犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の子宮蓄膿症(その2)


避妊手術をしていない雌犬が7,8歳以上のシニア世代になると、罹患しやすい疾病に子宮蓄膿症があります。

この疾病については、以前犬の子宮蓄膿症でコメントさせて頂きました。

その後も、頻繁に子宮蓄膿症の手術をしておりますが、受診される時には重篤な症状になっているケースも多く、飼主様への注意勧告のためにも、再度症例報告させて頂きます。



ミュニチュア・シュナウザーのショコラちゃん(未避妊、7歳)は数週間ほど前から陰部からおりものが多いとのことで来院されました。



陰部からの排膿は、経験的に子宮蓄膿症を疑います。

膣からの排膿は、子宮頸管の解放程度や貯留膿汁量により異なります。

一般的には、膣からの排膿量が多い犬の方が、子宮頸管が閉塞して排膿しない犬に比べて症状は軽いです。

犬の子宮蓄膿症の内、15~30%が子宮頸管閉鎖型で排膿が認められないと言われます。

今回のショコラちゃんは、陰部からの持続的排膿があり、この疾患の特徴的な症状は顕著に出ていませんでした。

子宮蓄膿症の症状は、多飲多尿、嘔吐、下痢、食欲不振、沈鬱、膣からの排膿です。

早速、レントゲン撮影を実施しました。

下写真の黄色丸内に腫脹した子宮の陰影が認められますが、以前報告したケースと比較して、そんなに子宮の腫脹は顕著ではありません。





血液検査を実施したところ、白血球数が54,200/μlと非常に高い数値を示しました。

犬の正常な白血球数は上限が17,000/μlとされてます。

体内に細菌が侵入した場合、この細菌をやっつけるために白血球が増産されるわけです。

子宮蓄膿症であることは紛れもなく、早速卵巣子宮全摘出手術を実施することになりました。



開腹した途端に、腹腔から子宮が飛び出してきました。



本来、子宮は平滑なY字の管状構造を呈しています。

子宮蓄膿症になりますと子宮内に貯留した膿汁で分節上に、あたかもソーセージのように腫脹します。



子宮を傷つけないよう、膿汁を外に漏出しないよう配慮しつつ手術を進めていきます。

バイクランプで大きな血管はシーリングしていきます。





正常な子宮と比較して何倍もの大きさです。



特に大きな問題もなく手術は終了しました。



摘出した子宮です。



手術が成功しても、決して安心はできません。

子宮蓄膿症の原因菌とされるブドウ球菌・大腸菌が産生するエンドトキシンが血中を回って血圧の低下・体温低下によるショック状態が現れる場合もあります。

ショコラちゃんは5日間入院して頂き、無事退院されました。

下写真は、患部の抜糸のため本日、来院されました元気なショコラちゃんです。



子宮蓄膿症の予防は、避妊手術を早期に受けることだと思います。

勿論、犬の自然の発情周期に従って、繁殖をするというのも一つの予防法でしょう。

しかし一般のご家庭で、年に2回ほどの発情が来るたびに出産させるというのは無理です。


過去に当院の患者様で体重65kgのセントバーナードがいました。

特に避妊もせず、6歳になった年に子宮蓄膿症を発症されました。

摘出した子宮の重さは9kgでした。

手術は成功したかに見え、本人も1週間ほど元気に過ごされたのですが、血中に残っていた細菌のトキシンショックで急逝されました。


先日は、8歳のチワワで子宮蓄膿症で来院されましたが、開腹した時点で腹腔内には子宮が破裂して膿が貯留してました。

術後、この子も治療の甲斐なく急逝されました。


子宮蓄膿症は全身の感染症であるということは忘れないで下さい。

手術すれば、完治すると安易に考えないで頂きたい。

新たに子犬から飼われる飼主様にあっては、1歳未満の若い時期に避妊することを真剣に考えていただきたいと思います。



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
応援して頂ける方は、こちらupをクリックして頂けると励みになります。


投稿者 院長 | 記事URL

犬の熱中症


以前、熱中症について 熱中症に備えて という記事を載せました。

今年は30度を超す日が延々と続き、メディアも連日熱中症について取り上げていたため、飼い主様もご注意いただいているようで、犬の熱中症の症例はありませんでした。

しかしながら、つい先日、車の中にいて1時間弱の間に熱中症になられたワンちゃんがいます。



今回はこの熱中症のお話です。

Mix犬のキキちゃん(1歳9か月令、雌)は飼主様が車の中で冷房を入れたつもりで、実は送風モードであったようで、そのまま車中に置き去りにされました。

飼い主様が車に戻られた時点で、すでにキキちゃんは過呼吸で起立不能の状態でした。

下写真は急遽来院されたキキちゃんです。



写真ではこの状況は伝わりにくいかもしれませんが、呼吸が非常に荒く、口からは大量のよだれが溢れています。

加えて、立ち上がることもできません。

ヒトの熱中症の状態と近似しています。



キキちゃんのこの時の体温は43度です。



点滴のための留置針を静脈に入れて、体温を下げるために全身を水で濡らしたタオルで包みます。

さらに保冷剤を腋下や鼠蹊部に当てて、冷却します。





これらの処置で、1時間内にキキちゃんの体温は38度台に戻りました。

氷水等による急激な冷却は、体表部の血管を収縮させることで体熱の放散を抑制し、さらに体の振るえによる熱産生を促進し結果として、体温の下降を遅らせてしまいますので要注意です。


血液検査を実施したのですが、すでに血液の粘性は高くなり、黒ずんでいます。

肝臓機能を表すGOT値は、すでに測定不能を示しています。


意識も混とんとしていますので、脳浮腫を避けるために高用量のステロイドを投薬します。

高温下による脱水、そして末梢血管の拡張による低血圧を改善するために点滴を大量に送り込みます。

その後、キキちゃんは下痢・血便が出始めました。

高体温での消化管出血が起こっているようです。

それでも2時間くらいで、意識が戻り始め横たわって立ち上がれなかった体が、伏せの状態まで回復してきました。

当日は、夜間通して看病に当たりましたが6時間後には起立可能となりました。


結果として、2日間の入院でキキちゃんは無事退院されました。



飼い主様が速やかに病院にお連れ頂いたことと、キキちゃんが基礎体力があり若かったこともあり、大事に至らずに済んだと思います。



多くの熱中症患者は、体温が平熱に戻った後に多臓器不全を起こして死の転帰をたどるケースも多いことを認識して頂きたく思います。

この熱中症は、飼主様が気を付ければ防ぐことが出来る疾病です。

不注意でペットの命を失くしてしまったら悔やみきれないものがあります。


キキちゃんは、まだ肝臓機能障害は残っておりますので、しばらく治療は必要となります。

元気に退院できてよかったです。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。


 

熱中症の怖さを感じられた方は、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31