犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 
歯肉口内炎
お口のチェックしていますか?
猫の歯肉口内炎は、獣医師が日常の診療で遭遇することの多い疾病の一つです。
この歯肉口内炎は、口腔粘膜の炎症であり非常に激しい疼痛を伴います。
  • 最近、毛づくろいをしなくなった。
  • 口の周りがいつも汚れている。
  • 前足の手首の関節の内側が汚れて濡れている。
  • よだれの中に血が混ざっている。
  • 食欲はありそうだが、実際食べようとすると躊躇する。
  • 口臭がきつい。
先に老齢犬のところで、歯垢・歯石付着による歯周病についてコメントしましたが、この歯肉・口内炎の程度は歯周病の程度と必ずしも相関はありません。 むしろ、ウィルス感染との関係が注目されています。 猫の感染症の中でもFIV(猫免疫不全ウィルス)、FeLV(猫白血病ウィルス)、FCV(猫カリシウィルス)が本症から検出頻度が高いと言われています。本症の発症はFeLVやFIV感染によって免疫機能が低下したために口腔内正常細菌叢が過剰に増殖したものと考えられています。 またFCVは多くの血清型が存在するために生涯反復感染を生じ、FCV生ワクチン接種も本症の発症に影響を与えていると考えられています。
歯肉口内炎の治療法

前述のように感染、免疫機能障害、歯周病等の多くの要因が関与しています。
したがって、治療法も様々に報告されていますが、当院では以下の手順で治療を実施しています。

治療方法

  1. 一般臨床所見(FIV・FeLV検査)および口腔内所見(歯垢・歯石の付着程度)を把握。
  2. FIV・FeLV感染を除いて他に基礎疾患が見られない場合、抗生物質を投与して経過観察する。
  3. 歯垢・歯石の付着が著しい場合、全身麻酔下で歯垢・歯石除去及び口腔内洗浄を実施。
  4. 以上の処置後も経過不良なら、プレドニゾロン、酢酸メチルプレドニゾロンというお薬を投与。
  5. ステロイドに対する反応が不良の場合、全臼歯を抜歯する。

全臼歯を抜歯することで、よく食事が食べられるかと質問を受けます。※ 一般に猫の歯は典型的な肉食獣としての咬み砕く本来の目的よりも獲物を捕獲して、突き刺し、引き裂くために都合よく形成されています。 すなわち、咀嚼行動は少なく、犬歯で食餌を切削して丸呑込みする傾向があります。 この点から、抜歯後の採食行動には、影響が殆どないものと推察されます。

猫下部尿路疾患(FLUTD)
~猫に多い膀胱の病気~
FLUTDとは猫の下部尿路(膀胱・尿道)に関する全ての疾患を指して言います。
 
  • トイレ以外の場所での排尿(不適切排尿)
  • 排尿困難・頻尿・不適切な排尿など
  • 尿が出づらい(排尿困難)
  • 何回もトイレに行く(頻尿)
  • 排尿時に鳴く(排尿痛)
  • 尿が赤い(血尿)
  • 気張っているが尿が出ない(尿道閉塞)

上記の症状を特徴とする膀胱尿道炎症症状を示す疾患の総称をFLUTDと言います。

 
 
FLUTDには様々な原因が挙げられます。
原因不明が55%、尿道栓子(蛋白等が固まって、尿道内を詰まらせるもの)が20%、尿路結石によるものが20%、尿路結石+細菌感染が2%、細菌感染のみが2%と報告されています。猫の場合は犬と異なり、細菌感染によるものは非常に少なく、殆どが原因が特定されてない突発性のものです。突発性FLUTDの原因はウィルスの病原性微生物、自己免疫性疾患、尿路上皮バリアの変化、神経炎症、ストレス等です。
 尿道が栓子により閉塞されたものは、尿道カテーテルを挿入して閉塞を解除します。採取された尿に相当量の出血があれば、膀胱の持続的緊張を取り除くために尿道カテーテルを留置します。その後、尿路閉塞が解除されるまで抗生剤・止血剤による投薬を続けます。
尿道の閉塞が認められない場合は、多くが突発性膀胱炎であることが多く、治療の有無にかかわらず1週間くらいで症状が納まることが多いです。初発で短期間に改善が認められない場合や初発は軽微な症状でも再発頻度の多い例は、難治性に移行し慢性化、重症化していきます。
慢性腎不全

腎臓の疾患が慢性的に進行することによって、長い時間をかけて腎機能が低下していくことをいいます。
腎臓の働きのひとつに、尿中の老廃物を排泄することですが、腎不全になるとこの働きがうまくできなくなります。
つまり尿中の老廃物をろ過する機能や体に必要な水分を再吸収する機能が低下してしまいます。
このため、水分を捨て過ぎて脱水状態になったり、血液中に老廃物が溜まって障害を引き起こします。

慢性腎不全の症状の変化
1 多飲多尿
よく水を飲みたくさん尿を出します。薄い尿が多量に出ますので、猫独特の尿の臭いもなくなります。
必要以上に尿が出ますので、水はたくさん飲んでいるのに、実は体には水分が足らない脱水状態になっていることも多いです。
2 毛づやがわるくなり、筋肉も落ち行動が緩慢になってきて、良く寝ていることが多くなります。
3 体内に老廃物が溜まってきて、嘔吐・食欲不振が続きます。

慢性腎不全は時間と共に進行し、体を維持する腎機能がなくなってしまうと尿毒症という症状になり、神経症状・こん睡に陥り、最終的には死を迎えることとなります。
残念ながら、この慢性腎不全は完全に治ることはありません
血液中の老廃物をネフロン(糸球体)という細胞がろ過をして、尿中に排泄することで腎機能が正常に保たれています。
慢性時不全ではこの死んだネフロンがあっても健康なネフロンが働いているため、症状が表になかなか現れてきません。
飼い主が気づくような症状が出るころには既に、腎機能の75%が失われています。
慢性腎不全の症状の多くは、病気が進行している状態で見つかっているのです。
慢性腎不全の診断は、血液検査・尿検査で行います。血液検査では、血中尿素窒素(BUN)とクレアチニン(Cr)を指標にします。
しかし、これらの指標が異常値を示すのは腎機能が75%以上、破壊されてからになります。むしろ尿検査で尿比重(1.025以下)・蛋白等をチェックすることで早期発見が可能です。

慢性腎不全の症状の変化

残念ながら、慢性腎不全は完全に治すことが出来ません。
先にも述べましたが腎臓は一度、障害を受けて機能を失ってしまった組織が再生することは期待できません。また機能を失った組織が行っていた仕事をまだ残っている正常な組織で行うことになるため、正常な組織は通常よりも仕事量が増えてしまい、さらに腎臓が悪くなるといった悪循環に陥ります。
したがって、慢性腎不全の初期の治療目的は、残っている腎臓組織に負担をかけないようにすることです。

例えば、食事は腎臓の負担になりやすい蛋白質やリン、塩分等を抑えた腎臓用の療法食に切り替えます。
早期からの治療としては、血液中に次第に老廃物が蓄積していきますので、この尿毒症の原因ともなる老廃物を腸管で吸着し、便と共に排出する吸着材を投与して症状の軽減に努めます。
蛋白尿が出るようであればACE阻害剤や高血圧がある場合は、降圧剤を投与します。

腎臓は尿を作る以外にもいろいろな働きをしています。その働きもさらに病期が進行した場合、腎性貧血を引き起こしたり、嘔吐、脱水等などと各種症状を呈します。これらの症状に対しては、いわゆる対症療法を施します。特に点滴による輸液療法によって、電解質バランスを調整し、腎不全の進行を抑えていきます。いづれにせよ、腎臓は一度障害を受けると再生が難しい臓器です。
したがって、生存している腎臓の組織に負担をかけないように対応する必要があります。