犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の熱中症(その2)

こんにちは 院長の伊藤です。

連日、猛暑が続いています。

飼い主様もペットの動物達も夏バテはされていませんでしょうか?

この時期になると必ず話題に上るのは、熱中症です。

以前に私のブログで熱中症についてのコメントをいくつかさせて頂いています。

今回と内容が重なる部分も多いため、ご興味のある方は以下の3記事も参照下さい。


暑い日が続きます。



熱中症に備えて



犬の熱中症




当院でも既に熱中症の症例が来院されています。

ヨーキーとシーズーの雑種のマリエちゃん(3歳、雌)は、突然呼吸が荒くなって、体が熱い、起立不能の症状で来院されました。

体温を測定しますと41度と高いです。

起立不能のため、まずは留置針を入れて点滴のルート確保をします。









血液検査も同時に実施しました。

肝機能(GOT,ALP等)と炎症性蛋白(CRP)が高値を示しています。

加えて低カルシウム血症であることも判明しました。

マリエちゃんは10日前に出産をしており、おそらく出産のために体内のカルシウムを消費してのことと考えられます。

体温を下げるため腋下や内股に保冷剤を当てて、体全体を水で濡らしたタオルで包みました。





サーキュレーターで風を当てて、体温を下げて行きます。





体温が38度台に戻ったのを確認してから、今度は低カルシウム血症を改善するためにカルチコールをシリンジポンプで投与していきます。



少しづつではありますが、意識が戻ってきています。

体にも自発的に動きが出て来ました。



入院室に移動して、点滴を続けていきます。



5時間ほど経過したところ、マリエちゃんは立ち上がりました。

眼にも力が入ってきました。

多量に排尿も出来ています。



翌日には、マリエちゃんは食欲も出て来ました。

血中カルシウム値も正常に近い所まで戻ってきています。

肝機能はまだ高値を示していますが、これも時間の経過とともに改善していくと思われます。



入院して4日目にマリエちゃんは退院して頂くこととなりました。

お迎えに来た飼主様(お子様)とのツーショットです。





毎年この時期になりますと、飼主の皆様に熱中症の注意勧告のため、このような記事を載せております。

熱中症になり、治療の甲斐なく亡くなられるケースもあります。

熱中症対策の具体例は、前述の過去の記事をご参考にお願い致します。

マリエちゃんも元気に退院されて、赤ちゃんたちのお世話ができるようになりました。

マリエちゃん、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

犬の異物誤飲 (その15 紐)

こんにちは 院長の伊藤です。

本日、ご紹介しますのは犬の異物誤飲で 紐(ひも) です。



チワワのセナ君(雄、7歳)は紐を誤飲したとのことで来院されました。



紐は歯石を取るために齧らせていた太めの紐(ロープに近い)とのことです。

紐や糸のような異物を線状異物と言います。

線状異物を誤飲しますと胃から十二指腸を通って、空回腸あたりで引っかかり腸を巻き込んで、腸が団子状に丸くなってしまいます。

最悪、腸は血行障害により壊死に至りますので、患部の腸を切除して健全な腸の端と端を吻合しなくてはなりません。

そうなっては大変ですから、早速セナ君のレントゲン撮影を実施しました。





黄色丸の胃内に何かありそうな感じがしますが、フードを食べており詳細は不明です。

ただ十二指腸以下には恐らく異物は認められません。



飼い主様が紐の誤飲は確認していますので、試験的開腹をすることとなりました。

全身麻酔下のセナ君です。







皮膚切開を行います。





胃を外に出しました。

触診すると胃内部に硬い紐の感触が分かります。

恐らく胃内で紐は移動せずに停留していたようです。



胃を切開します。



切開部から紐が顔を出しています。

問題はこのまま鉗子で紐を牽引して、十二指腸で引っかかっていないかということです。

紐が十二指腸を巻き込んでいれば、腸に切開をして紐を摘出することになります。



そんな私の心配とは関係なく、紐を牽引したところ、スルスルと紐はその全容を現しました。





胃の中で紐は留まっていてくれたようです。

摘出した紐です。



切開した胃です。



これから胃を縫合します。



胃の縫合は終了です。



皮膚縫合して手術は終了です。





麻酔から覚醒したばかりのセナ君です。



暫くはセナ君は、食事制限をした入院生活をしていただくこととなりました。


退院時のセナ君です。





異物誤飲は詰まる所、飼主様の不注意に根差します。

動物は、異物を食べることの良し悪しの判断はできません。

あくまで感情的に口に入れてしまうだけです。

嘔吐させる薬を飲んで、吐き出すことが出来ればよいのですが、出来なければ胃切開するしかありません。

異物を誤飲したと確認したら、一時間以内に病院を受診して下さい。

どんな異物を食べたら、どんな結末が待っているのかを飼主様にお伝えするために異物誤飲シリーズを今後も続けていく所存です。


セナ君、お疲れ様でした!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

頑張れ!ベティ!!(老齢性前庭障害)

こんにちは 院長の伊藤です。

当院のマスコット的存在であるゴールデンレトリバーのベティ(13歳10か月、避妊済)ですが、3週間ほど前に突然立てなくなってしまいました。

下写真は健康な在りし日のベティです。



ベティは身体能力も優れ、とても私では追いつけないスピードで走ることもできました。







また性格的にも穏やかで、他の犬と喧嘩することもなく平和的な犬です。

過去にも何例もの患者犬へ、自身の血液を輸血して命を救ったこともあります。

開業してから、私の右腕として陰に陽向になって支えてくれた大切な存在です。

そんなベティにも、神様は分け隔てなく試練を与えます。



6月15日に朝出勤して、病院に到着と同時に突然、ベティの両眼に眼振が起こり、斜頚の症状が出ました。

眼振とは眼球振盪の略で、内耳の三半規管と蝸牛の間の前庭部が障害を受けて起こる症状です。

眼振は水平方向に起こり、末梢性の前庭障害が示唆されました。

ちなみに垂直方向の眼振は中枢性前庭障害が関与しています。

末梢性前庭障害で特に多いのは、突発性前庭症候群と呼ばれる病気です。

前庭の内部リンパ液の浸透圧異常が原因とされますが、その詳細は不明です。


ベティの首が左に傾き始め、ねじれが生じてます(下写真)。

この症状を捻転斜頚と言います。

既にベティは立つことが出来ず横転し、眼振による吐き気で嘔吐をします。



写真ではうまく写せませんが、眼振が続いています。



末梢性前庭障害は、10歳以上の老齢期に突発的に発生することがあります。

老齢期の末梢性前庭障害を称して老齢性前庭障害と呼びます。

老齢性前庭障害は捻転斜頚、眼振、吐き気がある日突然生じて1週間前後で症状は治まり、次第に回復に向かうとされます。

捻転斜頚の特徴である斜頚については、治るまで数か月を要する場合もあり、完全に回復しない症例もあるとされます。



起立困難になったベティは、大型犬であることから床ずれ(褥瘡)が問題となります。

エアクッションのマットを用意しました。

寝心地は良いだろうと思ったのですが、本人はフカフカして落ち着かない様子です。





問題はトイレです。

自力で立つことが難しいので、排尿排便をさせるために背中から腰の部分に持ち手が付いたアシスタントバンドも導入しました。

このアシスタントバンドで、ベティをトイレまで運んで用を足させます。




発症4日後のベティです。

眼振は消失しました。

ある程度、自力で歩行ができるようになりました。

斜頚は依然、続いています。



食餌は顔面の左側が軽い麻痺があり、フードをぼろぼろと口からこぼしてしまいます。



幸い排便排尿は自分でできるようになりましたので、あとは斜頚の回復を目指します。

今回のような老齢性前庭障害の場合は、原因不明のため有効な治療法はありません。

基本は対症療法となります。

ベティの場合は、ステロイドとクロラムフェニコールの内服で経過観察を続けています。





今年14歳のベティは、人間でいえば90歳のお婆ちゃんになります。

加齢はどんな生物にも訪れるし、避けて通ることは出来ません。

ちびっ子の2か月齢から、家族の一員として迎えて14年という歳月が流れました。

ヒトと犬では時間の長さが異なります。

ヒトの1年が犬の犬種により異なりますが、5年から7年に匹敵します。

いずれベティも天寿を全うするでしょうし、それは私も同じです。

健康な時は死を意識することなんかないでしょうが、死は必ず訪れます。

いつ死んでもよいように日々を全力で過ごしたいと思っています。

でも現実には、些細なことでつまずいてもがいている凡夫の私です。




早く斜頚が治って欲しいね。

頑張れ!! ベティ!!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みにあります。







投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31