犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
ウサギの飼い方・健康管理の紹介

フクロモモンガの飼い方・
       健康管理の紹介 


症例と治療例一覧
!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

哺乳類 カンガルー目に属する、フクロモモンガ上科、フクロモモンガ属に属する有袋類です。

野生ではオーストラリア北部から南東部、ニューギニア島、ビスマルク諸島といった温暖な森林や亜熱帯雨林に生息しています。

特徴

大きな目と耳、長い尻尾が特徴で近年人気のペットです。
伸縮性の皮膚襞である飛膜をもっており、樹木間を滑空するのに使用され、尻尾で舵をとります。

群れで過ごす為「匂いつけ」や「鳴き声」で仲間同士のコミニュケーションをとります。
縄張り意識が強く警戒心も強いため、時には激しく警告音を鳴らすこともあります。

フクロモモンガは本来「夜行性の動物」です。
また雨天、気温が低い夜は活発に行動せず「休眠」状態になることがあります。(平均13時間程度)

食性は昆虫食傾向の強い
雑食性です。

寒い場所や暑い季節を苦手としているため、
24~27℃程度の温度環境を好みます。
※冬場は乾燥しないように湿度を
45~55%程度を目安に調節してください。

フクロモモンガの
寿命は 12年から 15年ほどです。

繁殖特徴

性成熟は、オス 8 ~ 12か月、メス 12 ~ 14か月。
野生下では季節繁殖動物ですが、飼育下では年中繁殖が可能で、年2回繁殖できます。

有袋類の為、出産後は育仔嚢で育てられます。
50~75日間 育仔嚢内で育った後は、次第に育仔嚢から出てくる時間が増えていきます。

※望まない妊娠や予後を考慮して去勢手術することも当院は可能です。

[ フクロモモンガの整理科学的数値 ]
平均体重 オス 115~160g・メス 95~135g
体温36.3℃(直腸温)
平均寿命12~15才
発情周期年中(飼育下)
食餌消費量体重の約15~20%



一般的な飼育環境

モモンガは夜行性です。
室内は一日中明るかったり、暗い場所はさけた方が良いです。
大きな振動や騒音のなく、寒暖差のない場所を選んでケージを設置してください。
また、モモンガは聞こえない高周波も感知できるので、電子機器や家電機器の近くはさけた方が良いです。

飼育ケージ

ベビーの場合の飼育ケージは、プラスチックケース(昆虫・魚用のケース)がオススメです。
大きさは
30 × 30 × 40cm ほどのケースに、床面の外側にパネルヒーターなど保温ヒーターを敷いて、その上に隠れ家を置いて保温をしてください。

幼少期 ~ 大人の場合の飼育ケージは、脱走しないように網目の細かい高さのある鳥用ケージが一般的です。
元々高い木に住んでいるため、 1辺が 40cm以上、高さが 60cm以上あるものが理想です。

ケージ環境

●床材
トイレ(しつけ)ができないので、新聞紙、牧草、ペーパーチップをひいて尿を染み込ませておくと掃除がしやすいです。
 

●エサ入れ、水入れ
樹液を飲む長い舌がある為、給水ボトルを用意してください。
(給水ボトルで上手に飲めない子もいるので、水の飲みが悪い時は変えて、陶器の水入れにしてあげてください。)
食器は不安定だとすぐにひっくり返されてしまう為、重い素材の器を用意した方が良いです。

 

●トイレ
トイレ(しつけ)はできません。ケージの外に向かってする場合もあるので、壁や物などは事前に養生などしておくのもひとつです。
 

●巣箱
木箱、ヤシの実、牧草で編んだ巣箱、ハンモック、ポーチなど。
※製や綿があるのもは、糸や綿が爪や足に絡まないようにこまめに余分なところは切ったり、排除してください。


●かじり木
ストレスを少なくする為にケージ内に止り木や木製のコテージ、ぶら下げるおもちゃ(鳥用)、などかじっても安全な木製の用品を使用してください。

●その他
温度対策として、冬場は「ペットヒーター」や「ひよこ電球」※コードや火傷しないような工夫を。
夏場は「冷却ボード」など準備すると良いでしょう。

食事について

フクロモモンガは、野生化では下顎切歯(前歯)を使って木の皮を剥き樹脂・樹液を舐めたり、前足の指で木の割れ目などに潜んでいる虫を掻き出して食べたり、長い舌で花の蜜を舐めたりします。
そのため、飼育下では
果物・野菜などの植物質と、昆虫などの動物質のエサをバランスよく体重の15~20%程度を与えてください。
尚、フクロモモンガは食べ物の選り好みが強く、偏食の強い動物でもあります。
1つのエサをたくさん与えるより、少量づついろんな種類を与えてる工夫も必要です。

最近では、偏りすぎないためにも動物性たんぱく質の供給として「フクロモモンガフード」も販売されています。
植物性たんぱく質質の供給として「ローリーネクター」を利用する方法もあります。
偏食する場合は、カルシウムやビタミンD、アミノ酸が含まれたサプリを添加すると良いです。



●植物質
ローリーネクター、食用エディブルフラワー、乾燥豆腐。
リンゴ、バナナ、イチゴ、キウイ、ブドウ(種無し)、オレンジ(酸味が少ない)、マンゴー、スイカ、など。
サツマイモ、カボチャ、ニンジン、カリフラワー、ブロッコリー、グリンピース、枝豆など。(ふやかしたり、小動物用に販売されているもので可)

※水分の多い物は下痢や軟便になりやすいので注意。


●動物質
ミルワーム、コオロギ、ピンクマウス、煮干し、ゆで卵の黄身、無塩チーズ(小動物用が望ましい)、乳糖が少ない無糖ヨーグルト、フクロモモンガ用ペレット、加熱した鳥肉(赤身肉)など。

※メープルシロップは蜂蜜に比べてミネラル成分などがより豊富に含まれているので、好まないエサにかけて与える方法もあります。
※ひまわりの種、ナッツ類、カボチャの種などの種子類は、栄養の偏りや消化不良する場合もあるので「おやつ」として与えてください。


健康管理及び・治療の紹介

当院では、フクロモモンガの健康診断として、
 ・爪の過長のチェックとして
「視診」
 ・寄生虫を確認する為の「検便」
を主に行っています。

当院で治療件数が多い症状・疾患は、
 ・爪過長症
 ・寄生虫(コクシジウム・ジアルジア)
 ・自傷行為による創傷

です。

※詳しくは症例と治療例の一覧をご覧ください。