犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

産科系・生殖器系の疾患/犬

2018年9月20日 木曜日

犬の子宮蓄膿症(その3)

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、犬の子宮蓄膿症です。

避妊手術していない高齢犬では、この子宮蓄膿症の罹患率は高いです。

子宮内に膿が貯留することで、細菌の産生する毒素が血流を介して全身に回り、最悪死亡する場合もある怖い産科系疾患の一つです。

過去の症例報告で犬の子宮蓄膿症犬の子宮蓄膿症(その2)を興味のある方はクリックしてご覧ください。

子宮蓄膿症もいろんな症例(臨床所見、開腹時の子宮の状態、術後の経過など)がありますので、機会を見て順次報告する予定です。


雑種犬のまなちゃん(7歳3か月齢、雌、体重8.4kg)は、食欲不振で来院されました。



この時点では、子宮蓄膿症に特有の多飲多尿や嘔吐などの症状は認められませんでした。

しかし、血液検査では白血球数が28,000/μl(正常値の上限は17,000)、CRP(炎症性蛋白)が7.0㎎/dlオーバー(測定不能な高値)と明らかに体内で大きな炎症が起こっていることが判明しました。

レントゲン撮影を実施しました。

下写真の黄色丸は子宮が大きく腫大している部位を表します。





次いでエコー検査を行いました。

下写真の黄色矢印は、子宮が液体状のものを内腔に貯留して腫大していることを表しています。



以上の検査結果から、まなちゃんは子宮蓄膿症を発症してることが判明しました。

子宮蓄膿症は緊急疾患の一つです。

全身状態がまだ良好なので、薬(ホルモン製剤や抗生剤)で散らすのではなく外科手術を優先して行います。

速やかに卵巣・子宮の全摘出手術を行うこととなりました。



全身麻酔を施されたまなちゃんです。



導入及び維持麻酔も順調に施されています。



皮膚及び腹筋を正中切開します。



腹筋を開腹したところ、腹腔内から子宮が飛び出してきました。



注意深く子宮を少しづつ、体外に引き出していきます。



左右の子宮角を体外に出したところ、思いのほか子宮が腫大していました。





左卵巣動静脈をバイクランプでシーリングします。



子宮間膜の血管も怒張しています。



卵巣動静脈や子宮間膜の血管をメスで離断します。



右卵巣動静脈を同じくシーリングしてます。



子宮頚部を残して体外に子宮を出したところです。



子宮の中は膿が貯留しているはずです。

子宮角の太さ・長さは健常時のおそらく3~4倍に腫大していると思われます。

かなり子宮は腫れており、早めに手術を実施出来て良かったと思いました。





子宮頚部を縫合糸で結紮して離断します。



離断した子宮頚部断端を縫合します。

これで卵巣子宮全摘出は終了です。



腹筋を縫合します。



皮膚を縫合して手術は終了しました。



全身麻酔覚醒直後のまなちゃんです。

無事、手術は終了しました。





摘出した子宮の全容です。

すでに、子宮内の細菌はまなちゃんの全身にも飛んでいますので、暫く入院して抗生剤の投与が必要です。



手術後4日目でまなちゃんは退院して頂きました。

経過は良好です。



まなちゃんの場合は、8歳を前にしての子宮蓄膿症の発症でした。

避妊していない雌の場合は、シニア世代と言われる7歳以降になると子宮蓄膿症の罹患率は一挙に上昇します。

毎回、申しあげていますがこの子宮蓄膿症や乳腺腫瘍を回避するためには、初回の発情前に避妊手術を受けて頂くのが最善です。

まなちゃん、お疲れ様でした!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2018年4月26日 木曜日

犬のライディッヒ細胞腫

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介するのは犬の精巣腫瘍です。

精巣腫瘍については以前、犬のセルトリ細胞腫ウサギのライディッヒ細胞腫

についてコメントさせて頂きました。

その詳細について、興味のある方は上記下線をクリックして下さい。


ボストンテリアのモモタロウ君(雄 13歳4か月齢)は睾丸が腫れてきたとのことで来院されました。



モモタロウ君は高齢犬でもあり、未去勢でこれまでいたため精巣が腫瘍化したことは明らかです。

精巣腫瘍についても良性のものもあれば悪性腫瘍もあります。

まずは精巣腫瘍を摘出し、病理検査に出すことにしました。

モモタロウ君に全身麻酔をかけます。



仰向けの姿勢で手術台に保定します。



左側の精巣が腫大しています。



下写真の黄色丸が腫大してる精巣を示してます。

左下方に腫瘍精巣に圧迫された右精巣(正常)が認められます。



腫大してる左精巣をまず摘出します。

陰嚢の付根近くをメスで切開します。




左精巣を包む白色を呈する総鞘膜が現れます。



この総鞘膜と精巣が癒着している場合は必ず総鞘膜を含めて精巣ごと閉鎖式で摘出します。

今回は癒着は全くなく、総鞘膜を切開して行う開放式で去勢を実施しました。



精巣を牽引して蔓状静脈叢、精管・精管動静脈を結紮し、メスで離断します。





下写真は健常な精巣です。



一般の去勢術よりも皮膚の切開部位は大きめに取らざる得ませんでしたが、無事手術は終了しました。





麻酔から覚め始めたモモタロウ君です。



術後の患部からの出血は認められません。



下写真は摘出した精巣です。

左側が正常な精巣で、右側が腫瘍化して腫大した精巣です。



腫瘍化した精巣のに割を入れてみました。

精巣実質には空砲が形成され、液体の貯留が認められました。




今回摘出した左精巣を病理検査に出しました。


結果はライディッヒ細胞腫(精巣間細胞腫)であることが判明しました。

精巣腫瘍は高齢犬で発生率が高く、特に腹腔内に停留する潜在精巣では陰嚢内精巣の10倍以上の腫瘍発生率が高いとされています。

精巣腫瘍は大きく3つに分類されます。

セルトリ細胞腫、精上皮腫(セミノーマ)、ライディッヒ細胞腫の3つです。

セルトリ細胞腫と精上皮腫は精巣全体が顕著に腫大・硬結し、特にセルトリ細胞腫ではいびつな形状をすることが多いとされます。

加えて、この2つの精巣腫瘍はリンパ節や主要臓器に転移病変を作る場合もあり、注意が必要です。

一方、ライディッヒ細胞は腫瘍自体は実質内部に球状に存在することが多く、精巣全体が腫瘍化することがないため精巣全体が腫大化することはないとされます。

また、ライディッヒ細胞は大多数が良性腫瘍であり、去勢手術により治癒します。



下写真は今回のモモタロウ君の病理写真(低倍率)です。



下は中倍率の写真です。

ライディッヒ腫瘍細胞は多角形を呈して細胞質内に空胞を含み、間質で増殖して肝細胞の様に索状に配列する特徴があります。



いづれの精巣腫瘍であれ、若齢で去勢手術を受けることで精巣の腫瘍化は未然に防ぐことが可能です。

特にセルトリ細胞腫になった場合は、高濃度のエストロジェンにより骨髄の造血機能が顕著に抑制され、重度の再生不良性貧血を起こし死亡する場合もありますので要注意です。




モモタロウ君、お疲れ様でした!



にほんブログ村ランキングにエントリーしてます。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。




投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2018年2月23日 金曜日

犬の卵巣嚢腫

こんにちは 院長の伊藤です。

卵巣に関わる疾病には各種あります。

今回は、その卵巣疾患の中で卵巣嚢腫について述べたいと思います。


卵巣嚢腫とは卵巣に液体成分が貯留して腫れている状態のことを指します。

ホルモン分泌の影響で卵巣に液体が溜まる非腫瘍性病変も、あるいは卵巣の外壁を構成する細胞が腫瘍化して分泌する液体が貯留することによる腫瘍性病変も一緒に合わせて、現在では卵巣嚢腫と呼ぶようです。


一般に卵巣嚢腫は初期の臨床症状は無症状です。

その後、脱毛や不規則な性周期、持続性の発情や無発情などの異常が認められる場合があります。



柴犬のクメちゃん(雌、年齢不明)は乳腺に腫瘍が出来たとのことで来院されました。



クメちゃんは保護犬で年齢は良く分かっていません。

拝見すると右第5乳房が乳腺腫瘍です(下写真)。

乳腺腫瘍が発生するくらいですから、おそらく7~8歳以上にはなっているでしょう。



飼い主様の意向もあり、避妊手術も合わせて実施することになりました。

全身麻酔を施します。



本編の主旨と異なりますが、乳腺を切除する場面も載せておきます。

下写真の黄色丸が乳腺腫瘍です。











今回は乳腺の部分切除に留めさせていただき、メスの切開ラインはこの乳腺切除部位から頭側に向けて切る予定で行いました。

つまり、避妊と乳腺腫瘍切除に切開ラインを一直線に仕上げることとしました。



下写真は、臍の下を切開したところ、いきなり腫大した卵巣が飛び出してきたところです。



卵巣内に液体が貯留しているのがお分かり頂けると思います。



卵巣に過剰な力を加えて破裂させないよう、慎重に卵巣を牽引します。



卵巣動静脈をバイクランプでシーリングしているところです。





両側の卵巣動静脈をシーリングして離断し、体外に出したところです。

卵巣嚢腫が確認できます。



以下、拡大写真です。







続いて、子宮頚部を離断して皮膚を縫合したところです。

乳腺腫瘍を摘出した部位と避妊手術切開部位を連結して縫合しました。



麻酔から覚醒し始めたクメちゃんです。





摘出した卵巣と子宮です。

卵巣自体の腫瘍と言うよりは、卵巣内に液体が多量に貯留したように感じます。

これだけ大きな嚢腫ですが、クメちゃんは無症状で、飼主様もまさか卵巣がこのような状態とは思いもよらなかったようです。











下写真は手術後、病理検査に出した組織標本です。

病理所見として、左右の卵巣は異型性のない単層扁平上皮によって内張りされた複数の嚢胞が形成されています(下写真)。

異型性のないとは腫瘍性ではないということです。

クメちゃんは卵巣腫瘍ではなかったです。



次に下写真2枚は、子宮内膜の病理像です。

子宮腺上皮細胞の過形成で子宮内膜が肥厚しています。



過剰あるいは長期にわたるエストロジェンおよびプロゲステロンによる子宮内膜の刺激が原因で子宮内膜過形成が起こります。

その結果、子宮腺や子宮内腔に漿液が貯留して、子宮内膜炎や子宮蓄膿症・腺筋症になったりします。



いづれにせよ、今回のクメちゃんの卵巣・子宮共に腫瘍は絡んでいなかったのは幸いです。

また、タイミング的にも卵巣・子宮全摘出ですべての問題はクリアされて良かったです。




クメちゃん、お疲れ様でした!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2016年7月13日 水曜日

犬の子宮蓄膿症とクッシング症候群

こんにちは 院長の伊藤です。


いつものことですが、複数の手術をこなす日々が毎日続いてます。

ブログ更新も途絶えてしまい申し訳ありません。


さて、本日ご紹介しますのは、子宮蓄膿症とクッシング症候群が合併症状として現れた症例です。

子宮蓄膿症は以前から他の記事で載せてありますのでこちらをご参照ください。



クッシング症候群については、副腎皮質機能亢進症ともいいます。

クッシング症候群は、副腎皮質から持続的に過剰分泌されるコルチゾール(副腎皮質ホルモン)によって引き起こされる様々な臨床症状及び臨床検査上の異常を示す病態を総称します。

その原因として以下の3つに分類されます。

①脳下垂体の腫瘍が原因で、副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌されるタイプ。下垂体性腫瘍(PDH)と言います。犬のクッシング症候群の90%を占めます。

②コルチゾール分泌能を有する副腎皮質の腫瘍によるタイプ。機能性副腎腫瘍(AT)と言います。

③プレドニゾロンなどグルココルチコイド剤の過剰投与によっておこるタイプ。医原性クッシングともいいます。



クッシング症候群の症状は以下の通りです。

多飲・多尿
多食
腹部膨満
運動不耐性(動こうとしない)
パンティング(荒い呼吸)
皮膚の菲薄化




ミニュチュア・シュナウザーのリンジーちゃん(8歳7か月、雌)は1年近く前から多飲多尿の傾向があり、お腹が張って来たとのことで来院されました。

一日の飲水量が4Lを超えるそうです。



腹囲が張っているのがお分かり頂けるでしょうか?





まずは血液検査を実施しました。

白血球数が34,500/μlと高値(正常値は6,000~17,000/μl)を示しています。

CRP(炎症性蛋白)が7.0mg/dlオーバーとこれもまた高値(正常値は0.7mg/ml未満)です。

リンジーちゃんの体内で何らかの感染症や炎症があるのは明らかです。

次にレントゲン撮影です。

腹囲膨満が分かると思います。



気になるのは膀胱が過剰に張っていることです(下写真黄色丸)。

そして子宮(左右子宮角)も大きくなっており、下写真の白矢印で示した部位がそれに当たります。



側臥のレントゲン像です。



これも同じく膀胱(黄色丸)と子宮(白丸)を示します。



多飲多尿から、リンジーちゃんは排尿障害はでなく、スムーズに出来ています。

しかしながら膀胱がこれだけ大きく腫れている点から、慢性的に蓄尿期間が長かったのではと推定されます。

膀胱アトニ―といわれる膀胱壁が蓄尿によって伸びきってしまい膀胱の収縮が上手くできていない状態かもしれません。



次にエコー検査です。

白矢印は膀胱を示します。

黄色矢印は子宮を示し、低エコー像を表してます。



さらに調べますと、腫大した子宮角内に液体状の内容物(黄色矢印)が停留していることが判明しました。



以上の検査結果から、リンジーちゃんが子宮蓄膿症になっていることは明らかです。

加えて臨床症状からクッシング症候群の可能性もあるため、エコーで副腎の測定をしました。

下は、左副腎のエコー像です。

左副腎の長軸が4.2mmであり、健常な犬の副腎は6mm以下とされますので特に副腎の肥大は認められません。



次に右の副腎(下黄色丸)です。

右副腎は5.6mmでした。

こちらも正常な大きさです。



クッシング症候群については手術後に血液学的に内分泌検査を実施して確認することとしました。


子宮蓄膿症は緊急疾患です。

全身の感染症と見なすべきで、最善の治療は卵巣・子宮の摘出です。

まずは、リンジーちゃんの卵巣・子宮を摘出することとしました。

麻酔前投薬を行います。



リンジーちゃんのお腹を剃毛しました。

お腹が張っていることが分かると思います。





腹部正中線にメスを入れて切開します。



腹筋下に顔を出しているのは膀胱です。



随分と膀胱が腫大していますね。



子宮はこの膀胱の下に存在していますので、膀胱内の尿を吸引することとしました。



トータルで400mlの蓄尿が認められました。

尿を吸引するのに20分程もかかってしまいました。

下写真は吸引で小さくなった膀胱です。



やっと核心となる子宮を露出します。

大きなウィンナーソーセージが連結したような子宮が認められました。



腫大した分節上の子宮内にはおそらく膿が貯留しています。



卵巣動静脈をバイクランプでシーリングします。



子宮内膜の血管も同様にシーリングしていきます。



子宮頚部を縫合糸で結紮し離断します。





皮膚縫合して終了です。



麻酔から覚醒したリンジーちゃんです。



下写真は、摘出した卵巣・子宮です。

子宮蓄膿症は、全身性の感染症なので手術が終わったからといってすべて終了というわけではありません。

リンジーちゃんもこれから全身に回っている細菌を制圧するため、抗生剤の投薬をしていきます。



リンジーちゃんは入院中に先に申し上げたクッシング症候群の検査を受けて頂きました。



今回実施した検査はACTH刺激試験です。

この試験は、合成ACTH製剤(コートロシン)を筋肉注射し、ACTH投与前と投与1時間後の血中コルチゾールを測定して結果を評価します。

リンジーちゃんの検査結果はACH投与前は12.3μg/dl(正常値は1.0~7.8μg/dl)、投与後は29.3μg/dlと高値を示しました。

ACTH刺激試験でコートロシンに過剰に反応し、正常値を超える血中コルチゾールを示す点でクッシング症候群であることが確定しました。

加えて、副腎エコーで両副腎の大きさが正常範囲にある点で、リンジーちゃんは下垂体性腫瘍(PDH)であることが判明しました。

結局リンジーちゃんの場合は、多飲多尿の臨床症状は子宮蓄膿症によるものと、クッシング症候群によるものがブッキングしたものと思われます。



リンジーちゃんのクッシング症候群の治療は、アドレスタン(成分名トリロスタン)の内服を実施します。

このトリロスタンは全てのステロイドホルモン合成を阻害します。

結果、リンジーちゃんは暫くの間トリロスタンを内服して頂くことになりました。

子宮蓄膿症の術後の経過は良好で1週間後にはリンジーちゃんは元気に退院されました。



1か月後のリンジーちゃんです。

飲水量は一日あたり1L以下に治まってます。

腹囲も少し細くなりました。



リンジーちゃん、お疲れ様でした!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。


投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2014年12月 1日 月曜日

フレンチブルドッグの発情行動(ペニスについて)


こんにちは 院長の伊藤です。

犬の発情に伴う行動は雄雌様々です。

当院では特に雄の発情行動でご質問を受けるケースも多く、本日症例を参考に説明させて頂きます。


フレンチブルドッグのぼん君(1歳2か月、雄)はもう一匹同居犬(フレンチブルドッグ、2歳、去勢済)に対してマウンティングの姿勢をとり、ペニスが露出し戻らなくなって困っているとのことで来院されました。



下写真の黄色丸の部分が怒張したペニスになります。



犬のペニスはヒトと異なり、陰茎骨というペニスの中に骨が存在します。

陰茎骨の役目は,雄犬の勃起していない陰茎を導きながら雌犬の外陰部に向けることにあります。

下写真の黄色丸の部分は、亀頭球といいます。

雄が雌の陰部に挿入されると直ちにこの亀頭球が充血を開始します。

亀頭球は平常時の3~5倍に腫大するとされます。

射精している間は、亀頭球は雌の陰部に入って、腫大して栓のような働きをします。

つまり精液が漏れないようにしっかりロックしてしまうわけです。





犬の交配の結合時間は、通常1~2分ですが、場合によっては30~40分持続します。

交配の結合時間は1時間以内であれば正常です。

1時間を超えるようだと何らかの問題が生じたと考えるべきです。

実際にぼん君の場合は、交配しているのでなく同居犬の背中にマウンティングして、その刺激でペニスが怒張しているだけです。

多くの場合は、放置しておいても腫脹した亀頭球が委縮して、ペニスも包皮内に戻ります。

ぼん君は1時間ほどパニスは怒張を続け、収まる気配がありません。

以前、犬の陥頓包茎で詳細をコメントさせて頂きました。

詳しくはこちらをご覧ください。

陥頓包茎に至ると心配なので、ペニスを包皮に戻す処置をしました。



オイルを塗った亀頭球を優しく包皮内に押し戻していきます。



鉗子をてこ代わりにして戻します。

特に問題なくペニスは包皮に納まり、暫く様子をみましたが突出することはありません。



性的に興奮することでペニスが怒張することは自然な生理的現象です。

ただ亀頭球のようにヒトでは存在しない箇所が腫大して、またペニスの長時間にわたる怒張は飼主様からすると異常事態と思われるようです。

射精中(最大1時間くらい)は亀頭球は腫大してます。

包皮から亀頭球が飛び出してから1時間経っても、ペニスが戻らなければ受診して下さい。



ぼん君、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。




宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30