犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

イグアナ・トカゲの疾病

フトアゴヒゲトカゲの扁平上皮癌

こんにちは 院長の伊藤です。

今回取り上げますのはフトアゴヒゲトカゲの腫瘍です。

フトアゴヒゲトカゲにおいては眼瞼周囲に扁平上皮癌の発生が比較的多く認められます。


フトアゴヒゲトカゲのチャコちゃん(雌 4歳11カ月)は右瞼が大きく腫れているとのことで来院されました。



右瞼はこんな感じで腫大しています(下写真黄色丸・黄色矢印)。





トカゲ類は視力に頼って、捕食行動をしますので右眼が見えないとなるとコオロギ等の生餌を捕まえることが出来なくなります。

チャコちゃんにとっては死活問題となります。

左眼は健常であるのが幸いです。



患部の角化が進行し、細胞診のため針穿刺しても細胞が検出できないため、手術で腫瘤ごと摘出した後に病理検査することとしました。

麻酔導入箱に入ってもらい、イソフルランを流し込みます。





イソフルランによる麻酔導入が上手くできましたので、ガスマスクで維持麻酔を実施します。



右眼が腫れていますので、隙間を作らないように自家製のマスクを上手くかぶせます。

トカゲ類は基本、鼻呼吸ですから、両鼻をマスクできれば維持麻酔は可能です。



維持麻酔がしっかり出来ていますので、患部に硬性メスを入れます。





腫瘤がどれくらいの深さにまで浸潤しているか、ピンセットを患部に入れて見当を付けます。



患部の芯部は脆弱な組織です。

上瞼の上部に形成された腫瘤です。

この腫瘤が腫大したため、チャコちゃんは瞼が開けることが出来ない状態です。



滅菌綿棒を使用して皮膚に裏打ちしている腫瘤の組織を剥離して行きます。



この腫瘤は腫瘍組織であると思われますが、血管がたくさん走行しており止血剤を滴下しながら組織を剥離します。





皮膚を牽引しながら硬性メスで腫瘤を剥離して行きます。





患部を切除しました。

腫瘍を念頭に置いた手術ですが、患部のマージンを多く取るとすれば上瞼も全部摘出する必要があります。

飼い主様にもその点、ご了解いただき日常生活で支障のない範囲での摘出とさせて頂きました。



摘出した後の皮膚です。

取り得る範囲は摘出しましたが、それなりの皮膚欠損を伴いました。



次に皮膚縫合します。

5‐0サイズの縫合糸を使用しました。







縫合はこれで完成です。



麻酔からチャコちゃんは覚醒し始めました。



哺乳類と比較して、爬虫類は麻酔のかかりが緩やかで覚醒には時間を要します。

フトアゴヒゲトカゲの場合、ストレスがかかると下顎が黒く変色します。

手術のように色んなストレスがかかる場合は、チャコちゃんの様に黒くなる個体は多いです。



全身麻酔自体が体温を低下させますので、手術中もヒーターで体温を下げないようにしていますが、哺乳類と異なり変温動物だけに体温調整は難しいです。



翌日のチャコちゃんです。

少し眼を開けることが出来るようになりました。





しばらく目薬の点眼も必要です。



下写真は摘出した腫瘤です。

病理検査に出しました。



下写真は病理検査の顕微鏡写真です。

検査結果は扁平上皮癌でした。

扁平上皮癌はケラチノサイト(表皮角化細胞)由来の悪性腫瘍です。


下写真は低倍像です。

ケラチノサイトの島状・索状増殖が認められます。



高倍率像です。

索状・島状の増殖像の中心部には同心円状に堆積したケラチン(癌真珠)(赤矢印)が認められます。

黄色矢印は扁平上皮癌の腫瘍細胞です。



腫瘍細胞の周囲はマクロファージやリンパ球、形質細胞が浸潤して炎症像(下写真黄色丸)が認められます。





チャコちゃんは手術当日、無事退院して頂きました。

術後2週間後のチャコちゃんです。

抜糸のため来院されました。

右眼はしっかり開いています。





扁平上皮癌は局所における浸潤性増殖が特徴で、他の臓器などに遠隔転移することは稀とされています。

しかしながら、悪性腫瘍であり再発するケースも多いです。



腫瘍の周囲も含めて広くマージンを取ることが出来ればよいのですが、顔面周辺に発生することが多いため完全摘出は厳しいことが殆どです。

チャコちゃんも今回の手術は綺麗に出来ましたが、実はこの3か月後に同じ部位から再発が認められました。

飼い主様の熱心なご要望もあり、再手術を実施させて頂きました。

今後は患部の慎重なモニターリングが必要です。

チャコちゃん、大変ですが生活の質を落とすことなく状態が安定されるのを祈念します。






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

グリーンイグアナの尻尾切断

こんにちは 院長の伊藤です。

手術ラッシュもやっと落ち着きましたので、ブログに割く時間が取れるようになりました。

本日ご紹介しますのは、グリーンイグアナの尻尾の障害です。

グリーンイグアナは尻尾が非常に長く、特に室内ではドアに挟んだりして外傷を受けるケースが多いです。



グリーンイグアナのエレン君(性別不明、2歳)は尻尾をドアで挟み、ブラブラになっているとのことで来院されました。



下写真は尻尾の障害部です。

皮膚および尻尾の筋肉は断裂しており、離断筋肉の一部は外部に突出しています。

見るからに痛々しい状態ですね。



レントゲン撮影をしました。

体幹部の障害はないようです。





次に尻尾の画像です。

下写真の黄色丸はドアで挟まれた部位です。



患部を拡大しますと尾椎の中央部に近い所(黄色矢印)で骨折しています。



今回のような骨折に加えて、周囲組織の激しい挫滅を伴うケースは、尾椎を離断します。

飼い主様のご了解を頂き、エレン君の尻尾を離断する手術を実施しました。

ガスマスクで導入麻酔をかけます。



イソフルランの匂いに反応してエレン君は暴れましたが、次第に麻酔が効き始めます。





患部を消毒します。





グリーンイグアナは強靭な尻尾を持ち、この尻尾の一撃を食らうだけでも、それなりのダメージは覚悟しなくてはなりません。

それを裏付けるような、太い立派な尻尾の筋肉です。



骨は完全に骨折しているのをレントゲンで確認していますので、バイポーラ(電気メス)を用いて止血・離断をします。



尻尾の筋肉のみで繋がっている状態でした。



筋肉を離断して、断尾完了です。



離断した尻尾です。



次に離断した尻尾の断端を処置します。

骨折している尾椎の関節部までをロンジュールで切除します。



尻尾には太い血管が走っていますので、尾椎骨を一つ外すだけでも出血が始まります。



再度、バイポーラで止血します。



止血が完了し、創部のトリミングが完了しました。



次に皮膚を縫合します。









縫合はこれで終了です。



覚醒後に尻尾を振って創部が開くのを防ぐため、瞬間接着剤で縫合部を保護します。



グリーンイグアナの全身麻酔は麻酔深度調整が難しいです。

短時間の手術でも覚醒に非常に時間がかかったり、発情期にあってはどれだけ麻酔量を増やしてもかかりません。

今回のエレン君は、その点難しいことなく麻酔導入・維持・覚醒に至ることが出来ました。



術後でまだ麻酔が抜け切れてないエレン君です。







少しずつ意識が戻ってきました。





意識が戻ると突然走り出したりするため、しっかり保定します。



覚醒後のエレン君ですが、歩行はしっかりしており麻酔による問題はなさそうです。



下写真黄色丸が切断した尻尾です。



術後の経過もよく、エレン君は当日退院して頂きました。

術後二週間の患部です。

問題なく皮膚も癒合してます。



抜糸しています。



患部が無事、治っているか確認するまで爬虫類の外傷は油断できません。



最後に飼主様とのツーショットです。

エレン君、お疲れ様でした!

グリーンイグアナを飼育されている飼主様、くれぐれもドアを閉めるときはご注意ください。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

ヒョウモントカゲモドキの卵閉塞(開腹摘出手術)

こんにちは 院長の伊藤です。

生物は、何らかの疾病に罹患すると症状として食欲不振が現れます。

犬や猫などの哺乳類なら食欲不振といっても、毎日食餌を摂るわけで、明らかに今日は一日食欲がないと見ていれば分かります。

ところが、爬虫類になりますと1、2週間に1度の食餌が日常になりますから、食欲不振の指標が非常に不明瞭となります。

本日は、食欲不振から手術に至ったヒョウモントカゲモドキの症例です。



ヒョウモントカゲモドキのマメちゃん(推定年齢2歳、雌)はこの1か月まったく食餌を摂っていないとのことで来院されました。



マメちゃんの両眼は窪んでおり、脱水の進行が認められます。

ヒョウモントカゲモドキの健康のバロメーターとされる尻尾のプリプリした膨らみもなく、萎んだ状態になっており、栄養不良が伺えます。



腹部を触診すると腹部両側が腫大しているのが判明しました(下写真黄色矢印)。



軽く腹部を圧迫すると総排泄腔から膿が出て来ました(下写真黄色丸)。



レントゲン撮影を実施しました。

黄色矢印は卵を示しています。





卵の拡大写真です。



マメちゃんはおそらく1か月以上前から卵閉塞の状態に陥っていた可能性があります。

爬虫類の場合、低カルシウム血症や卵管の収縮不全のために卵閉塞なることは稀です。

むしろ卵管や総排泄腔を物理的に通過できなくなることが卵閉塞の原因とされます。

卵が大きすぎたり、骨盤が狭くて卵が通過できなかったり、卵の表面が凸凹して卵管内を円滑に下降できない等です。

マメちゃんの場合は、卵が骨盤と比較して過大であることが卵閉塞の原因と思われます。

内科的療法で対処するステージではなく、外科的に卵を摘出する必要があると感じました。

食欲不振や脱水も進行していますので、麻酔のリスクもあり慎重に手術を実施させて頂きました。

イソフルランを吸入させるため麻酔導入箱に入ってもらいます。



ほどなくマメちゃんは麻酔が効いてきました。



マメちゃんの口にマスクを付け維持麻酔に切り替えます。



腹部を消毒して開腹手術に移ります。





小さなヒョウモントカゲモドキとはいえ、皮膚の鱗はメスで直線に切るのは硬く慎重さが要求されます。



皮膚を切開し、卵管にアプローチします。



卵の直上からメスで卵管に切開を入れます。



卵を鉗子で把持して摘出します。



卵の卵殻は非常に柔らかく強い力を加えると破れてしまいそうです。

卵管内は膿が貯留しており、腐敗臭を伴っています。



卵管内を洗浄して縫合します。









最後に皮膚を縫合します。



同じ要領で反対側も対処していきます。



両側の卵を摘出するとマメちゃんのお腹はペッちゃんこになりました。

腹腔内の大部分を卵が占有してしまい、消化管は圧迫され食欲がないのは頷けます。





下写真は摘出した卵です。

全長は30㎜もありました。

卵殻は非常に柔らかく、十分なカルシウムが卵殻に分泌されていないようです。

個体が卵を持つ以前の飼育環境と個体の栄養状態によって、卵閉塞が引き起こされる場合も多いです。



手術終了直後のマメちゃんです。



補注類は変温動物ですから、麻酔により低体温になりますのでしっかり保温します。



意識が戻ってきたところでブドウ糖や抗生剤を与えます。



麻酔から覚醒がスムーズにできるか心配していましたが、問題なく覚醒できました。

爬虫類の外科手術後の管理は非常に大変です。

手術のストレスで拒食に陥ることも多く、哺乳類の様にシンプルなものではありません。



非常に残念ながらマメちゃんは退院後に急逝されました。

術前に既に栄養状態が悪かったことも、術後のストレスに耐えられなかったことの原因かもしれません。

爬虫類や鳥類に多いとされる代謝性骨疾患(MBD)にマメちゃんは罹患していた可能性があります。


卵閉塞は、飼育の不備、不適当な温度管理、不十分な食事内容、脱水、産卵前の感染やその他ストレスなどの原因が複合的に重なってにおこるとされます。
 
日常から食事や飼育環境を十分に整えて、自力で産卵できる健康状態を維持し、事前に十分な産卵環境を整えてあげることが重要です。






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。




宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

アルマジロトカゲの代謝性骨疾患(MBD)


こんにちは 院長の伊藤です。

最近、トカゲ類の来院が多いのですが、本日ご紹介させて頂くのはアルマジロトカゲです。

アルマジロトカゲは、南アフリカ共和国に住むトカゲです。

最大全長20cm級となり、昼行性で岩場に棲息します。

敵に襲われると尾を咥えて丸くなる姿勢をとることから、アルマジロトカゲという名がついたそうです。

飼育下繁殖個体がまれに流通していますが、価格も高価とされています。

そんな珍しいアルマジロトカゲです。



アルマジロトカゲのマルちゃん(雌、年齢不明)は前足に力が入らないとのことで来院されました。



下写真の黄色丸の前足の足首(手根関節)をご覧ください。



黄色矢印の示すように手根関節から下がナックリングを示しています。



実際、歩行させると両前足には力が入らず、手根関節に支点にした匍匐前進のスタイルをとってしまいます。





関節部に疼痛を伴っているようです。

まずはレントゲン撮影を実施することにしました。



レントゲン上では骨折や脱臼は認められません。

一方、骨密度は低いようです。

マルちゃんは実年齢は不明なんですが、全長は10㎝ちょっとぐらいのため、まだ成長期と思われます。



以前に代謝性骨疾患(MBD)についてコメントさせて頂きました。

興味のある方はこちらをご覧ください。




トカゲ類で特に成長期に多いのが、この代謝性骨疾患(MBD)です。

紫外線照射量とビタミンD3の摂取量が不十分だと腸管からのカルシウム吸収率が低下し、結果として骨からカルシウムが溶けだし(脱灰)、骨が脆弱化して疼痛や神経症状が現れるのがMBDです。

マルちゃんはMBDにより、四肢骨が脆弱化して疼痛を生じ、ナックリングに至ったと推察されます。

治療法としては、紫外線ランプによる紫外線照射量を増やすこと、ビタミンD3に加えてカルシウム剤の投与が必要となります。

爬虫類や鳥類で跛行や神経症状が絡んでくるとこのMBDが関与していることが多いように思います。

神経症状については、こちらを参照下さい。





MBDが進行して骨の変形、特に脊椎湾曲症や骨の脆弱化に伴う骨折が、症状として出るようになると治療の効果が期待できない場合もありますので要注意です。

爬虫類は飼育法(飼育環境や給餌)にまつわる問題から疾病が引き起こされることが非常に多いのでご注意ください!






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

テグートカゲの直腸脱


こんにちは 院長の伊藤です。

皆さん、トカゲの仲間であるテグーについてご存知でしょうか?

正確にはテグートカゲ科Tupinambis属の総称です。

南米に棲息し、一般には草食ですが、生卵などの動物性蛋白質も好むとされてます。

体長は1mぐらいになり、体重も2㎏台まで成長します。

恐竜の面影を残しており、個人的に好きなトカゲです。


アルゼンチン・ブラック&ホワイトというカラーのテグートカゲのポポちゃん(10か月齢、体重1.9㎏、性別不明)は直腸が飛び出て戻らないとのことで来院されました。







トカゲの仲間はお腹を仰向けにすると怒り出す個体が多く、尻尾による攻撃には注意が必要となります。

したがって、直腸脱の場合は神輿を担ぐようにして個体を伏せの状態で上に持ち上げ患部を確認します。

下写真黄色丸の部位が脱出した直腸です。



体格も大きな個体なので、直腸脱になりますと胴体の体重直接、直腸に荷重したり床材との干渉があったりで直腸は傷だらけになっています。

早速、直腸を消毒して傷の確認をします。





幸い直腸の縫合を必要とするほどの傷は見当たりません。

脱出した直腸を総排泄腔の中に優しく戻していくこととしました。



直腸の表面には、滑りをよくするためにオイルを塗ります。



直腸を紙ガーゼで包みこんで、優しく押し戻していきます。





綺麗に戻りました。



ただこのままでは、腹圧をかけていきんだりすれば再脱出の可能性がありますので、総排泄腔の両端を縫合します。





下写真の黄色丸が総排泄腔の両端を縫合した部位です。



この縫合した状態で排便・排尿が可能であれば、1週間ほど経過観察して、縫合糸を抜糸して治療は終了です。

しばらく保定されたのでポポちゃんは疲れたようですね。







さて、1週間後のポポちゃんです。



患部からの直腸脱出もなく、排便・排尿も問題なく出来ているとのことでした。

早速、抜糸に移ります。

治療はこれで終了となります。



一般に直腸脱の原因は腹圧をかけていきむ所作を繰り返して起こることが多いです。

例えば下痢をするとか、産卵をするといった場合、あるいは怒りっぽい性格で周囲を威嚇する習性があるなどの場合です。

今回のポポちゃんの場合、下痢はしていなかったとのことです。

原因は不明ですが、今後の経過観察は必要です。







にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けたらブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31