腫瘍細胞は、明瞭な細胞境界、好酸性細胞質、大型の類円形淡染核、明瞭な核小体を持っています。





病理医から腫瘍細胞の分化度が低く、診断名の特定は困難とのことでした。

腫瘍細胞の形態や増殖パターンから上皮系悪性腫瘍、特に形成部位から基底細胞癌の可能性があるそうです。



摘出した腫瘍組織の底部には、腫瘍細胞が露出している点から再発の可能性もあるため、要経過観察とのことです。



手術2週間後のぽん汰君です。

患部の抜糸のため来院されました。



下写真は肘の縫合部です。

綺麗に皮膚は癒合しています。




その後、ぽん汰君は4か月頑張りましたが、左の頚腹部に新たに腫瘍が出来ました。

飼主様の希望もあり、治療はせずに15歳10か月齢でぽん汰君は天命を全うしました。

合掌。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクッリクして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2016年11月 5日 土曜日

チンチラの子宮蓄膿症

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、チンチラの子宮蓄膿症です。

犬ではお馴染みの子宮蓄膿症ですが、私的にはチンチラの子宮蓄膿症は珍しいです。

一般にチンチラは齧歯類であることから、歯科疾患と消化器系疾患が圧倒的に多いです。


チンチラのナナちゃん(雌、5歳4か月、体重400g)は外陰部からおりものが出るとのことで来院されました。

受診時は既に外陰部をおそらく自身で舐めており、確認は出来ませんでした。



食欲がかなり落ちているとのことで早速、エコーで子宮を確認してみました。

下写真の黄色矢印は、子宮内部の低エコーから無エコー部を示しています。

これは子宮内に液体が貯留していることを示します。



子宮自体が何層にも折り重なる状態で描出されています。

何らかの液体が貯留して子宮が大きく腫大している点で子宮蓄膿症を疑います。

犬の子宮蓄膿症で度々申し上げていますが、子宮蓄膿症は全身感染症です。

緊急の疾患であり、全身状態が良ければ早急に卵巣子宮の全摘出が必要です。

飼い主様のご了解を頂き、早速全身麻酔下で卵巣・子宮全摘出手術を実施することとしました。

まずは麻酔導入を行います。





麻酔導入出来ましたので、導入箱から出て頂きマスクで維持麻酔を行います。







チンチラは体毛が密集していますので、実際の骨格は見た目よりも華奢です。

ナナちゃんは体重が400gですから、1歳のハリネズミとほぼ同じくらいでしょうか。



腹部に正中切開を入れます。





腹部を切開すると真下に腫大した子宮が認められます。



慎重に子宮を外に出します。



若干、黄色を帯びた子宮(黄色矢印)です。





子宮間膜の血管は充血怒張しています。



実際、私が手術している模様です。

腹腔内は非常に狭いため、傍から見ると何をやっているか分からないくらい細かな作業になります。



卵巣周辺の血管をバイクランプという器具でシーリングしています。



左右の子宮角です。

子宮角及び子宮頚部が腫大しており、健常なチンチラの子宮と比較して数倍大きくなってます。



子宮頚部を縫合糸で結紮しています。





腹腔内に臓器を収めて、出血がないことを確認し閉腹します。





これで手術は終了です。



手術終了時に外陰部から膿が出ているのを認めました。



ナナチャンは麻酔の覚醒も速やかです。





手術翌日のナナちゃんです。

患部を齧らないようにエリザベスカラーを付けたいところですが、齧歯類の中でもデリケートですから着衣で保護する方針で行きます。



術後2日目にして診察室内を走り回れるまで回復してます。







食欲も出てきました。



当院の新人の病院犬ドゥがナナちゃんに挨拶してます。



ナナちゃんの摘出した子宮を切開しました。

子宮角にはクリーム状の膿が貯留していました。





患部の顕微鏡所見です。

子宮内膜細胞は変性壊死を起こし、白血球やマクロファージの細菌を貪食した後、壊死腐敗した所見が認められます。



ナナちゃん手術後3日目にして、元気に退院して頂きました。

ナナちゃん、お疲れ様でした!






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2014年2月18日 火曜日

チンチラの食滞

チンチラはモルモットと同じく完全草食動物です。

その寿命は10~15年とも言われ、エキゾチックアニマルの中では際立って長寿な齧歯類です。

そんなチンチラですが、バランスを欠いた食餌内容の不備から消化器疾患が多発する傾向があります。

胃から腸までの消化管の長さは全長2.5mから3.5mあるとされ、一旦消化器疾患に陥ると腸管蠕動停止に始まり、食欲不振から死の転帰をたどるケースもあります。


本日ご紹介するのは、チンチラのシノちゃん(6歳7か月、雌)です。

突然の頻発する嘔吐から食欲不振でぐったりしているとのことで来院されました。



以前からシノちゃんはカーペットの線維をかじる傾向があり、異物誤飲の可能性もあるかもしれないとのことでした。

もともとウサギと同様、モルモット、チンチラは嘔吐をすることができない解剖学的構造をしていると言われます。

それでも胃の疾患が高度に進行すると、餌を食べた直後に吐き戻しをする症状は何例か私自身診たことがあります。

まず、レントゲン撮影を実施しました。





黄色丸に示した胃に内容物とガスが貯留しているのがお分かり頂けると思います。

加えて盲腸部にもガスが貯留しています。

強制給餌をしても口から流動食を吐き戻すとのことで、シノちゃんも軽度のショック状態になっています。

腸蠕動亢進薬や消泡薬を投薬して経過をみるという内科的アプローチではこの局面を打開できないと判断しました。

胃を切開し、胃内容物を摘出して胃を一旦洗浄することとしました。

シノちゃんに全身麻酔をかけます。







皮膚・腹筋を切開したところ、いきなり胃が飛び出してきました。

胃内容物が溜まっているのが分かります。



胃を切開します。



胃内には毛球、未消化の線維(カーペット)やドライフルーツ等、様々な内容物が入っています。



鉗子で取り除いた胃内容の一部です。



上手く取れない内容物は生理食塩水で胃内洗浄して吸引器(下写真)で吸引しました。



切開した胃を縫合します。



腹膜・腹筋を縫合します。



齧歯類は術後患部を齧る傾向にありますので、咬めないようにステープラーで縫合します。



手術当日は、沈痛な表情のシノちゃんでしたが、翌日になると食餌にも関心が出て来ました。

青汁を少し飲んだりできるようになりました。



さらに術後3日目です。

インキュベーター内で入院してもらっていますが、窓からかを出して脱出を試みようとします。





術後5日です。

既にインキュベータ内を駆け回れるくらいに回復してきました。



術後6日目です。

食欲もかなり出て来ました。

ペレットもチモシーもいい感じで食べてくれます。




チンチラはウサギと比較しても非常にデリケートな印象があります。

今回は食餌の内容物が胃内で停留して、いわゆる食滞という症状を示していました。

胃および盲腸内にもガスが貯留していましたが、シノちゃんはおそらく食滞による疼痛で食欲不振であったと思われます。

食滞に至る原因は様々です。

低線維、高蛋白・高脂肪食、異物の摂取、ストレス等が引き金になって胃腸の蠕動が抑制されます。

口に餌が入った端から、嘔吐するくらいですから胃内は未消化の内容物で一杯であったと思われます。

このまま内科的治療にこだわっていたら、高度の衰弱・ショック状態から脱却できずにいたことでしょう。

外科的に胃切開を実施するか、内科的治療を継続するかの判断が、齧歯類の食滞治療には要求されます。

判断ミスが無いように注意深い診断が要求されますので、毎回苦悩すること頻りです。



術後7日で退院当日のシノちゃんです。

元気に退院できて良かったです!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31