犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

鳥の疾病

オカメインコの断翼

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、オカメインコで羽に大きな腫瘤が発生し外科的に切除(断羽)した症例です。


オカメインコのデン君(雄、10歳)は左の翼に大きな腫瘤が出来て来院されました。

腫瘤の大きさのためか、デン君は飛行することは出来ない状態にあります。

加えて、患部を自傷するため断続的な出血が認められます。



下写真の黄色丸が腫瘤を示します。



腫瘤は非常に大きく、デン君の左翼が下垂しているのがお分かり頂けると思います。





見た限りでは、翼の骨の部分から発生した腫瘤の様に見えます。



翼と腫瘤は固着しています。



レントゲン撮影を実施しました。



患部の拡大像です。

腫瘤が発生している部位は大指基節骨と言われる、指の骨に当たる部位です。

この腫瘤が骨由来の腫瘍なのかは病理的な診断が必要と思われます。

細胞診を実施したいのですが、穿刺で出血が止まらなかったり、その後患部をさらに自傷するケースを経験してます。

順序が逆になりますが、外科的に切除した後に病理検査に出す方針としました。



大指基節骨と腫瘤との関係を確認のため、角度を変えて撮影しました。



下写真は拡大像です。

基節骨と腫瘤の癒着は強いと思われます。

外科的切除するにも切除後の皮膚を縫合するのは困難で、かつ出血量もかなりあると推察されます。

腫瘤を摘出するのは非常に難しく、腫瘤が腫瘍ならば細胞の取り残しからの再発があります。

加えて、愛玩鳥の自傷行為を止めさせるのは困難で、長期間エリザベスカラーで防御するのもストレスとなります。



結局、飼主様とも話し合い、断翼を実施することとなりました。

デン君は既に飛行できない状態にあり、断翼による著しい生活の質の低下はないと判断しました。



麻酔導入箱に入って頂き、イソフルランを導入して全身麻酔を行います。



維持麻酔に切り替えます。





下写真の消毒している部位を結紮し、血行を遮断した上で断翼を行います。





中手骨に第1糸を結紮します。





第2糸で結紮します。



第2糸結紮部位より遠位端をバイポーラ(電気メス)で切開します。



凝固モードで切開と止血を同時に行います。



露出している中手骨を骨剪刃で離断します。





離断した患部の断端です。



この断端部は縫合する事は出来ません。

バイポーラで焼灼して終了です。



出血も最小限で抑えることが出来ました。



患部をガーゼ包帯します。

麻酔の覚醒も問題なくクリアできたデン君です。







術後2日目にデン君は退院して頂きました。



患部の結紮した糸は1週間以内に抜糸して出血が無いのを確認しました。

下写真は術後2週間のデン君です。



患部の腫脹はおさまり、滲出液も出ていません。





手術前は歩行するのもバランスを崩していたのですが、摘出後は問題なく歩行も出来て左右のバランスもとれるようになりました。



下写真は摘出した腫瘤です。

全長は4㎝あり、オカメインコの体長からするとかなり大きなサイズであることがお分かり頂けると思います。



翼の断端面側の腫瘤です。



この腫瘤の重さは12.1gもありました。



この腫瘤を病理検査に出しました。

病理診断名は細菌感染を伴う壊死性脂肪織炎とのことです。

下写真は低倍率像です。

病巣部の中心部は広範囲に壊死を起こしており、細菌塊が散在していました。



中等度の拡大像です。

出血や偽好酸球(哺乳類における好中球)の浸潤が認められます。



高倍率像です。

壊死部周囲では肉芽増生と共に脂質を貪食したマクロファージが多数浸潤しています。



検査センターの病理医の診断では、背景に骨髄脂肪腫があり、脂肪組織の増殖性病変が存在し、そこに細菌感染が成立し壊死性病変に至ったとのことです。

結果として、病巣は完全に切除されており、予後は良好と期待されるとのコメントでした。

患部の感染拡大にはしばらく注意が必要と思われます。

デン君、お疲れ様でした!






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

オカメインコの上腕骨骨折整復手術

こんにちは 院長の伊藤です。

愛玩鳥は色んなタイプの骨折をします。

今回は、飼主様が踏んで翼の骨(上腕骨)を骨折したオカメインコの症例です。


オカメインコのサラちゃん(雌、1歳)は、左翼がだらんと下がって、骨折しているようだとのことで来院されました。

下写真の黄色丸は左翼を示します。

左肩が下がっているのがお分かり頂けると思います。



早速、レントゲン撮影をしたところ、左上腕骨の骨幹部が骨折しているのが判明しました(下写真黄色丸)。





オカメインコの上腕骨は太く頑丈に作られています。

しかし、上腕骨骨幹部が骨折した場合、骨髄腔とほぼ同等の太さのピンを選択し、骨髄内へピンニングします。

サラちゃんの場合は、1.5㎜の骨髄ピンを使用しました。

まずは、全身麻酔のための麻酔導入を実施します。





麻酔導入が終わったところで箱から出てもらい、マスクを当て維持麻酔を行います。



骨折部の周辺の羽根を抜いて消毒を実施します。



下写真の黄色丸は骨折している上腕骨の近位端です。

骨折部は斜めに割れており、斜骨折に分類されます。

加えて骨折部には割れて粉砕された骨片も確認されました。



術野を目視出来るように皮膚にメスで切開を加えます。



下写真黄色丸が上腕骨近位端の骨折端を示します。



この骨折端を鉗子で把持しながら、これからピンドリルで骨髄内へピンを入れて行きます。





骨髄ピンが上腕骨の近位端を貫通しているかを穿入部の体側側に指を当てて確認します。



上腕骨の近位端にピンが貫通しました。





一旦、ピンドリルを外して反対側に装着して逆方向にピンを入れます。





下写真黄色矢印がドリルする方向(反対側)です。



下写真黄色丸(骨折部の近位端)にピンの先端が出て来ました。



これから骨折部を整復してピンを骨折部近位端と遠位端に通します。



整復が完了しました。

上腕骨近位端(肩口)から出ている余剰のピンをピンカッターで切断します。



確認のためレントゲン撮影を行いました。

骨折部が斜骨折かつ破損しておりますので、骨折端の整復が若干ズレが生じています。





皮膚切開部を縫合します。



上腕骨から突出しているピン(下写真黄色丸)をサラちゃんが干渉しないよう、保護のためのゴムキャップを装着します。






羽ばたきを防止するために翼と胴体をテープで固定します(ボディ・ラップ法)。





麻酔から覚醒したサラちゃんです。





このまま順調に安静を保てれば、3~4週間で骨癒合が期待できると思われます。





飛べるようになるまで時間がまだかかりますが頑張りましょう!

サラちゃん、お疲れ様でした。







にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

セキセイインコの脂肪腫

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、セキセイインコの腫瘍です。

セキセイインコをはじめとして、小型愛玩鳥にも腫瘍の発症は認められます。

今回の症例は、比較的腫瘍が短期間で腫瘍が大きくなり外科的に摘出した症例です。


セキセイインコのキィちゃん(8.5歳 雌)は、腰背部に腫瘤が発生して数か月の間に一挙に大きくなり、他院からの紹介で当院を受診されました。

下写真の黄色丸が腫瘤です。

診たところ、尾羽の付根の腰背部に位置する尾脂腺周辺から発生した大きな腫瘤のようです。

約2㎝以上の大きさがあります。





すでにキィちゃんは腫瘤が大きくなり、止まり木に停まるのにも苦労しているようです。

腫瘤の皮膚は自身で突っついたり、止まり木との干渉で裂けて出血が認められます。





本来ならば、ここで細胞診を実施して腫瘤がどんな細胞で形成されているのか確認したいところです。

キィちゃんは高齢であることから、細胞診検査(針穿刺)によるストレスでショック状態に陥る可能性もあるため、飼主様は速やかな外科的切除を希望されました。

鳥の場合は、体調が悪くても表面上は健常をつくろうため、本人の挙動・羽や嘴、皮膚の光沢・食欲・排便排尿の状態などから総合的に判断する必要があります。

全身状態は良好と判断し、外科的に摘出手術を実施することとしました。

ガスマスクにキィちゃんに入ってもらい、イソフルランによる麻酔導入を実施します。



麻酔導入出来たところで、マスクから出して維持麻酔に切り替えます。





下写真の黄色矢印は、腫瘤部の先端部が出血、壊死を起こしている部位を示します。





この腫瘤の付根を切断します。



硬性メスで皮膚に切開を加えます。





この腫瘤の発生部位が尾脂腺の頭側に位置していますので、腹部ヘルニアの様に消化管が腫瘤内部に入り込んでいることはありません。

しかし、太い栄養血管は走行している可能性はありますので慎重にアプローチしていきます。



血管の走行が確認できている部位は、電気メス(バイポーラ)で凝固切断します。



中心部にさらに太い血管がありましたので、バイクランプでシーリングを施します。



一滴の出血もなく、腫瘤を切除することが出来ました。



腫瘤の切断面です。



5‐0のナイロン糸で縫合します。





これで縫合は終了です。





全身麻酔から覚醒したばかりのキィちゃんです。



患部を保護するために、キィちゃんにはフェルト地のエリザベスカラーを装着しました。



本人はそれほどエリザベスカラーを気にすることはなさそうです。



キィちゃんは無事、翌日退院して頂きました。

術後、2週間ほど経過したところで、自宅でキィちゃんは縫合部を自主的に抜糸されたそうです。

下写真は、術後3週間経過した患部です。

縫合部は後も分からないくらい癒合出来ました。



術後の経過は良好で、止まり木にストレスなく停まることが出来るようになったキィちゃんです。



今回、摘出した腫瘤です。



切断面です。



腫瘤を剪刃で割を入れてみました。



割面は充実した組織が認められます。



病理検査を依頼し、下写真はその中等度の倍率像です。

ポリープ状の腫瘤は、主に脂肪組織の増殖により構成され、先端部は壊死を起こしていました。



高倍率の病理像です。

構成する脂肪細胞に異型性はなく、腫瘤内には羽包や尾脂腺の構造は認められませんでした。

結論として、今回のこの腫瘤は異型性に乏しい脂肪組織の増殖巣で構成された良性腫瘍の脂肪腫と判定されました。



病理医からは、完全切除とのことで良好な予後が期待されるとのコメントでした。

悪性の腫瘍でなくて良かったです。

キィちゃんにはもっと長生きして頑張って頂きたいと思います。

キィちゃん、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、上のバナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

鳶の多骨性過骨症及び変形性関節症

こんにちは 院長の伊藤です。

本日は鳶(とび)の話です。

鳶とはタカ目タカ科に属する猛禽類の一種です。

上昇気流に乗って、輪を描きながら上空へ舞い上がることで知られています。


鳥は、発情の関連でホルモン分泌のバランスが崩れて、結果としてカルシウム代謝障害を引き起こします。

カルシウム代謝障害に多骨性過骨症(Polyostotic hyperostosis、略してPH)があります。

本日は、このPHに端を発し、変形性関節症から起立不能に陥った症例です。


鳶のチャカちゃん(雌、6歳、体重950g)は左脚に力が入らないとのことで来院されました。



チャカちゃんは遥々、中央アジアのウズぺキスタンから日本にやって来た鳶です。

チャカちゃんは既に仰向けかうつ伏せの姿勢しか取れない状態になっています。



左脚を触診しますと足根関節(足首)の可動が出来ない状態です。

疼痛感が伴っており、足根関節は著しく腫脹しています。



骨折の場合は、触診で骨折部の軋轢音やぐらつきを感じますが、足根関節周辺の骨折は感じられません。

しかしながら、足根関節は棒の様に硬くなっており、柔軟な関節運動は不可能です。



下写真の黄色丸が左脚の足根関節です。



直ぐにレントゲン撮影を実施しました。



下は、レントゲンの結果です。

特に両脛骨中に骨髄の不透化(白くなる)像(下写真黄色矢印)が認められました。


飛行する生物である鳥には、軽量化のために一部の骨に、骨髄がなくスカスカになっている含気骨(がんきこつ)が存在します。

含気骨には、椎骨・肋骨・上腕骨・鳥口骨・胸骨・坐骨・恥骨などが挙げられます。

この含気骨は気嚢や肺につながっています。


一方、骨格の中心となる長骨(橈尺骨、脛腓骨、大腿骨など)は非含気性の骨で骨髄部があります。



左足根関節を黄色丸で示します。



上の黄色丸(足根関節)の拡大下写真です。

足根関節が変形しており、一部は吸収されています。

骨膜、骨皮質には炎症像が認められ、骨棘が形成されています。

いわゆる変形性関節炎に罹患しています。



側臥の写真像です。

脛足根骨と足根虫足骨をつなぐ足根関節が消失しています(下写真黄色丸)。

触診する限りでは、足根関節は大きく腫大している一方、関節の可動性は認められません。

レントゲン像では軟骨組織は透過されるため、欠損してるように見える場合があります。

吸収された関節部は、既に軟骨組織に置換されているかもしれません。



鳥類は、発情が起こり、ついで産卵の2週間くらい前から卵殻形成用のカルシウムが骨に蓄積を始めます。

ところが、発情回数が多く卵を産まないでいると、卵殻形成用のカルシウムが骨の中に残ることで前述のPHとなります。

結果、骨の柔軟性は失われて硬化していきますから、骨折しやすくなり関節部は変形性関節炎を引き起こす場合があります。

チャカちゃんは慢性発情が原因で、PHから変形性関節症になったものと考えられます。

変形性関節炎を完治させることは不可能です。

変形性関節症の治療は、消炎鎮痛剤を投薬して疼痛管理を行います。

今回の疾病の基になったと思われるPHについては、過発情を制御するのが理想です。

発情抑制のために黄体ホルモン製剤、抗エストロゲン剤、Gn-RH誘導体を使用します。

しかし、発情抑制が上手くできても一旦、沈着したカルシウムは消失することはなくて症状の緩和や病状の制限に留まることが多いです。

鳶などの猛禽類については、発情抑制剤の薬用量が不明のため、投薬のリスクを考慮して消炎鎮痛剤で対応させて頂きました。

今後、チャカちゃんの脊椎に変形が生じた場合、後躯麻痺や排尿・排便障害が起こらないか経過観察が必要です。







にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。



投稿者 院長 | 記事URL

文鳥の上腕骨・脛骨骨折

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、文鳥の骨折症例です。

愛玩鳥は室内で放鳥時に突発的な事故(衝突や圧迫)で骨折に至るケースが多いです。

骨折整復がもちろん必要ですが、内臓を圧迫して肺出血や内臓破裂を起こしている場合も少なくありません。

状況に応じた迅速な判断が哺乳類以上に必要とされます。



文鳥(名前はなし、雄・10歳)を踏みつけてしまったとのことで、起立不能となった文鳥君の診察をすることになりました。



両翼からは出血があり、肢は力が入らない状態です。

右肢は明らかに骨折があり、翼の上腕骨も開放骨折が認められました。

呼吸はしっかりしており、骨格以外の問題は診たところ大丈夫のようです。

一先ずレントゲン撮影をしました。

下写真の黄色丸は、骨折の箇所を示してます。

両翼の上腕骨と右の脛骨が骨折しています。





下写真黄色丸は左翼の上腕骨の骨折端です。



全身状態は麻酔に耐えられると判断して、骨折整復手術を行うこととしました。

イソフルランで麻酔導入をしています。



維持麻酔に変えます。



下写真黄色矢印は左翼の骨折端が開放骨折をしている部位を示します。



ピンニングによる整復を施すために上腕骨骨折近位端から25Gの注射針を挿入します。

この注射針を肩関節側(下写真青矢印方向)に貫通(下写真青丸)させます。



次いで上写真青丸の貫通した穴から、上腕骨遠位端(下写真黄色矢印)方向へ新しい注射針を挿入します。

この時、最初に挿入した注射針は下写真青矢印方向に順次抜去していきます。



今回使用した25G(直径0.5mm)サイズで両端が尖った極細のキルシュナ―ワイヤーがあれば良いのですが、実情は注射針で代用しています。

注射針ですから中空構造のため、ニッパーでカットしても断端が変形してしまい、逆方向の骨髄内へ挿入が引っかかって苦労します。

それを回避するため、このような面倒な操作を今回は致しました。



次いで、上腕骨の骨折端同志を鉗子にて固定し、注射針でピンニングして固定します。



肩関節側の刺入した注射針をニッパーでカットします。





さらに右脛骨骨幹部の骨折整復を行います。

下写真は脛骨骨折部の皮下出血が進行している状態を示しています。





骨折部の皮膚をメスで切開します。



踵から注射針を刺入し、骨折部まで挿入していきます。



脛骨骨折遠位端まで注射針が貫通したところ(黄色丸)です。



骨折部遠位端(青丸)の注射針を今度は骨折部近位端(黄色丸)まで挿入します。

そのために骨折端同志を整復して固定します。



小型愛玩鳥の場合は、骨が細く脆弱のため、指先で整復し固定した後に注射針を貫通させます。





踵の部分の注射針をニッパーでカットし、断端を鉗子でLの字に曲げます(黄色丸)。



整復処置中、ピンの挿入が正しく行われているかをレントゲンで確認しました。

下写真は踵から注射針を刺入しているところです。



右上腕骨へ注射針を刺入しているところです。



刺入部をカットし、整復終了時の写真です。



開放創になっていた翼の筋膜と皮膚を縫合します。





次いで、右脛骨の筋膜と皮膚を縫合します。





三か所の骨折整復は、文鳥君にとって大変な試練であったと思われます。



ピンニングした骨折部は旋回運動に弱いため、テープにより外固定を施します。





翼は羽ばたいたりすると骨折部整復部が破たんしますので、テープで胴体ごと固定します。



なるべく胸郭の呼吸運動を抑制しないようにゆるいテーピングでとどめます。



まだ文鳥君は、自力で起立することが出来ませんので介護が必要です。





流動食を強制給餌しているところです。





皮つき餌を少しづつついばみ始めました。



今回は不慮の事故で大変な思いをした文鳥君、骨折が治癒するのもひと月ほど先となります。

まだ先は長いので、しっかり治療に専念したいです。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31