犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

ウェルシュ・コーギーの軟部組織肉腫

こんにちは 院長の伊藤です。

今回、ご紹介しますのは軟部組織肉腫という腫瘍の摘出手術です。

ウェルシュコーギーの半蔵君(11歳7か月・雄)は右側腹部にしこりがあるとのことで来院されました。



患部を針生検で細胞診したのが下写真です。




病理医から軟部組織由来の間葉系腫瘍、つまり悪性腫瘍との診断を受けました。

触診では、患部は皮下組織に限局しているように思えました。

レントゲン撮影、エコー検査で遠隔部の転移が無いことを確認しました。

日を改めて、半蔵君の腫瘍を摘出することとしました。

下写真黄色丸は全身麻酔下の半蔵君の腫瘍を指します。





転移を防ぐため、腫瘍組織のマージン(縁取り)を出来るだけ広く取りつつ、摘出します。





半蔵君の皮下脂肪が思いのほか厚く、えぐるような感じで筋肉層まで脂肪組織を切開していきます。



ところどころに太い血管も走っており、不用意に切断しないようにメスを進めていきます。



電気メスで出血部は凝固させます。



腫瘍組織自体は皮下組織でとどまっていましたが、接触の可能性がある筋膜層も1層切除することにしました。



切除した腫瘍です。



半蔵君の摘出後の皮下組織を死腔ができないよう細かく縫合していきます。





手術終了時の患部です。



麻酔覚醒直後の半蔵君です。

お疲れ様でした。



摘出した腫瘍とそのマージンです。



この腫瘍を病理検査に出しました。

下写真が高倍率の病理組織顕微鏡像です。

一面が腫瘍性紡錘形細胞で敷き詰められています。



病理医の診断は軟部組織肉腫・グレード2と判明しました。

軟部組織肉腫は悪性腫瘍に分類されます。

その発生部位に応じて線維肉腫、血管周囲腫、脂肪肉腫などと呼称されますが、その特徴は共通していますので軟部組織肉腫として一つのグループにまとめられています。

悪性度により、転移という現象が悪性腫瘍には認められます。

軟部組織肉腫はグレード(悪性度)3まであり、外科的切除後の転移率はグレード1が13%、2が7%、3が41%という報告があります。

軟部組織肉腫は、比較的遠隔転移が起こりにくい腫瘍とされています。

ゆっくりこの腫瘍は成長していき、多くは臨床症状を示さないことが多いです。

グレード3の症例には、外科的手術に加えて化学療法が推奨されていますが、この軟部組織肉腫の化学療法の効果についてはほとんど報告されていません。

半蔵君はグレード2とのことで今回は、外科的切除で対応させて頂き、経過観察することとしました。

退院時の半蔵君です。



そして2週間後の抜糸した半蔵君の患部です。

綺麗に縫合部の皮膚はついています。



術後3か月近く経過した現在、転移もなく半蔵君の状態は良好です。

今後の経過を慎重に診ていきたいと思います。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。


投稿者 院長 | 記事URL

6年間我慢の子でした!(シーズーの上顎第4前臼歯根尖周囲病巣)


こんにちは 院長の伊藤です。

犬の歯周病に最近、関心を持たれる方が増えているようです。

デンタルケアについて、患者様からご質問を受けることが多いです。

歯周病予防は、いかに幼犬期からデンタルケアの習慣付けが出来るかにかかっていると言えます。

特に4,5歳以降に臼歯に歯石が付着して、歯根部が炎症に至り、最終的に根尖周囲病巣となります。

この根尖周囲病巣が上顎の第4前臼歯に生じると眼の下に瘻管が形成され、排膿が起こります。

第4前臼歯根尖周囲病巣については、以前こちらにコメントさせて頂きました。

本日、ご紹介しますのはこの第4前臼歯根尖周囲病巣になって6年間排膿し続け、やっと抜歯して完治したという症例です。




シーズーのジャック君(7歳、去勢済)は1歳7か月齢で左眼の下あたりから血膿が流れ始めました。

まだ若いけれど歯石が第4前臼歯に付着しており、上顎第4前臼歯根尖膿瘍に至っていると診断して上顎第4前臼歯の抜歯をお勧めしました。

しかし、飼い主様は抜歯するより抗生剤で抑えて行きたいという意向です。

抗生剤の投与で多少の排膿は抑えられるかもしれませんが、本態療法としては抜歯をしない限り無理です。

それでも飼い主様の都合で内科的療法を継続することとなりました。

各種の抗生剤を交代しながら投薬をしました。

耐性菌が生じたらとの心配もありました。

毎日連続投薬するというのではなく、排膿が酷い時に不定期に投薬するという感じです。

時は流れ、この不定期投薬が6年近く続きました。

この6年間は左眼下の排膿は持続的にあり、ジャック君の左側顔面は診察の度に濡れている状態でした。



そんな中、飼い主様から抜歯したいと今年7月に入り、オファーを受けました。

実際、内科的療法でこの第4前臼歯根尖周囲病巣は完治することはなく、ジャック君の左眼の下は相変わらず膿で汚れています(下写真黄色丸)。

長年、ジャック君にとって不快であったと思われる第4前臼歯根尖周囲病巣を一掃できる日が到来しました。



ジャック君の歯をレントゲン撮影しました。

第4前臼歯根尖周囲の骨吸収像が認められます。



早速、抜歯を実施することとします。

ジャック君には全身麻酔で寝て頂きます。



ジャック君の左眼下を注意深く見ていきますと下写真の通り、歯根部からの排膿のための瘻管が見つかりました。

鉗子先端で瘻管の穴に挿入すると深い所まで挿入可能でした。



下写真黄色丸が瘻管の開口部です。



これからが本番です。

テーパータイプのダイアモンドバーで第4前臼歯を分割していきます。



第4前臼歯は歯根が3本ありますので、2か所分割をして抜歯します。



分割した臼歯をエレベーターで歯槽骨から脱臼させます。



抜歯鉗子で歯根ごと抜きます。



下写真は抜歯した跡です。

これだけではダメで抜歯した跡の歯槽骨のトリミングが必要です。



ロンジュールトという骨を砕く鉗子で抜歯窩周囲歯槽骨の鋭利な部位をトリミングします。



その後、ラウンドタイプのダイアモンドバーで細かな歯槽骨を削って行きます。



歯槽骨のトリミングが終了後、歯肉を縫合します。



下写真は歯肉を縫合完了したところです。



麻酔覚醒直後のジャック君です。

お疲れ様でした。



さて、2週間後に来院したジャック君です。

抜歯後の左眼下の排膿はなくなり、綺麗になっています。





6年間の内服で完治できなかったものが、数十分の抜歯で眼下排膿(外歯瘻)は治せます。

歯については、特に抜歯が絡んだ歯科疾患になると悩まれる飼主様が多いのも事実です。

内科的な治療では限界があること、ワンちゃん自身の疼痛感・ストレスを考慮するならば、早めの抜歯をご選択して頂きたいと思います。

たとえ臼歯の抜歯でも、食生活に不自由することはほとんどありません。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。



投稿者 院長 | 記事URL

犬の変形性関節症


こんにちは 院長の伊藤です。

当院の看板犬のベティ(ゴールデンレトリバー)も今月で13歳になりました。

大型犬の13歳はヒトの年齢に換算すると96歳位になるそうです。

この数か月前から後肢の歩様も千鳥足っぽくなり、運動するのを避ける傾向が出てきてます。

大型犬は特に10歳を過ぎると後肢の筋力低下が著しくなりますね。

ペットの高齢化が進む中、整形外科的な問題は必然的に現れてきます。




本日、ご紹介させて頂きますのは犬の変形性関節症です。

以前、猫の変形性関節症についてはこちらでコメントさせて頂きました。

シェルティのトランプ君(13歳4か月、去勢済)は左前肢を拳上させて、痛そうにしているとのことで来院されました。



トランプ君の左前肢を触診したところ、肘の関節が腫脹していること、肘関節の可動域が限られてスムーズな運動が出来ていないことが判明しました。







早速、レントゲン撮影しました。

写真黄色丸は左前肢の肘関節です。

右肘関節との違いがお分かりいただけますか?



下は拡大した写真です。

黄色丸で囲んだ部分が、凸凹の形状の増生した骨組織(骨棘)が認められます。



下は側臥状態の写真です。



肘関節を拡大したのが下の写真です。




上腕骨滑車を中心に関節軟骨が摩耗して、変形が起こり骨棘(こつきょく)が形成されています。

骨棘については、こちらを参考にして下さい。



トランプ君の場合は、変形性関節症といわれる年齢と共に関節軟骨が摩耗して、関節の形が変わったりする疾病です。

変形性関節症の関節内はクッションのような働きをする関節軟骨の減少に伴って、関節運動の度に骨同志がぶつかる現象が起きています。

その結果として、関節が熱感を帯びたり、腫脹して関節の可動域が狭くなったりします。

当然、疼痛感も伴いますので関節を動かすことが辛くなってきます。

この変形性関節症は進行性の疾病ですから、早期発見・早期治療で関節症の進行を抑えていく必要があります。



疼痛の軽減、患肢の機能回復、関節軟骨の再生を治療の目標とします。

疼痛管理のために非ステロイド系消炎剤を投与します。

患肢の機能回復のためには、専門的なリハビリ運動を必要とします。

関節軟骨の再生のためには、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、亜鉛、銅等を含むサプリメントで補っていきます。

特に肥満の犬の場合は、必ず関節障害が絡んできます。

肥満であることが運動量の減少につながりますので、さらに肥満に拍車をかけていきます。

したがって、ダイエット計画を立てたうえで変形関節症の治療プログラムを作る必要があります。


今回、トランプ君はスリムな体型のため、ダイエット計画は不要で先に挙げた3つの目標をクリアできるよう努力して頂きます。



変形性関節症は8歳以上で発症率が高い点、歩き方がぎこちない、関節部を触ろうとすると怒るといった症状から見つかることが多いです。

高齢犬を飼育されている飼主様、お散歩の時に一度ワンちゃんの歩行の仕方をよく観察して下さいね。






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

大型犬(ボルゾイ)の避妊手術


こんにんちは!  院長の伊藤です。


最近はチワワ、トイプードル等の小型犬が圧倒的多数を占める現在のペット市場ですが、勿論大型犬の愛好家の方々も少数派ながらみえます。

当院でも、体重60Kgを超えるニューファンドランドやバーニーズマウンテンドッグ、秋田犬、ホワイトシェパード等など個性的な子達を外来で診察しています。

そんな大型犬の中でもひときわ異彩を放つ犬種にボルゾイがいます。

ボルゾイはロシア原産の大型のサイトハウンドです。

走行速度が50kmと俊足です。

オオカミ狩りの猟犬としてロシアの貴族に飼育されていたという歴史もあるそうです。



本日は、そんなボルゾイの避妊手術の風景を載せます。

小型犬の子宮疾患、たとえば子宮蓄膿症などは当院のブログ記事にも頻出しますが、案外大型犬の手術模様は過去にもあまり載せていません。

常日頃、避妊去勢の必要性を説く立場にあっては、片手落ちと言うことで、どんな感じの手術かをご紹介させて頂きます。。




ボルゾイのセシルちゃん(3歳8か月、雌、25kg)は避妊手術を受けて頂くこととなりました。



ボルゾイの特徴である最大65cm近くになる体高の高さです。

診察台に乗りますと、これがなかなか高い位置に来まして、耳掃除で耳をマッサージするにも大変だったりします。

下写真はセシルちゃんの前足に点滴用の留置針を入れるための処置をしているところです。

ちなみに当院スタッフは踏み台の上に載って保定しています。



体は薄いけど、四肢は非常に長いので保定するにはコツが要ります。



この留置針プラグから麻酔前投薬を行い、セシルちゃんの筋肉が弛緩し始めたら気管チューブを挿管します。



イソフルランで吸入麻酔開始して側臥状態のセシルちゃんです。

手術台では頭一つ分飛び出してしまうため、段ボール箱を積んで頭部を支えてます。



患部を剃毛して消毒します。



肢が長すぎて手術台を跨ぐという感じです。





早速手術開始です。



卵巣動静脈をバイクランプでシーリングしているところです。



子宮頸管を縫合糸で結紮しているところです。



腹膜、腹筋、皮下組織、皮膚を縫合して終了です。



摘出した卵巣と子宮です。

体格にあった大きな臓器です。




吸入麻酔装置をオフにして、自発呼吸が出て来ましたら気管チューブを抜管します。

下写真は、意識レベルがだんだん戻ってきてしっかりしてきたセシルちゃんです。




一泊入院して頂き、翌日退院です。

患部からの出血もなく、足取りもしっかりしているセシルちゃんです。



セシルちゃんはボルゾイの中でもそれほど大きくはなく、標準サイズのケージを2ブロックつなげて何とか入院して頂けました。

ボルゾイは特殊な体型のため、規格外になります。

雄のボルゾイだと入院は厳しいかもしれません。

大型犬の飼主様にあっては、去勢や避妊は躊躇される方が小型犬に比べて多いように思います。

一般に寿命も大型犬の方が短いですし、それだけ若い年齢での疾病は多くなります。

未去勢、未避妊による疾病(前立腺肥大、会陰ヘルニア、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症等など)を予防するためにも去勢・避妊をご検討されると良いと思います。




セシルちゃん、お疲れ様でした。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31