犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 
ウサギの飼い方・健康管理の紹介

犬の健診管理の紹介

犬の健診管理の紹介

健康で長生きするために健康管理をしましょう!!

当院では、病気の早期発見と早期治療を目的とした健康診断や治療を積極的に実施いたしております。
犬の健康を維持する為にも予防医学は重要です。
定期的な検査と、ワクチンやフィラリア予防などの「予防プログラム」を飼い主さんと共に行っていくことで、愛犬の健康維持に努めています。

犬の予防・健康管理について

犬の健康を守るためには、十分な栄養と快適な暮らし、そして日頃の観察と定期的な健康診断が大切です。


・ 夏場、冬場と季節に合わせた運動や環境を整える

・ 子犬、成犬、老犬に合わせた最適なフードを与える

・ 犬種を理解して、犬種に合わせた室内環境や運動をさせる

・ 人と共存していく為にもしつけやルールを覚えさせる

・ ブラッシングや爪などの手入れを行い健康維持

・ 予防できる病気をしっかりと行い定期的に健診を行う

・ 犬がかかりやすい病気や症状を飼い主自身も把握する

犬の健康管理スケジュール






























※詳しい内容は、ホームページ内「各種ワクチン」「フィラリア予防」「去勢・避妊」「マダニ・ノミ・ダニ予防」にてご確認ください。

マイクロチップとは

マイクロチップとは個体識別用の 15桁の IDナンバーが登録された 2mm × 約 1cmの ICチップです。
IDナンバーは世界で唯一の番号で、飼い主さんの情報とともに登録されます。
太めの注射針の様な器具を使って肩甲骨付近の皮下に装着します。

※予約制 (事前に健診が必要) 

混合ワクチンとは

感染症の予防のためにも予防接種を決められた期間に接種することが大切です。
1才未満の幼犬は、5種混合ワクチン、6種混合ワクチン。1才以上は8種混合ワクチンを推進しています。

※予約不要(接種歴がある場合は、証明書を持参ください)

狂犬病予防接種

飼い主に対する狂犬病ワクチン接種は法律で義務づけられています。
必ず1年に1回行い、お住まいの市区町村窓口で登録します。

※予約不要(接種歴がある場合は、証明書を持参ください)

去勢避妊とは

不妊手術の事で、オスは去勢手術、メスは避妊手術と言います。
望まない妊娠や発情によるストレス、将来考えられる病気の予防など、繁殖を望まない場合は当院では不妊手術を推進しています。

※予約制(事前に健診が必要)

春の健康診断・秋の健康診断とは

当院で行っている定期的な健康診断です。
「春の健康診断(4月 ~ 6月)」 ⇒ 血液検査を主とした健康診断
「秋の健康診断(10月 ~ 12月)」 ⇒ レントゲン・心電図を主とした健康診断。

※春の健康診断は予約不要。検査センターに依頼するため結果に1週間ほど要します。
※秋の健康診断のみ予約制。

フィラリア予防とは

フィラリア症は、蚊によって媒介により心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす伝染病の一つです。
当院では、毎年蚊の発生する 5月~12月の感染危険期間中、予防薬を処方致します。

※当院では、食べるソフトチュアブル・クッキータイプ・錠剤・粒状の取り扱いがあります。

マダニ・ノミ・ダニ予防とは

ノミ、マダニは、痒みだけではなく様々病気の要因となり、人間にも被害が起こりうる寄生虫です。
当院では、通年を通して予防薬を処方致します。

※当院では、食べるソフトチュアブル・液体タイプの取り扱いがあります。

今後、気を付けたい疾患や予防

近年、獣医学(医療、予防学、栄養学など)の進歩、飼主様の意識の向上によりペットの寿命が著しく延び、治療や予防できる病気が増えてきています。
しかし、その治療も早期発見・早期治療が大きなカギとなります。

普段からスキンシップをとり、愛犬のいつもとは違う症状や体の状態を気づくことが大切になってきます。

生後~3才まで幼少期に発症しやすい主な症状・疾病

1. 低血糖
血中の糖分濃度が著しく低下してしまう病気です。
幼少期は足りないグルコースを補う肝臓の機能が未発達な為起こりやすいです。


2.下痢
幼少期は環境が変わったことによるストレスや、餌が多い合わないなどの原因が主です。
その他、寄生虫伝染病などの病気にかかっている可能性もあります。


3.異物誤飲
食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。
興味が多い幼少期に起こりやすいです。


4.ノミ・マダニ寄生虫感染
予防せずに散歩やドックランなどで遊ぶことで、寄生する可能性があります。

5.アレルギー症状
環境や食事などで急にアレルギー症状を発症することがあります。

6.骨折
子犬や小型犬は骨が細く、ちょっとした衝撃でも骨折してしまう可能性があります。



症例と治療例一覧
3才~老後まで発症しやすい主な症状・疾病

1. 椎間板ヘルニア
背骨の間に挟まっている椎間板と呼ばれるクッションがつぶれ、変形してしまった状態のことです。

2.歯周病
歯垢中の細菌が原因となり歯肉が腫れたり(歯肉炎)、歯を支えている歯周組織が破壊されてしまう(歯周炎)病気です。

3.乳腺腫瘍
乳腺の組織の一部が腫瘍化してしこりができる病気です。
メスの犬や高齢の犬に発症しやすいです。


4.子宮蓄膿症
子宮の内膜が腫れ細菌感染によって子宮の内部に膿がたまる病気です。
避妊手術を行っていない犬や、何年間もの間産んでいない高齢犬で起こりやすい病気です。

5.膀胱結石
尿の通り道である膀胱や尿道に結石と呼ばれる石がつまり、尿が出にくくなったりする病気です。
食事の変色や高齢による尿のバランス変化などの原因があります。


6.腎不全
腎臓の機能が衰え、有害な物質を正常に排泄できなくなる病気です。
中年齢になるほど発症率が高いです。


7.心臓病(僧帽弁閉鎖不全症、心臓弁膜症、心肥大)
高齢になるにつれて多くなる病気です。
僧帽弁がうまく閉じないと血液が逆流して滞り「心臓肥大」になったり、心臓が収縮する時に僧帽弁がきちんと閉鎖せず心房へ血液の逆流が起こる「僧帽弁閉鎖不全症」が主に多い病気です。




症例と治療例一覧