犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL

このページでは
フトアゴヒゲトカゲ・ヒョウモントカゲモドキについて紹介しています。



ウサギの飼い方・健康管理の紹介

フトアゴヒゲトカゲの飼い方
      健康管理の紹介


症例と治療例一覧
!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

学名はPogoma vitticeps、有鱗目アガマ科アゴヒゲトカゲ属に分類されています。
野生のフトアゴヒゲトカゲは、オーストラリア中部~東部の乾燥地帯に生息しています。

ペットショップで見られるフトアゴヒゲトカゲは、国内外で繁殖されたもので、野生個体が出回ることはありません。

飼育下での寿命は10~15年と言われています。

特徴

昼行性で紫外線の要求量は高く、威嚇する時に顎ヒゲを大きく膨らませるのが特徴です。
下顎部は、発情期の雄で黒く変色させたり、またストレスを感じたり、体調が悪い個体でも黒く変色します。
尾は一度切られてしまうと再生しません。
 
雌雄鑑別は幼体では困難ですが、成体であれば総排泄腔付近を確認すると容易です。
雄の場合は、総排泄腔尾側にある二峰の膨らみと中央部に窪みがあります。また、大腿孔が大きく肥大しています。
雌の場合は、総排泄腔尾側は平らで膨らみはありません。

繁殖特性

フトアゴヒゲトカゲの繁殖にはメスの体力が必要です。良い卵を産むのには、早ければ生後1年以内で産卵可能になりますが、2~3年育てた個体になってから繁殖をのぞむと良いです。
また、継続的に同じ環境にしても繁殖しないため、生態についてよく知る必要もあります。

尚、繁殖にはクーリング期間を設ける必要があります。温度変化の刺激によって繁殖期を演出期間です。夜間の温度を徐々に下げ、エサを食べなくなってきた頃にまた温度を上昇させクーリング期間を設けます。
オスは発情すると顎の下が黒くなり、尾の付け根と後ろ足の突起が発達し目立ちます。タイミングよく繁殖に望めると、一度に15~30個の卵を産みます。
また最近では爬虫類の販売には規制が多く、手続きも必要になります。
以上のことからしっかりとした目的と知識、準備を持って臨むことが必要です。

[ フトアゴヒゲトカゲの整理科学的数値 ]

成体平均体重280~510g前後
全長45~56cm
平均寿命6~15才程度

飼育ケージ

十分な広さのケージを用意してください。60~90cm以上の幅のある大きさのものが良いでしょう。
寒さは苦手なため、パネルヒーターや電球が取り付けやすりケージがよいです。

ケージ環境

●床材
乾燥地帯に生息するため、砂漠の砂を模した天然砂や、粒の細かいクルミ殻などが利用できます。しかし、幼体は、細かい床材を誤飲することもありますので、ペットシーツなどを利用することをおすすめします。
 

照明
本来なら、日中は日光浴をし、日陰に移動しながら自身で体温調整を行いますが、飼育下では難しいため、日中は紫外線器具を使用して照射します。
骨形成には紫外線がとても重要です。
紫外線器具を設置する際は照明と成体の距離に十分気をつけてください。ケージ内の流木や岩、シェルターなどの上に乗った時に照明機器との距離が近くなり、眼球障害や低温火傷になる場合があります。

 

●温度
ケージ全体の温度を、昼間は27℃位に、夜間は昼間より1~2℃低く設定します。30℃を大きく越えないように調整してください。
自然下と同じように昼夜で温度差をつけましょう。
昼間のみホットスポットを32~35℃に設定し、一年中この温度を維持します。
昼間でもケージ全体の温度とホットスポットの温度は異なります。ホットスポット以外の場所は、やや低めに設定することで、フトアゴヒゲトカゲ自らが体温調整できるようにすることがポイントです。
ただし、幼体期は低温に弱いため、特に注意してください。


シェルターなど
野生では、半樹上性の生活を送っているため、ケージ内に流木や岩など、またランプ照射を避けて休息できるようにシェルターなどを入れてあげると良いでしょう。

食事について

『人口フード』『野菜』『昆虫』の3種類がメインの餌です。
 

人口フード
フトアゴヒゲトカゲ専用フードがおすすめです。必要な栄養素を含んでおり、総合栄養食と考えて良いでしょう。
乾燥タイプの人口フードはフードの破片が口腔内を傷つける可能性がありますので、ふやかして与える方が安心ですし、水分補給にもなります。
幼体は蛋白質の要求量が高いため、昆虫がメインですが、人口フードに慣れさせる必要がありますので、幼体の時から与えてください。

 

野菜
栄養と水分補給のため必ず与えてください。野菜の種類はカルシウムを多く含むもので、キャベツや小松菜、チンゲン菜、ミズナなどが一般的です。
体の大きさによって、食べやすいサイズにカットして与えましょう。
人口フードと同様、幼体の時から与えて慣れさせてください。


昆虫
栄養価が高く、幼体には欠かせない餌です。コオロギ、ミルワーム、シルクワームなどがあります。幼体期は昆虫をメインにしっかりと与えてください。

幼体期は昆虫をメインに与え、人口フードや野菜にも慣れさせてください。徐々に人口フードと野菜の比率を増やしていってください。餌は、毎日食べるだけ与えてください。
成体になると草食傾向の雑食性に変化していきます。人口フードと野菜をメインに、副食として昆虫を与えてください。
毎日~数日おきに、腹八分目の量を与えてください。昆虫は1週間に2回程度にとどめます。


ビタミン剤
通常の餌をバランス良く与えていても、栄養素が足りないこともあります。カルシウム剤や総合ビタミン剤が一般的で、幼体期では1週間に1回、成体になれば1~2週間に1回程度にします。


ほぼ野菜から補う事ができますが、特に幼体は脱水に注意が必要なため、ケージ内は水を張った水入れを常設してください。

ウサギの飼い方・健康管理の紹介

ヒョウモントカゲモドキの飼い方
         健康管理の紹介


症例と治療例一覧
!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

ヤモリの仲間で爬虫綱有鱗目トカゲモドキ科トカゲモドキ属に分類されます。
学名Eublepharis maculariusといい、英名ではLeopardGecko(レオパードゲッコー)と呼ばれ、爬虫類ファンから「レオパ」の愛称で親しまれています。
日本のペットとして登場したのが1980年代で、当初は野生採取個体でしたが、現在ではほとんどが飼育下で繁殖された個体です。
繁殖された個体は、さまざまな色彩豊かな形態がみられ、人気はさらに高まっています。

野生では、アフガニスタン、インド北西部、パキスタンなどに生息しています。土や砂礫が混じった地面、大小の岩、乾燥に強い植物がまばらに生えているような環境です。

全長20~25㎝、体重60g前後、飼育下では10年以上の寿命と長生きです。

特徴

ヤモリですが、瞬きのできる瞼があります。睡眠時やまぶしい時は閉じることができます。
太い尾が特徴で、なかには身体と同じ位の太さの個体もいます。尾には、栄養を蓄積させる機能があり、食べなくても数か月生きることができますが、その分尾がやせ細っていきます。
また、驚いたり、乱暴に尾を捕まえると自ら尾を切り離す自切という行動をとります。自切後の尾は再生しますが、元通りの尾ではなく、再生尾には骨はなく、突起状の鱗が目立ちません。再生尾は元の尾よりも短くやや太くなる傾向があります。

本来は夜行性で、昼間は巣穴でじっとしていることが多いです。
定期的に脱皮をしますが、乾燥した環境ではうまく脱皮できないことが多いため、適した湿度も必要です。

雌雄の鑑別は、雄の場合、総排泄腔の頭側にブツブツと丸く窪んだ前肛孔が一列に並んでいます。
また、総排泄腔の尾側(尾の付け根)にヘミペニスが収納されているため、一対の膨らみがあります。また、頭部は雌より大きく少しエラが張るような感じです。逆に、雌の場合は前肛孔やヘミペニスの膨らみは認められませんし、頭部は雄のように横幅は広くないです。

繁殖特性

ヒョウモントカゲモドキの繁殖は覚悟が必要です。
なぜなら相性が悪いとケンカをして傷を負ったり、雌の発情を促す過程で死亡することもあります。また、卵づまりや産卵後に痩せてしまうこともあります。
遺伝の勉強もして、交配相手をしっかり選ぶ必要もあります。

出産は一度に二個の卵を産み、それを1~6日(多い時は10日程)繰り返します。
よって1日の繁殖で2~20匹の新生子が誕生することになります。
また最近では爬虫類の販売には規制が多く、手続きも必要になります。
以上のことからしっかりとした目的と知識、準備を持って臨むことが必要です。

[ ヒョウモントカゲモドキの整理科学的数値 ]

成体平均体重60g前後
全長20~25cm
平均寿命10才以上

飼育ケージ

ケージは脱走しないよう工夫されているものを使用。夜間はある程度動く為、30~60cm程度の幅がよいです。
レイアウト用に高さがあるものでも良いですが、20~30cm程度で問題ないです。
湿度管理が必要なため、管理ができるように密封性のものではない方がよいです。

飼育環境

温度・湿度
温度 : 25℃前後に維持してください。

湿度湿度が低いままの環境ですと、脱皮不全をまねく恐れがあります。昼間は50~60%、夜間は70~80%位に上げてください。ケージ内を霧吹きで湿らせることが一般的ですが、その他にも、プラスチック製の蓋付き容器を準備し、蓋にはヒョウモントカゲモドキが通れる程度の穴をあけ、容器内には湿らせたミズゴケを硬く絞って敷き詰めることにより容器内が高湿度に保たれ、脱皮を安全に促す方法もあります。
もし、脱皮不全で古い皮が残ってしまった場合、足が浸る程度にぬるま湯を張った容器に入れて温浴させてください。古い皮が柔らかくなるまで2~5分程(長すぎると体調を崩すので注意してください)温浴させたら、綿棒を用いてゆっくりと優しくなでるように皮を取ってください。

 

床材
ペットショップでは、細かい砂や、砂利、クルミの殻などが床材として売られていますが、砂による腸閉塞がまれにおきますので避けた方が無難です。飲み込めないペットシーツ、新聞紙、ペーパータオルなどが安心です。

紫外線
ヒョウモントカゲモドキには紫外線は必要ありません。