犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の膀胱がん


本日、犬の膀胱がんについてコメントします。

シェルティのナイト君(14歳)は血尿が続くとのことで来院されました。



下写真のように毎回排尿時に血尿を伴います。



まずは膀胱内部のチェックのため、エコー検査を実施しました。

膀胱内部の膀胱三角と称される部位に下写真の様に腫瘤の存在が認められました。



これをカラードップラーで、血液の流れを合わせて確認したところが下写真の画像になりました。



上の写真は、青と赤で血流を表示します。

この腫瘤の内部には血管が存在していることになります。

この腫瘤は本来膀胱内に存在しない構造物であり、血管が多く分布している点から栄養を周囲から奪取しているだろうと予想されます。

つまり腫瘍の可能性があると考えられます。

尿を採取して、遠心分離にかけ、その沈渣を回収して、染色して顕微鏡で検査した結果が下写真です。





細胞診の結果は移行上皮癌と判明しました。

膀胱や尿道にできる原発腫瘍は、その9割方が上皮由来であって、そのほとんどが移行上皮癌に分類されます。

ポリープの様に腫瘍の部分だけが膀胱内壁に突出しているものなら、その部分だけを外科的に摘出すればOKです。

残念ながら、腫瘍は膀胱内壁まで浸潤してます。

膀胱を全摘出できればよいのですが、ヒトの様に腹部に導尿パックをぶら下げるようなことは、動物では不可能です。

結局、ナイト君の14歳という年齢を考慮すれば、内科的治療で経過を診ていくのがベストだと判断しました。

現在、ナイト君は化学療法を選択して頂き、治療中です。



化学療法に反応して、早く血尿が落ち着いてくれるのを期待します。

頑張っていきましょう!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 
 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。
 








投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事