犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウ―パールーパー・カエルの疾病

ネコメガエル 二題

こんにちは 院長の伊藤です。

年明けから手術に追われてブログの更新が遅れております。

加えて昨年末にホームページのコンテンツ・リニューアルが完成予定とお伝えいたしましたが、まだ完成に至っておりません。

鋭意努力中につき、しばしお待ちください。


年明けの話題としてカエルを選択させて頂きます。

アマガエル科のカエルが自分は好きです。

今回は、アマガエル科の中のネコメガエル属について述べます。


ソバージュネコメガエルのルイ君は左後肢の皮膚がけがをしたとのことで来院されました。



ソバージュネコメガエルはアルゼンチン・パラグアイに分布する樹上生活カエルです。

雨季と乾季に分かれる地域で生活するため、乾季の乾燥から皮膚を保護するためにワックス状の分泌物を分泌します。

そのため皮膚は丈夫で、独特の光沢を放ちます。

多湿な環境にはなじめないため、飼育ケージ内は通気性を確保する必要があります。



さてルイ君ですが、左足の外側面を皮膚欠損しています。



両生類の皮膚欠損は広範囲に及ぶものは皮膚を縫合するケースもありますが、今回のような小さなエリアでは抗生剤軟膏などの頻回塗布で皮膚再生を待ちます。

下写真は、欠損部に肉芽組織再生を促すクリームを塗布しているところです。



水中生活するカエルではこのような外用薬塗布だけでは十分な治療が出来ません。

樹上棲カエルであったのが不幸中の幸いです。










次にご紹介しますのは、ジャイアントネコメガエル(和名:フタイロネコメガエル)のネコメ君(3歳、雄)です。

名前の通り、ネコメガエル属の中では最大級のカエルで全長12cmまで発育します。





ペルー、ブラジル、コロンビアなどのアマゾン水系に棲息しています。

ソバージュネコメガエル同様、樹上棲カエルです。

日本にも輸入されてはいますが、野生個体が多く、その流通量は少ないとされます。

見かけることの少ない貴重なカエルです。



皮膚からはアルカロイド系の刺激性の強い毒物を分泌します。

この毒をインディオ達は狩猟のために弓矢に塗布したり、儀式に使用したりしていたという歴史があります。



樹上で生活するため、木との干渉で皮膚の外傷は比較的多いです。

先のルイ君同様、外用薬塗布で治療を進めさせて頂きました。





1か月後のネコメ君です。



下写真黄色矢印が当初、皮膚が受傷していた部位です。

現在は綺麗に治癒しているのがお分かり頂けると思います。



樹上棲カエルは総称してツリーフロッグと呼ばれています。

ツリーフロッグ愛好家が国内でも増えているそうです。

棲息域に合わせて、飼育環境を再現しなくてはなりません。

樹上で立体活動をするため、高さのあるケージが必要です。

特に今回ご紹介したネコメガエルは雨季と乾季のある地域帯に棲息します。

一方、日本は四季があり、季節ごとに温度・湿度の微調整が必要となり、飼育は難しいとされます。



両生類や爬虫類の愛好家の方達は、私が足元に及ばない程の知識や飼育の経験を積まれた方々がみえます。

愛好家の方達から色々勉強させて頂き、治療に還元したいと思います。







にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

カエルの角膜脂質症

こんにちは 院長の伊藤です。

本日は久しぶりにカエルの疾病についてコメントさせて頂きます。

両生類であるカエルは、眼病に罹患する機会が多いと言えます。

水辺に生息する点から、細菌・ウィルス・真菌の感染を受ける機会が多いこと、あるいは解剖学的に両眼が突出しており、激しくジャンプしたりして眼の外傷を受ける機会も多いです。

そんなカエルですが、両生類の眼病はまだまだ不明の点も多く、明確な治療法も分からないことが多いとされます。



今回ご紹介しますのは、カエルの角膜脂質症です。

アフリカウシガエル(雌、6歳)は両眼が白くなったとのことで来院されました。



下写真黄色矢印が角膜が白くなっている部位です。





この症状は角膜浮腫、角膜炎、ブドウ膜炎等との鑑別が必要になってきます。

角膜脂質症は、そもそも栄養学的な問題が背景にあって起こります。

高コレステロールの餌を多給されることで発症すると言われます。

両生類に限った疾病ではなく、犬でもこの角膜脂質症は日常的に遭遇します。



ソバージュネコメガエルなどの樹上生活を送るカエルに多いとされます。

最初は角膜臨部が白濁し、ついで角膜全体にコレステロールが沈着して視力が低下して行きます。

視覚障害が進行しますと餌を捕食することが出来なくなり、拒食・栄養障害に至ります。

まずは、高蛋白・低カロリー食による食餌の改善から始める必要があります。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

アフリカウシガエルの外傷(皮膚欠損)


こんにちは 院長の伊藤です。

当院では、両生類の治療も実施しておりますが、このところの猛暑から色々な疾病になり、来院される両生類も増えてます。

本日、ご紹介しますのはアフリカウシガエルの外傷による皮膚欠損です。


アフリカウシガエルは、両生綱無尾目アカガエル科に分類されるカエルです。

アフリカ大陸に分布し、雄が雌よりも大きくなるという特徴があります。

食性は動物食で、昆虫・小型鳥類・小形哺乳類・そして共食いも行うとされます。

雄は繁殖期になると水場の近くで幼生(オタマジャクシ)を守り、近づいてきた動物に対して威嚇したり、咬みついたりします。


そんなアフリカウシガエル君(名前はなし、雄、年齢1歳未満くらい,)が左の脇腹の皮膚がたるんで変色しているとのことで来院されました。



下写真の黄色丸がその病変部です。





患部は、何か強い力で皮膚が引っ張られて、断裂する手前の状態です。

伸びきった皮膚の周辺は内出血の跡が認められます。

皮膚の一部は欠損していました。





鉗子で皮膚欠損している部位を確認しています。



腹筋を穿孔した傷は無いようで、皮下を洗浄します。





患部周辺を局所麻酔するために塩酸リドカインのスプレーをします。



既に壊死しかけている皮膚を切除するためにトリミングを行います。





もともとカエルの皮膚は強靭な作りになっていますが、強い力が加わり皮膚が伸長しきってしまったようです(下写真白矢印)。



半導体レーザーで伸長した皮膚を切除していきます。



下写真の青矢印は強靭な腹筋です。



皮膚をトリミングした後は、縫合します。







このアフリカウシガエル君は大人しく、暴れることもなく無事皮膚縫合は完了しました。







両生類は当然のことながら、水辺での生活となりますから、外傷を受けると二次的な細菌感染が懸念されます。



皮膚縫合が完了するまでは、薬浴(メチレンブルー)をしていただくよう指示させて頂きました。



局所麻酔だけで対応できたので助かりましたが、実際カエルの外来は外傷治療が多いです。

強靭なカエルはそのままで傷が治癒するケースもありますが、傷口からの二次感染で死亡するケースが多いように感じます。



両生類の外傷は早めに治療を受けるように強くお勧めします。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

ウーパールーパーの皮膚腫瘍

こんにちは 院長の伊藤です。


四月に入り、当院ではフィラリアの予防やら狂犬病ワクチン接種など、ワンちゃんにとってのイベントでバタバタしております。

来院の患者様にあっては、長い時間お待たせしなくてはならない場合もございます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

この場を借りてお詫び申し上げます。




さて、暫くぶりのブログになります。

本日ご紹介しますのは、ウーパールーパーの皮膚腫瘍です。

ウーパーのような両生類でも腫瘍が発生します。

くうちゃん(年齢、性別不詳)は左側鰓の付根から頭頂部にかけての腫脹が気になるとのことで来院されました。



下写真黄色丸がその腫脹している部位です。



くうちゃんの患部は細菌の感染によるものなのか、腫瘍なのか外部からでは判断がつきません。

細胞診をしました。



下写真がその細胞診の画像です。

青紫に染まった未分化の細胞が認められます。

細菌の感染はなく、腫瘍細胞であることが判明しました。





もともとウーパールーパーは組織損傷時に細胞の再生能力が高いとされます。

我々、哺乳類では指を切り落としたりしたらまた指が再生することはありませんが、ウーパーのような有尾類にあっては尻尾や指などは切り落としても再生がほどなく始まります。

卵子が受精して最初に分割した時点の細胞(胚細胞)は、生物のあらゆる部位の細胞に分化していく能力を持っています。

胚細胞は分割を繰り返していく中で、皮膚であったり尻尾であったり、細分化されてどの細胞になるか確定されていきます。

哺乳類では損傷した部位の細胞が異なる部位の細胞になることは、すでに分化が完成された細胞群ですから不可能です。

しかし、ウーパーは損傷すると受傷部位の細胞は、卵子の頃の胚細胞に戻り、どんな部位にも分化する体勢を整えます。

ですからウーパーの皮膚細胞は何らかの刺激で、場合によっては腫瘍細胞に分化するケースが多いと思われます。



今回の腫瘍は、正常の組織との境界が不明瞭であり、鰓の隣に発生しているものなので、外科的に切除することはリスクを伴います。

飼い主様とよく話合った結果、内科的な治療(化学療法)で対応することにしました。

両生類に抗生剤などを内服させての治療経験はたくさんあるのですが、抗がん剤を投薬した経験はありません。

試験的投薬になる点について、飼い主様にもご了解を得ました。

どんな抗がん剤を選択するかということが一番の問題です。

両生類は皮膚から薬を吸収することが可能です。

しかし、抗がん剤の皮膚からの吸収率(薬浴の場合)は不明で、やはり経口投薬が確実と思いました。

私の使用経験からピロキシカムという非ステロイド性抗炎症剤(NSAID)を選択しました。

このピロキシカムは抗がん剤ではありませんが、ガン治療の補助薬として使用されます。

特に当院では、犬以外にもジリスやプレーリードッグの口腔内扁平上皮癌の治療にピロキシカムを使用しています。

NSAIDによってシクロオキシゲナーゼ(COX)という体内の酵素が抑制されます。

ピロキシカムはCOX-2という酵素を抑制し、結果として血管新生阻害をもたらします。

腫瘍は周囲から栄養を引き込みますから、この栄養血管を障害して最終的に腫瘍細胞を兵糧攻めにします。



説明が長くなりました。

その後のくうちゃんの経過を写真でご覧いただきます。

内服1週間後です。

細胞診の時に穿刺した針の跡が内出血しています。



内服3週間後です。

腫瘍の大きさはあまり変わりません。



5週間目です。

患部はさらに大きくなってきました。



ピロキシカムの薬容量はあくまで犬を基準にくうちゃんの体重にスケールダウンして処方しました。

両生類の薬容量が残念ながら分かっていません。

ただピロキシカムの効果が認められないことで、薬用量を上げることにしました。

4倍量に挙げました。

7週間後です。





さらに患部は大きくなってきました。

腫瘍内部の出血があるようです。

ピロキシカムを10倍量に上げました。

投薬開始から10週間後です。



少し腫瘍が小さくなってきているのがお分かりでしょうか。

下写真は投薬開始11週です。







腫瘍の存在は分からないほど小さくなりました。

患部の発赤・内出血もなくなりました。

くうちゃんの食欲・元気も以前の状態に戻りました。

ピロキシカムの薬用量を10倍に上げてから劇的に変化が認められました。

はたして、この1例のみでピロキシカムが効果があるかは明言はできませんが、両生類にも哺乳類同様に抗腫瘍作用があるかもしれません。

その後のくうちゃんの経過も良好で、再発は認められません。

両生類の投薬は煩雑ですから、11週にわたる飼主様の投薬の情熱には頭が下がる思いです。

今後さらにくうちゃんの経過観察は必要と思われますし、外科的摘出不可能なケースで可能であればピロキシカム治療症例を増やしていきたく思います。


くうちゃん、お疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

ウーパールーパーの直腸脱


こんにちは 院長の伊藤です。

ウーパールーパーで、お尻から何か袋のようなものが飛び出しているという質問を受けることがあります。

これは、直腸脱といわれる症状でそのままにしておくと死に至る場合もあります。

鳥類や爬虫類、両生類は総排泄腔から糞便、尿、卵等、ひとつの穴から排出しますのでどうしても腹圧がかかる傾向にあります。

加えて、便秘や下痢など腸内環境が悪化すると腹圧をかけた時に直腸脱に至る場合も多いです。

本日、ご紹介するのはそんなウーパールーパーの直腸脱です。



ウーパールーパーのおコメちゃん(雌、6歳7か月)はお尻からの袋(風船状のようなもの)が突出して、戻らなくなり来院されました。



水中のおコメちゃんを見ますと、黄色丸の箇所が直腸が出ているところです。



患部(黄色丸)が総排泄行から大きく脱出していることがお分かり頂けると思います。



この脱出した直腸が破れると危険なので、優しく総排泄腔へと戻せるかトライします。





脱出している直腸の長さが大きいので、このまま収めることは困難です。

脱出している直腸内の内溶液(ほとんど水)を注射器で吸引して少しでも直腸を縮小させることにします。





直腸がある程度小さくなったところで、帰納させるべく押し戻していきます。



綿棒を使用して、優しく押し戻していきます。



脱出した直腸は、注射針で穿刺したり、綿棒での干渉もあり充血していますが、これは数日内に治まります。



下写真は脱出直腸が完全に帰納したところです。

ただこのまま綿棒を取り除きますと、腹圧で再脱出してしまうため総排泄腔の両端を5-0の縫合糸で縫合します。









ここで綿棒を外します。



帰納した直腸はしばらく様子をみましたが再脱出することはありません。



1週間ほどこの状態で経過観察し、脱出がなければ縫合糸を抜糸して治療は終了です。



ウーパールーパーはもともと代謝が低く、便秘になりがちと言われます。

餌に関しては、そんな便秘傾向がある場合、生餌に変えると良い場合も多いです。

また腸内環境が悪化する場合は、水質の劣化が原因にあることも多く、換水頻度を初めとして飼育環境の見直しが必要です。

おコメちゃんには、薬浴を最後にお勧めさせて頂きました。



おコメちゃん、お疲れ様でした!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31