犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

フクロモモンガの疾病

フクロモモンガの前肢断脚手術


こんにちは 院長の伊藤です。

フクロモモンガは他の動物と比較して、疾病の罹患率は低いと思います。

しかしながら、飼育法や飼育環境が問題となって、自傷行為事故による外傷が多い動物です。


今回、ご紹介しますのは保温のために巣箱に入れておいた毛布の線維が前肢に絡んで起こった悲劇です。

フクロモモンガのパゲロー君(雄、2歳)は右前肢に線維が巻き付いて外れなくて、本人が肢を齧っているとのことで来院されました。

下写真の黄色丸が右前肢の患部です。

ピンク色の線維が絡んでおり、パゲロー君は患部に触れると痛そうで抵抗します。



まずは繊維を外そうとしますが、絡み合って手強いです。

前肢を自咬して皮膚は裂け、筋肉層が露出しています。



繊維を外したあとの前肢は、干からびた小枝の様に指が硬く乾燥しています。

手根関節は既に可動することはできず、杖の様に硬化しています。



詳しく診ますと肘関節から指先にかけて、どす黒く変色があり、既に壊死が起こっています。



選択の余地なく、速やかに断脚手術を施すこととなりました。

全身麻酔を実施します。





患部をしっかり剃毛、消毒します。





犬や猫の場合は前肢断脚の場合は肩甲骨から下を離断することが一般的です。

肩甲骨まで離断すると胸を保護する筋肉層(浅胸筋、深胸筋)も一緒に摘出することになります。

フクロモモンガは垂直方向の動きをしますので、絶えず胸は環境中の障害物などとの干渉が予想されますので、あえて上腕骨近位を離断して筋肉で離断端を包括する方法を選択しました。

生きている組織にメスを入れていきます。



出血量を最小に抑えるため、電気メス(バイポーラ)で止血をまめにしていきます。





上腕骨を残して軟部組織は分割完了です。



骨剪刃で上腕骨を離断します。



離断したところです。特に出血も認めらません。



上腕骨離断面を筋肉で包み込むように縫合します。



筋肉の縫合終了です。



次いで皮下組織と皮膚を別々に縫合します。



パゲロー君の断脚手術は完了です。



あとは患部を自傷しないようカラーをして保護します。

術後に皮下にリンゲル液を輸液します。



パゲロー君の覚醒は速やかで、今のところ患部を自傷する傾向は認められません。



3本の肢でもしっかり、ケージに掴って移動することが出来ます。





冒頭で申し上げましたが、飼育環境の問題(今回は毛布の線維)が原因となって自傷行為による前肢の壊死に至ってます。

過去にもフクロモモンガの自傷行為は症例を載せていますので、興味のある方はこちらを参照下さい。

少なくとも、爪の過長に伴う事故を防ぐために定期的な爪切りはして下さい。

パゲロー君はあと約2週間、このカラー生活が必要です。

くれぐれも患部を自ら傷つけないで頂きたく思います。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガのペニス脱

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、フクロモモンガのペニス脱です。

過去に犬を初めとして、爬虫類のペニス脱についてもコメントさせて頂きました。

このペニス脱は緊急の状態であることが多いのですが、飼主様はのんびり構えて見えることが多いため、最終手段としてペニスを離断しなければならないこともあります。

今回はペニス離断を余儀なくされた症例です。



フクロモモンガのクウ君(1歳、雄)は1週間前からペニスが出て戻らないようだとのことで来院されました。

下写真の黄色丸がペニスです。





フクロモモンガは解剖学的にペニスの形状に特徴があります。

クウ君の患部を拡大します。



上写真の草色矢印がペニスです。

フクロモモンガのペニスは、先端が2つに分かれて2本のペニスがあるかのようです。

ペニスの二股に分かれた分岐部に尿道口があり、ここから排尿します(黄色矢印)。

有袋類と他の哺乳類の違いがこんなところに現れるんですね。


クウ君の場合、ペニスの先端が自咬で欠損しています。

ペニスの色がピンクではなく、どす黒く青紫色に変色し始めています。

残念ながらペニスが壊死を起こしている状態です。

フクロモモンガのペニス脱は初期段階であれば、もとに戻すことは容易ですが時間が経過するにつれ困難になっていきます。

今回、まずはペニスを戻す処置を行いましたが不可能でした。



壊死している部位が拡大するのを防ぐためにもペニスの離断が必要です。

特に壊死が尿道にまで及ぶと予後不良となりますので要注意です。

早速、手術を実施します。

クウ君に麻酔導入ケースに入ってもらいイソフルランで寝て頂きます。









尿道口の先端を保存する形でペニスを横一文字に電気メスでカットしていきます。





この長さまで離断するとペニスを容易に戻すことは可能です。



ペニスを戻したところです。



麻酔覚醒直後にクウ君は食餌を取り始めました。



そもそもフクロモモンガがなぜペニスを出したり、引っ込めたりするのかはグルーミングや性的なストレスによるものであると言われています。

今回は、クウ君の今後のことも考慮して去勢手術を一緒に実施しました。

術後の排尿も問題なく、経過も良好でクウ君には翌日退院して頂きました。



フクロモモンガはとてもデリケートな個体が多いようで、自咬症による復元手術は多いです。

術後の患部を自咬して、傷が拡大する個体も多いです。

去勢部位を保護するため、クウ君にはフェルト地のエリザベスカラーを装着させて頂きました。

ペニス脱でペニスの根元あたりを自咬して閉まった場合、尿道の開通を確保するために大変な努力を要します。

細くて狭い尿道が癒着してしまうとすぐに排尿障害を来し、尿毒症になって死亡する場合もあります。

したがって、ペニス脱が認められたら、直ちにフクロモモンガの診察が出来る病院を受診されることを強くお勧めします。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガのストルバイト尿石症


こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介するのはフクロモモンガのストルバイト尿石症です。

フクロモモンガの尿の性状については、健常時は酸性尿なのかアルカリ尿なのかも調べられていないように思います。

手元の資料・文献も記載がありません。

以前、ハムスターの尿石症(ストルバイト尿石)で治療の難しさをコメントさせて頂きました。

興味のある方はこちらをクリックして下さい。

ハムスター以上にフクロモモンガはその詳細は不明点が多いとされます。



フクロモモンガのシモンちゃん(7歳4か月齢、雌)は、何年か前から尿石(ストルバイト)があるということを他院の獣医師から指摘されており、また定期的に尿検査を受けていたそうです。



ただシモンちゃんは排尿障害とか血尿とかは全くありません。

そこで当院に転院されてから、定期的な尿検査を実施させて頂いてます。

その中で、たまたまストルバイト尿石を検出する機会がありました(毎回、ストルバイトが出るわけではありません)ので、紹介させて頂きます。

下写真はシモンちゃんの尿を顕微鏡で確認した像です。

低倍率像です。



高倍率像です。



明らかに形状からストルバイト結晶(リン酸アンモニウムマグネシウム)です。

量的にもそこそこの尿石が存在していると思われました。

これまでにもたくさんのフクロモモンガの診察をさせていただきましたが、ストルバイト結晶を認めたのはシモンちゃんだけです。


犬猫の尿pHは基本酸性尿です。

そして、犬猫のストルバイト尿石症の原因は、尿中のリン酸アンモニウムマグネシウムが過飽和状態であること。

そのための条件として、感染性スツルバイトの場合は尿路感染、ウレアーゼ酸性菌、アルカリ尿、遺伝的体質、食物が関連しています。

無菌性スツルバイトの場合は、食物性あるいは代謝性の因子が無菌性スツルバイト尿石形成に関連しているとされます。


ハムスターの場合もストルバイト尿石の形成要因が不明ですが、フクロモモンガはさらに分かりません。

恐らくは、犬猫に準じた要因で生じるものではないでしょうか。


シモンちゃんはフクロモモンガの雌の平均体重が95~135gのところ、260gという立派な体格をされています。









フクロモモンガは雑食性で、食餌の嗜好性が強く、バランスの取れた食餌を維持するのが困難とされます。

甘いものが好きな個体が多く、昆虫ゼリーや果実系を好む傾向があります。

多くの果実はタンパク質やカルシウムが足りません。

シモンちゃんはフクロモモンガ用ペレットを中心に昆虫やゼリーを与えているようです。

偏った食生活が尿石の原因ではないようですが、詳細はわかりません。

シモンちゃんのこれまでの尿pHは7~9というアルカリ尿で安定しています。

そうなるとフクロモモンガの尿pHは、ハムスターのアルカリ尿と同じなのかもしれません。

今回、このストルバイトの治療としてヒルズのS/dという療法食を試験的に食べてもらうこととしました。

4日後に尿検査をしましたが、ストルバイトは陰性でした。

フクロモモンガはアルカリ尿だとすれば、今後ストルバイト尿石は生じると思われます。

シモンちゃんは今のところ、尿路疾患は認められていません。

不明点は多いのですが、フクロモモンガの尿石症について今後、調査していきたいと思います。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。






投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガの自傷行為(その3)


フクロモモンガの自傷行為を以前から報告させて頂いてます。

本日はこの自傷行為、その3と言うことでご紹介します。


フクロモモンガのいいちこちゃん(1歳、雌)は食欲不振と言うことで 当院を受診し、気管支炎の疑いで内服を続けていただいてました。

10日ぐらい経過したところで、いいちこちゃんは自らの尻尾を齧るようになったそうです。

この時点でエリザベスカラーを装着して尻尾の自傷を喰いとめるべきだったかも知れません。

さらに10日ほど経過して、再診を受けられたいいちこちゃんの尻尾は壊死を起こしていました!



下写真は壊死を起こした尻尾です。



患部の剃毛をしたところ、壊死している箇所と健常な組織との境界が分かります。



緊急の状況なのですぐに断尾手術を実施することとしました。

ガスマスクに入れ、全身麻酔の導入を行います。



麻酔がかかったところで、自作のマスクにかえて患部を消毒します。





動脈からの出血を抑えるために黄色の紐で止血します。



患部をメスで切開したところ、膿が出て来ました。

この位置まで細菌が侵攻しているようなので、少し上をVの字に再切開します。



次に尾椎をロンジュールで砕いて摘出します。



電気メスで出血を確実に止めます。



尾椎を取り出して、余剰の皮膚を縫合して終了です。



実はフクロモモンガの問題はこれからです。

術後の管理が最大のポイントです。

患部を再度咬むことのないようフェルト地のカラーを装着します。



以前も自傷行為で述べたことですが、フクロモモンガは感染症に非常に弱い動物です。

その割に神経質で術後の患部は、気に入らなければとことん齧ろうとします。

傷口が完全に治るまで気を緩めることが出来ないです。

そもそも今回の症例も、なぜかいいちこちゃんが尻尾に関心を持って齧りだしたことが発端のようです。

何が原因でスイッチが入るかわからないのが、フクロモモンガひいてはエキゾッチクアニマルの難しい所でしょうね。

いいちこちゃん、傷口に関心を持たないでくださいね!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

アメリカモモンガのコクシジウム感染症

モモンガと言えば、フクロモモンガが最近ではポピュラーになってしまいました。

一方で、少数ですがアメリカモモンガの愛好家の方もみえます。

アメリカモモンガは齧歯類リス科モモンガ亜科に属するモモンガでリスの仲間です。

フクロモモンガは有袋類であり、カンガルー目フクロモモンガ科フクロモモンガ属に属します。

フクロモモンガはどちらかというと猿のイメージに近いのではないでしょうか?

一方、アメリカモモンガは空を滑空するムササビのイメージに近いと思います。

今回、ご紹介しますのはアメリカンモモンガのペアです。

アメリカモモンガのモモタ君(雄・年齢不明)とチョコちゃん(1歳、雌)です。





特にチョコちゃんは軟便・下痢便が長らく続くとのことでの受診です。

黄色丸が軟便を示しています。

自分で踏みつけてケージ内を汚しています。



特に際立って不調を示す臨床所見はないのですが、軟便が長引くということは寄生虫検査を含めた検便が必要です。

早速、検便をした結果、コクシジウムが検出されました。



拡大写真です。



サルファ剤をしばらく投薬して駆虫を実施します。

フクロモモンガでは圧倒的にジアルジア感染症が多いのに対して、アメリカモモンガはコクシジウム感染症というのは興味深いことです。

フクロモモンガのジアルジア感染症に興味をお持ちの方はこちらをクリックして下さい。





もしアメリカモモンガを飼育されていて、長きにわたる軟便が認められましたら、動物病院で検便を受けることをお勧めします。

モモタ君もチョコちゃんと一緒に駆虫をすることとなりました。

ペアと言うことは、2匹同時に治療を進行させなければ、病原体を移しあうこととなりますので止むを得ませんね。

そんなアメリカモモンガですが、輸入規制対象動物ということで取り扱っているショップも非常に少ない、今後希少種となると思われます。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



いつものup応援クリック、ありがとうございます!




投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30