犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の肛門嚢摘出手術

以前、犬の肛門嚢炎を犬の疾病に載せたことがありました。

一度、肛門嚢炎を起こしますとお尻の皮膚が破裂して臭腺の臭い分泌液が漏出してきます。

その詳細は犬の肛門嚢炎をご覧ください。

肛門嚢炎・肛門嚢破裂は、患部の洗浄や抗生剤の内服で治ることは治るのですが、また間をあけて再発する症例が多いです。

そうなると飼い主様から、問題となる肛門嚢自体を摘出できないかという要望が出てまいります。

そこで今回、この肛門嚢摘出手術をご紹介します。

ヨークシャーテリアのモコちゃんは、度重なる肛門嚢破裂で、いつもお尻を気にする生活を送っていました。

患部を舐めようとしたり、肛門を床面にこすり付けようとズリズリしたりの毎日です。

排便時にも疼痛があり、常時肛門嚢の分泌液が悪臭を放っています。

モコちゃんの飼い主様より、肛門嚢摘出の依頼を受け、アナルサック・ゲル・キットを使用して手術を実施しました。






このアナルサック・ゲル・キットは、高分子の緑色のゴム状の物質を沸騰水中に入れて熱で溶解させ、ゲル状にして肛門嚢に注入して硬化させた後、肛門嚢を摘出させるというキットです。

下の写真にありますように、沸騰水で軟化したカートリッジのゴムをシリンジに組み込んで注入します。






上の写真でマジックで丸を付けた2か所が、肛門嚢の導管です。

穴が開いているのがわかりますか?

この導管内にシリンジの先端を挿入します。



注入後、数分でゲルは硬化して肛門嚢の所在がクリアになります。



私の手術法では、肛門嚢の上付近にメスを入れ、肛門嚢周辺の結合組織を鈍性剥離して導管の開口部近くを吸収糸で結紮します。




肛門嚢摘出手術は多くが肛門嚢破裂を繰り返す患者が多いですから、肛門嚢とその周囲の結合組織が癒着していることがあります。

うまく外科鋏などで鈍性に剥離できれば良いのですが、肛門嚢を裂いたりすると後の処置が大変です。

このキットを使用することで、熱を持ったゲルの効果で肛門嚢内の毛細血管からの出血を抑え、周辺組織との識別が容易となりました。当然、手術時間も短縮できます。

肛門周辺は血管をはじめ、神経も密に走りこんでいますので肛門周囲の手術は思いのほか、煩雑で苦労することが多いです。

下の写真は左右の肛門嚢を摘出した後、皮膚縫合した写真です。

術野が糞便で汚染されないように肛門に綿花を詰めています。




その後、モコちゃんは肛門嚢に絡む問題もなく、快適に日常生活を送れるようになりました。

肛門嚢自体がありませんので、今後肛門嚢を絞ったりする必要もありません。



肛門のう破裂って大変と思った方は

ぽちりとクリックおねがいします♪



投稿者 院長 | 記事URL

犬の帝王切開

最近では、雄雌のカップルを飼育させて自宅で繁殖するという飼い主様は減っているようです。

自家繁殖はカップルの相性もありますし、状況によっては帝王切開しないと出産出来ない場合もあります。

あるいは出産した仔犬たちを皆世話できなくて、里親さんを探すけれどなかなか見つからない、といった場合もあるでしょう。

自家繁殖でそのようなリスクを冒すよりは、新たに別の犬をペットショップで購入される方が圧倒的に多いですね。

7,8年前までは夜中や明け方に呼び出されて帝王切開をよくしましたが、ここのところめっきり手術依頼も減っていました。

そんな中で先日、帝王切開を実施したケース(チワワのキティちゃん)をご紹介します。

飼い主様が是非、キティちゃんの血筋をつなぎたいとのことで交配されました。

お腹が随分、大きくなってから来院されました。

出産が近づいているようなのでレントゲンを撮りました。






ちょっとわかりずらいかもしれませんが、赤ちゃんが5匹おり、うち4匹は逆子で正常位は1匹のみという状態です。

初産であり、逆子が多いとなると難産の可能性は高いように思われました。

どのような時に帝王切開が必要か、そのタイミングが重要です。

母犬の側からみたポイントは以下の通りです。

1:陣痛が微弱(出産の予定日なのに陣痛が来ない!)

2:陣痛が起こって2時間たっても分娩されない。

3:胎盤が剥離して緑色の分泌液が陰部から漏出してる。

4:破水があって90分経過しても胎児が出てこない。

5:全頭出産が終了するのに4~6時間以上の時間がかかっている。

他にもありますが、詳細は成書をご覧ください。

直腸の体温測定を一日に何回もしていただき、37℃をきるようなら24時間以内に分娩がおこると思ってください。

1週間以上前から体温計をお渡して、飼い主様にも確認をしていただきましたが、いよいよ陣痛が起こって、私どもで分娩を看取ることとなりました。(飼い主様も初めてのことで随分不安な様子です。)

陣痛が起り、ほどなく1匹目を出産しようとしましたが、うまく分娩できず本人もパニックを起こし、出てきた赤ちゃんを噛み殺してしまいました。あっという間のことで非常に残念です。

2匹目の分娩に時間がかかりそうでしたので、速やかに帝王切開を行いました。

下の写真はこれから帝王切開する直前のものです。












帝王切開時の注意点は麻酔薬の選択と麻酔深度の調整です。

特に母体のみならず胎児にまで麻酔が深く及びますといわゆるスリーピングベイビーとなり、覚醒に苦労します。

ドプラン(呼吸促進剤)を臍静脈から注射して呼吸できるようになった仔もいますが、ほぼ4匹そろって産湯と皮膚へのマッサージで産声が聞こえました。

ほっとする瞬間です。

赤ちゃん達のお世話はスタッフにまかせて、私は子宮の縫合をします。




ほどなく赤ちゃん達も母犬の母乳を求め始めますので、お母さん犬のそばに移動します。







いつも帝王切開をして思うのは、母は強しということです。

浅めに麻酔をかけられ、覚醒したら痛いお腹はそのままで赤ちゃん達に初乳を与えなくてはならず、ゆっくり休むこともままなりません。

その後の話となりますが、赤ちゃん達はすくすくと成長を続けています。

キティちゃんも術後の経過も良好でしっかり、お母さんをしています。

キティちゃん、お疲れさまでした。


leo帝王切開に興味のある方leo

ポチっとクリックお願いしますtulip

投稿者 院長 | 記事URL

乳腺腫瘍とレーザーメス

犬は乳房が左右で10個あります。
これらの乳房はリンパ管でつながっています。
第1から第3乳房は腋の下にある腋窩リンパ節へ続いています。
第4,5乳房は浅鼠リンパ節へつながっています。

なんでこんな話をするかというと、乳腺腫瘍(乳がん)の話です。
ヒトの場合と異なり、犬では乳房がこんなにたくさんあり、加えてそれぞれが連結しています。
乳腺腫瘍が発生した場合、1つだけ乳房を切除して再発も無く完了とはいきません。
状況によっては乳房を全部摘出しなくてはならないこともあるわけです。

この手術の大変な点は、乳腺が血管に富んだ組織であり、切除に当たってはかなりの出血を覚悟しなければなりません。
また、乳房の多くを切除した後に欠損した皮膚を引っ張って縫合しなければならない点です。
私は大学は外科出身ですし、手術は好きなんですが出血は大嫌いです。
ですから、乳腺腫瘍の手術は自分にとって大変です。
やっきになっていつも血管を糸で結紮して止血に努めています。

今回は半導体レーザーメスを使用して手術に臨みました。
メスの切り口としては硬性メス(普通のメス)が一番組織の修復はきれいです。
一方、血管はズバッと切ってしまいますので出血は避けられません。
従来、私は電気メスを使用していましたが、半導体レーザーメスに比べて組織のダメージが大きく、組織修復という点ではレーザーメスには及びません。
毛細血管含めてある程度の静脈ならレーザーで血管も焼いて止血も同時に可能です。


今回、手術を受けるのはフレンチブルドッグの雅(みやび)ちゃんです。




右側第2乳房に腫瘍を認め、早期に摘出となりました。
雅ちゃんは右側第3乳房が生まれつきなく、部分乳腺切除術として第1,2乳房をまとめて切除します。








実際使用してみて、出血量は思いのほか少なく、使用したガーゼは何と2枚で済みました。
切れ味も鮮やかできれいな仕上がりになったと思います。
半導体レーザーがヒトの美容整形で活用されるのもうなずけます。
フレンチブルドックは胸が厚く、いわゆるハト胸ですからこの欠損した皮膚を上手に縫い合わせるのがひと苦労です。
術後の経過も良く、抜糸も予定通りできそうです。





レーザーメスに興味のある方は

こちらをクリックお願いしますlovely

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31