犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
ウサギの飼い方・健康管理の紹介

カメレオンの飼い方
  健康管理の紹介


症例と治療例一覧
!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

カメレオンは爬虫網有鱗目に属するカメレオン科のことです。
カメレオン科は9~10属で200種が属しています。
トカゲの仲間に含まれている属ですが、特異な体質の為独自のものとされています。

地中海、アフリカ大陸、マダガスカル、南西アジアからインド、スリランカにかけて生息しています。

特徴

外気温の影響を受ける変温動物です。
通常活動する際に日の光や気温によって体温を上げなければなりません。
生息域は高山などの気温変化の激しい場所に住んでいるためある程度の気温変化に対応できます。


独特な指の構造を持ち、前後肢ともに二又に指が分かれており、樹上生活において枝を掴むことに適しています。
視力がとてもよく、視野は360度、瞼は円錐状の構造になっていることが特徴です。
五感のうち、視覚に頼っているため、口にするもの(エサ、水)は動きがないと基本的に反応しません。
全長の2倍以上伸縮する舌で獲物を捕まえます。

環境ストレスや威嚇時に体色を変化させます。
カメレオンの特徴的なカクカクとした動きは風による樹上の葉の動きを擬態しています。
自然界では体色の変化や動きにより外敵より身を隠します。

性成熟は生後1~2年で性成熟を迎えます。

飼育ケージ

樹上生活を営むため、高低差があり、通気性の良く、高さのあるケージが必要です。
メッシュケージ、鳥類用ケージなどがあります。

普段は見降ろされることの少ない樹上生活です。
人の目線より低い位置ではストレスを感じてしまうため、ケージは
高い位置に設置する必要があります。

ケージ環境

●床材
腐葉土や土といった床材であれば湿度の調整には便利ですが、ダニが発生してしまうため、衛生面での管理が大変です。
衛生面で考えるのであれば新聞紙等の紙類を敷くことが良いですが、湿度管理に霧吹きなどをする必要があります。

 

●温度・湿度
温度:ヒーター、エアコン、保温球やサーモスタットなどを用いて、ケージ内に温度勾配を作り、自身の活動に合わせて場所を移動して体温を調節します。
全体として温度は25℃前後に設定しましょう。
ホットスポットと呼ばれる場所は30℃以下に調整しましょう。

湿度:通気性を保つことは重要ですが、乾燥させすぎると体調を崩し、脱皮不全になってしまいます。
朝晩に霧吹きを行う必要があります。

 

●上り木
移動、生活する上で必要となります。
指で掴むことのできる太さを選びましょう。


●観葉植物
ケージ内の湿度の調整に役立ちます。
また、日陰を作ることで避暑地になります。
 

●バスキングランプ
活動し始める際、体温を高めるために必要です。
胴体を覆うくらいの大きさがあると良いです。
ランプの下に長い間いる場合は照射量が足りなかったり、距離が遠すぎたりしている場合があるため、設置の見直しが必要です。
眼球や皮膚の障害を受けるため近づきすぎないようにカバーを付けたり、距離をしっかりととりましょう。


観葉植物
体の代謝を促すために必要です。照射量が不足し、くる病などといった代謝性骨疾患に陥ります。
バスキングランプと同様、眼球障害を引き起こすため、15㎝程離す必要があります。


●水
カメレオンは動いているものに反応するため、水に動きを与えることが必要です。
ドリッピング装置のように持続的に水を葉などに滴下する方法や水を入れた容器の中にエアーポンプを入れて波を作る方法があります。


食事について

視力への依存が高いため、食餌は生きているものにしか反応しません。
コオロギやミルワーム、デュビア等の生餌が必要になります。マウスロットといった生餌による外傷を防ぐため、脚を取り除くか、頭を潰す工夫も一つです。

与える量は腹八分目を目安にしましょう。さじ加減が難しいですが、あまり太らせてしまうと成長が極端に鈍り、状態が悪化することもあるので、適度な量の給餌を心がけます。

給餌の間隔は、幼体は毎日与える必要がありますが成体であれば2,3日に1回で良いでしょう。