犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

猫の疾病

猫の下部尿路疾患(終章 排尿復旧)

こんちは 院長の伊藤です。

先回まで猫のデュオ君の排尿障害から恥骨前尿道造婁術の実施までを報告しました。

その詳細については、猫の下部尿路疾患(序章 排尿障害)猫の下部尿路疾患(本編 恥骨前尿道造婁術)の2篇に分けて載せてあります。

興味ある方は上記下線部をクリックして下さい。


さて、尿路を変更する手術を受けられたデュオ君ですが、術後の経過を中心にまとめました。



今回の恥骨前尿道造婁術では、乳房から排尿させる尿路変更術です。

離断した尿道を切除した乳房部に生着させるまでは油断が出来ません。



排尿を確保するために、離断した尿動口にバルーンカテーテルを挿入して1週間経過しました。

自力で排尿できるかを確認しなければならない時期になりましたので、バルーンカテーテルを抜去します。

カテーテルのカフ内の精製水を抜きます。



カフが膨らんでいたのが一挙にしぼみますので、簡単にカテーテルが抜去できます。



抜去したバルーンカテーテルの先端です。



実際には、下写真のように黄色丸のカフの部位が膀胱内で膨らんで、カテーテルが抜けないようになっています。



術後10日目のデュオ君です。

自力で排尿も出来ています。

表情も良くなってきました。



下写真の黄色丸は尿道の開口部です。

5‐0の非吸収性合成モノフィラメント縫合糸が確認できます。

デュオ君の場合は肥満の傾向があったため、尿道開口部が下方(腹腔内側)に牽引されて皮下組織に下垂・埋没しないかが心配でした。

それでも、何とか尿道開口部は乳房の皮膚に生着出来ているようです。





この術式でよく飼主様から質問されるのは、自分の意志で排尿が出来るのかと言う点です。

実際、任意でデュオ君も排尿できますし、脊髄から膀胱への神経経路が障害を受けていませんので、慣れてくればトイレで外すことなく乳房からの排尿が容易に出来ます。

退院時のデュオ君(術後12日目)です。

下写真の様に皮下脂肪をある程度摘出しましたので、尿道開口部の周辺がへこんでいるのがお分かり頂けると思います。



さらに術後16日目にして抜糸を行いました。



抜糸直後の患部です。



尿道開口部(下写真黄色丸)の拡大像です。

黄色丸の部位から排尿は気持ち良く出来ています。



この頃にはデュオ君も本来の表情を我々に見せてくれるようになっています。

排尿障害の苦痛は大きいです。



術後4週間経過のデュオ君です。



下腹部正中線の縫合部はテンションをかけて縫合したため縫合糸の跡が残っていますが、尿道の開口部は外見でも下垂することなく、その所在は認められます。



下写真の黄色丸が尿道開口部です。



術後6週間経過の写真です。



デュオ君の排尿は特に問題なく出来ています。

デュオ君はストルバイト尿石症が背景にあり、今回の手術に至った訳です。

食餌療法により、今後も尿石症の再発を防止していかなくてはなりません。




術部の周囲は既に下毛が生え始めています。



尿道開口部も綺麗になって来ました。



術後19週目のデュオ君です。



下写真の黄色丸が尿道開口部ですが、気を付けないと分からないくらいです。

排尿は出来ていますが、尿道開口部周辺の被毛が伸びると尿漏れを起こして、皮膚が爛れることがしばしばあります。

ある程度、被毛が伸びたらバリカンで剃毛が必要です。



今後、ストルバイト尿石症が再発しても、転移した尿道部は手術前の自然な状態の尿道に比較して太いため、いきなり尿道閉塞には至らないと思われます。

ただ尿道の長さが短くなった分、また乳房部に開口しているため、腹部を圧迫したりすれば尿漏れは起こる場合もあるでしょう。

まめに尿道開口部の清潔状態に留意して頂ければ大丈夫です。



デュオ君、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

猫の下部尿路疾患(本篇 恥骨前尿道造瘻術)

こんにちは 院長の伊藤です。

先回、猫のデュオ君がストラバイト尿石症により排尿障害に至った話(猫の下部尿路疾患 序章 排尿障害)を載せました。

今回はその続きとなります。

排尿障害から急性腎不全になってしまったデュオ君を救うためには、新たに尿道を作り排尿できるようにする手術が必要です。

骨盤腔内の尿道を乳房へと移動させて、乳房から排尿をさせる手術法に恥骨前尿道造瘻術があります。

この術式であれば、会陰部尿道婁形成術に比べて術後の尿道の再閉塞が経験的になく、今回こちらを選択しました。

恥骨前尿道造瘻術の術式やその詳細はこちらをクリックしてご覧下さい。


さて、デュオ君を全身麻酔にかけることとなります。

腎機能が低下していますので、細心の配慮で麻酔をかけます。



気管挿管をしてイソフルランを流します。



デュオ君は体重が6.5kgで肥満傾向を示しています。



下腹部の正中線にメスを入れます。



皮下脂肪が分厚く入っています。



極力、皮下脂肪を切除していきます。



腹筋にメスを入れます。



下写真黄色丸は膀胱です。

排尿障害が続いていたため、膀胱炎も合併症で起こしており、膀胱壁は肥厚しています。



次に膀胱を牽引して、骨盤腔に入り込んでいる尿道の太い部分にアプローチします。



下写真の分厚い脂肪層の中に頭を出し始めたのが尿道です。



下写真黄色矢印の示す尿道をなるべく牽引して引き出します。



尿道をなるべく長めに鋏で離断します。



下写真黄色丸が気団した尿道の断面を示します。



離断端の尿道を鉗子で優しく把持します。



尿道離断端を縫合糸で引っかけて牽引します。



次に尿道にいちばん近い乳房を鋏で丸くくり抜きます。



くり抜いた乳房から外側から鉗子で離断した尿道端を把持し、牽引します。





下写真黄色丸は尿道端を乳房に引き出した所です。



デュオ君の尿道は体格の割には細く感じました。

これはデュオ君は1歳位で去勢手術を受けており、その影響もあると思います。

下写真は離断した尿道端ですが、黄色丸内の縫合糸で尿道端を牽引しても、皮下脂肪が非常に分厚いために、尿道を皮膚に縫合しても皮下方向に引っ張られることになります。



これを回避するために、出来る限りの皮下脂肪を削り取ります。





何とか、尿道端が皮膚に安定して収まりそうになったところで、皮膚を仮縫いします。



下写真から尿道端を皮下組織と皮膚に特殊な縫合で縫い込んでいきます。

尿道を傷めないように細心の注意をして、縫合を始めます。



この縫合法の詳細はこちらをクリックして下さい。



デュオ君の尿道は細いため、同心円状に縫合する際に6か所を縫合するのが限界でした。





この縫合法で患部に6か所、糸を通して、最後に一本ずつ順番に結紮していきます。



尿動口の拡大写真です。



下写真で尿道の結紮は終了です。



排尿が確実に出来るようにバルーンカテーテルを患部の尿道に挿入します。





これでこの手術は完了となります。



バルーンカテーテルのカフに精製水を入れて膨らまします。

これでカテーテルを引っ掛けて患部から引き抜くことは出来なくなります。



患部に抗生剤を塗布します。



バルーンカテーテルの端はペットシーツに包み、排尿量をシーツの重量を計量して確認して行きます。

尿道にカテーテルを挿入していますので、強制的に排尿は完了します。



麻酔から覚醒し始めたデュオ君です。



大変な手術となりましたが、無事手術は終了しました。



術後はデュオ君は乳房から排尿するというスタイルになりますから、慣れてもらう必要があります。

次回はデュオ君の術後の回復偏をご報告します。

デュオ君、お疲れ様でした!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

猫の下部尿路疾患(序章 排尿障害)

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、猫の下部尿路疾患FLUTD)です。

FLUTDは頻尿、血尿、排尿困難、不適切な排尿、部分的または完全な尿道閉塞といった臨床徴候が一つ以上認められる疾患を指します。


アメリカンショートヘアのデュオ君(6歳、去勢済、体重6.9kg)は尿が出ないとのことで来院されました。



実はデュオ君は以前、当院のHPで猫の尿石症の表題でご紹介させて頂いた子です。

その詳細について興味のある方はこちらをクリックして下さい。

デュオ君はストラバイト尿石症を2歳の頃から患っていました。

治療・予防として、発症から尿石予防の療法食を継続してずっと給餌して頂いてました。

定期的に尿検査も受けて頂いていたのですが、今回ばかりはデュオ君の全身状態が良くありません。

嘔吐、脱水の症状が認められます。

血液検査を実施したところ、BUN132mg/dl(正常値の上限36.0mg/dl)CRE9.2mg/dl(正常値の上限2.1mg/dl)という急性の腎不全、尿毒症を疑う状態です。

尿道カテーテルをペニスから挿入を試みましたが、旨く入りません。

一旦、超音波で膀胱の状態を確認して、下腹部を注射針を穿刺して採尿して、膀胱圧を下げて尿道カテーテルの再度挿入を試みます。



エコーで膀胱を確認します。



エコーの画像です。

下写真は、膀胱内の尿を穿刺吸引した途中のものです。

最初に吸引した時は、高度に膀胱が尿で膨満していました。

黄色矢印は、膀胱内に漂っている剥離した膀胱粘膜です。

膀胱壁も肥厚してます。



膀胱穿刺している模様です。

吸引した尿は明らかな血尿です。



取れるだけ尿を吸引した後に尿道カテーテルの挿入は出来ました。



採尿した尿を顕微鏡で確認した写真です。

明らかなストルバイトの結晶が認められます。



高倍率の写真です。

このストルバイト結晶は、マグネシウムの結晶体ですから、ガラスの破片の様に膀胱壁を傷つけて出血を引き起こしています。




膀胱内を生理食塩水で洗浄します。

膀胱内の浮遊している蛋白のゴミやストルバイトの結晶を洗い出しして掃除をします。



尿道カテーテルからある程度の排尿が復旧しましたので、腎不全対策に点滴を実施します。

排尿が尿道カテーテルから確実に行われたら、点滴を集中して行いBUNやCREの値を下げて行きます。

デュオ君は血圧も下がっていますので、頭側皮静脈に留置針を皮膚を切開して留置しました。




しばらく輸液療法と膀胱洗浄で治療を行いました。





その後、デュオ君は腎不全から回復し元気になりました。

この処置でデュオ君の排尿障害は治ったかに見えたのですが、その後も度々排尿障害を繰り返すことになります。

結局、外科的に恥骨前尿道造瘻術をこの2か月後に行うことになりました。

恥骨前尿道造瘻術の詳細については、こちらをクリックして下さい。

その模様を次回のブログでご報告します。

猫はこの尿石症関連で苦しむケースが多く認められます。

迅速に対応して、排尿を復旧させないと尿毒症に至り死亡する場合もあります。



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。


投稿者 院長 | 記事URL

猫の直腸脱(その2 下行結腸固定術)

こんにちは 院長の伊藤です。

先回、ご紹介しました猫の直腸脱(その1 注射筒を用いた整復術)の続編です。

その詳細について興味のある方は、こちらをクリックして下さい。

仔猫のティーちゃん(雑種 約80日齢 雌)は下痢が昂じて、渋り腹が続き、直腸脱になりました。

脱出した直腸を注射筒を使用して整復したのですが、残念ながら処置後1週間で縫合部が破たんして、再脱出してしまいました。

非観血的整復法では、腹圧が高くて限界を感じました。



脱出している直腸が浮腫や炎症が進行して壊死を起こしているような場合なら、直腸の切断術を実施します。

幸いなことにティーちゃんの脱出直腸は正常であるため、回復した上で直腸を腹腔内に引き戻して、再脱出しないように腹壁に縫い付けるという下行結腸固定手術です。

犬の会陰ヘルニアの整復手術でよく私が好んで行う術式です。

今回はその手術のご紹介です。

直腸の再脱出で疼痛に耐えているティーちゃんです。





注射筒と外肛門括約筋に縫合した糸が固定破たん後で残っています(黄色丸)。



麻酔の前投薬を静脈から注入します。



鎮静が効いて来たところで脱出直腸を洗浄します。





気管挿管して維持麻酔を実施します。





患部を剃毛消毒して、これから開腹手術を始めます。





下写真の黄色矢印が下行結腸を示します。



この下行結腸を優しく頭側(黄色矢印方向)へ牽引します。



下写真は見ずらいのですが、結腸を頭側へ牽引しているときに肛門側から脱出している直腸が、腹腔内へ完納していく様を撮影しました。



少しづつ直腸が戻っていくのが分かると思います。

直腸内の糞便が顔を出しています。



下写真では完全に直腸は完納しました。

赤矢印は糞便です。



次に下行結腸を縫い付ける左腹壁(下写真黄色丸)をメスで切開します。



下写真のポジションで結腸を腹壁に縫合します。



腹壁の筋膜と結腸の漿膜・筋層を縫合糸(PDSⅡ)で縫合します。



結腸の漿膜(最外側面)だけ縫合糸で拾うと固定が緩んでしまうため、結腸の筋層(真中の層)まで針を通します。

ここで結腸の粘膜(便が通過する時接触する内膜の層)を針で貫通すると腹膜炎を起こす場合があるため注意が必要です。















5か所ほど縫合して、固定が確実に出来ているのを確認します。



これで結腸固定手術は完了です。



あとはティーちゃんが気持ちよく排便できるかを経過観察します。



手術終了直後の肛門です。

脱出直腸が元に戻っているのがお分かり頂けると思います。



麻酔から覚醒したばかりのティーちゃんです。



術後の経過も良く、術後3日目にしてしっかり排便出来るようになりました。

術後5日目で退院出来ました。



術後2週間で抜糸のために来院したティーちゃんです。



退院後も排便は順調で、排便時の渋り腹も無くなったとのことです。

下写真の様にお尻周りも綺麗になっています。



下写真黄色丸が直腸脱が完納した肛門です。



度重なる直腸脱で肛門周囲は出血が伴ったり、排便も思うに任せず、辛い思いを強いられていたティーちゃんでしたが無事完治して良かったです。

ティーちゃん、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

猫の直腸脱(その1 注射筒を用いた整復法)

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、仔猫の直腸脱です。

直腸脱は慢性的なしぶりや頻回の排便排尿行動による怒責の結果として発症します。

しぶりの原因として幼若動物の消化管内寄生虫感染、重度の下痢、膀胱炎などが挙げられます。

猫のティーちゃん(雑種、約80日齢、雌)は直腸が飛び出しているとのことで来院されました。



下写真の黄色丸は肛門から脱出している直腸です。

お腹に力を常時入れており、疼痛が酷いのが分かります。



脱出した直腸をしっかり洗浄消毒します。



脱出している時間が長い程に直腸が浮腫を起こします。

浸透圧を利用して、患部にブドウ糖液を滴下して浮腫を改善させます。



直腸の滑りを円滑にするためにオイルを塗布します。



脱出直腸を肛門内に完納させるために用手で押し込んでいきます。



何とか戻すことが出来ましたが、ティーちゃんはすぐに腹圧をかけてしぶり始めます。

直腸脱の非観血的治療法としては、巾着縫合法といって肛門周囲を縫合糸で縫い込んで絞り込んで、直腸の脱出をブロックする方法を採ります。



しかしながら、肛門周囲巾着縫合法では脱出を防ぎきれないくらいの腹圧なので、注射筒を利用した整復法を実施することとしました。

ティーちゃんはまだ3か月齢に達していない仔猫なので、短めに注射筒をカットして手元の翼の部位に縫合用の穴を数か所開けます。






患部にカットした注射筒を挿入して、縫合していきます。



直腸を押し出す力が非常に強いため直径の異なる2本の注射筒を装着することとしました。





合計8か所を縫合して脱出直腸を完納しました。

このまま、この状態で1週間放置します。

1週間後に注射筒をはずして再脱出がなければ治療は終了です。





ティーちゃんは慢性的な下痢をしており、検便したところ壺形吸虫の高度感染が認められました(下顕微鏡写真)。



下は壺形吸虫の高倍率写真です。

壺形吸虫はカエルやヘビを中間宿主とする寄生虫です。

ティーちゃんは野良猫であったため、野生の生活をしていた可能性が高いです。

恐らくは両生類や爬虫類を摂食していたと思われます。

ティーちゃんには駆虫薬を飲んで寄生虫を駆除してもらうこととしました。



残念ながら、ティーちゃんは1週間目にして注射筒の縫合部が破壊され、直腸は再脱出してしまいました。

もはや、非観血的整復法では直腸脱は治せないと判明しましたので、最終処置として開腹して下行結腸を腹壁に縫合して整復する方法を採ることとなりました。

この手術については、次回載せます。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31