犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の異物誤飲(その5 串)

犬の異物誤飲シリーズ、今回で5回目になります。

こんなものまで食べてしまうの?

とブログをご覧いただいた飼主様から意見をいただくことがあります。

我々からすると信じがたい物まで犬は口にします。

犬の異物誤飲につきましては、今後も症例をあげつつ、飼主の皆さまにも注意を喚起する意味で継続させて頂きたく思います。


さて、今回は焼き鳥の串を半分齧って、そのまま飲み込んでしまったミニチュア・ダックス君のケースです。

飼い主様が見ている前で、異物誤飲されるケースが我々からすると非常に助かります。

何か分からないけど嘔吐が続いてる、とか食欲不振が続いているとかの症状から、各種精密検査をして、異物誤飲まで絞り込んでいく手間が省けます。

早速、全身麻酔をして胃を切開しました。





胃を出した瞬間にすでに黄色矢印に示すように胃を内側から圧迫している異物が存在していることに気づきます。

その部分に注意深くメスを入れます。





胃切開と同時に飛び出してきたのが、飼主様の申告通り、半分に折れた焼き鳥の串でした。



長さが約6cmの串です。

状況にもよりますが、最悪この串が胃を穿孔して、横隔膜を貫いて心臓を傷つけることだってあり得ます。



胃切開した箇所も最小限にとどめることが出来ましたので、二重縫合を実施して胃を閉鎖しました。









結果として、正味30分ほどで手術は完了しました。

ダックス君にしても最小のストレスで済んだ手術と思います。




先端恐怖症の方は、この串等の誤飲は想像しただけで最悪と思われるでしょうね。
 

 
こちらをクリックupwardright していただけると励みになります。
 




投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事