犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬ワクチンの副作用

この文章をお読みの皆様は、定期的なワクチン接種を愛犬に受けさせていることと思います。

一般的には犬のワクチン接種には、狂犬病ワクチンとジステンパー・パルボ等の混合ワクチンがあります。

狂犬病予防法に準じて犬の飼育者には年に1回の狂犬病ワクチンの接種義務が課せられています。

一方、飼育者の任意でありますが、混合ワクチンも初年度は数回、翌年からは年1回の接種が必要となります。

いずれのワクチンも接種して何の副作用も生じなければ問題はないのですが、副作用が出て大変な目に遭われるケースもあります。

当院でも日常診療でワクチン接種は実施していますが、副作用として一番多いのがムーンフェイスと呼ばれる顔面の浮腫です。

接種後、数時間以内にあたかも顔面を殴られたかのような腫れがワクチン接種後に現れます。








ムーンフェイスになりますと多くの症例で、顔面の痒みを訴えます。

次の写真は別件のスムースダックスです。ワクチン接種後、顔面に丘疹がたくさん生じました。






そのままにしておいても約2~3日で症状は治まることが多いです。

当院ではステロイドを投薬し、ほぼ翌日には治まることが多いです。

ムーンフェイス以外に嘔吐や下痢という症状が見られる場合もあります。

ムーンフェイスで命に別状がある場合は遭遇したことが」ありませんが、次にご紹介するアナフィラキシーショックについては非常に怖いものがあります。

アナフィラキシーショックとは、体内に異物(今回はワクチンの成分)が侵入することで、この異物を体内が抗原と認識して追い出そうと生体自体が激烈なアレルギー反応を起こすことを言います。

アナフィラキシーショックは接種後、速ければ数分で症状が現れます。

具体的には、急激に血圧が低下し可視粘膜(歯茎、結膜など)が蒼白になります。

次いで興奮状態になり、よだれを出し、嘔吐・脱糞・放尿が起こります。

この状態で緊急処置をしないとショック(虚脱)状態になり、痙攣・呼吸困難・昏睡状態となり死亡します。

このダックス君はワクチン接種後、わずか数分で嘔吐が始まりその後、虚脱状態に陥りました。



急遽、血管を確保しエピネフリン、デキサメサゾン、ジフェンヒドラミンを静脈投与して輸液療法を開始しました。

歯茎は真っ白になり、涎は止まらず、痙攣がしばらく続き、眼振・除脈も出てきました。

かなり危険な状況になるかと思われましたが、数時間後には何とか容態は好転し始めました。

点滴は2日間に及び、容態も改善して、無事退院することが出来ました。




アナフィラキシーショックは緊急処置を必要としますので、迅速な対応ができるかが鍵となります。

毎年ワクチン接種をしていて、副作用のなかった子でも、今年接種したら副作用が出てしまったというケースもあります。

接種を受ける時間帯が夜の場合、自宅に帰られてから副作用の症状が出てしまったら、とても心配ですよね。

その頃には、すでに動物病院は閉まっていることだってあります。

出来ればワクチン接種は午前中にお受けいただいた方が賢明でしょう。

何度もワクチンの副作用が出るケースは接種を控えられた方が良いと思います。

感染症に罹る確率よりも、毎年のワクチン接種の副作用発症率の方がはるかに高いというのはナンセンスです。

例えば、狂犬病ワクチンでは狂犬病予防注射猶予制度が各市町村にありますので、動物病院で狂犬病予防注射猶予証明書を書いてもらい、申請書を提出していただければよいと思います。

ワクチン接種はワンちゃんの健康のために実施すべきものなんですが、100%安全なワクチンが開発されていないという事実があります。

我々、獣医師はワクチンメーカーを信頼して接種を実施していますが、副作用が出るか否かは正直、接種してみないとわかりません。

メーカーの技術者の皆さん、副作用のないワクチンを早く作ってください!!

切なる願いでした。



ワクチンの副作用、アナフィラキシーショックって怖いthunder
 

 
と感じられた方はこちらをupwardright クリック宜しくお願い致します!!
 












投稿者 院長 | 記事URL

犬の真性半陰陽

今回、ご紹介させていただきますのは真性半陰陽という珍しい症例です。

先日、スタッフブログ患者様ご紹介のコーナーで登場していただきましたスズちゃん(パグ、6歳)です。

卵巣の先天異常の一つに真性半陰陽があります。

これは、外観は雌で陰核が大きく、性腺には両側に卵精巣があるか片側ずつ卵巣と精巣とが存在するものがあります。

簡単に申し上げれば、女の子なんだけどお腹の中には睾丸があるワンちゃんです。



受診時に陰門から陰核が突出している点(黄色の矢印)に気づきました。





レントゲン撮影をしたところ下の写真にありますように黄色の丸・矢印で示したところに陰核の骨構造を認めました。

一般に雌の陰核には、雄の陰茎骨にあたる骨の構造物は存在しません。






この陰核内の骨が大きいと座ってる姿勢だと床面との接触で痛がったりするため外科的に摘出する場合もあります。

今回は、スズちゃんは疼痛を伴っていないようなので、そのまま経過を見ることとしました。

飼主様が避妊手術を希望されたので、開腹している写真が下のものです。



摘出した左右の生殖腺です。






本来ならば、上の写真の黄色矢印で示す卵巣の場所は卵巣嚢という袋に包まれているべきなのですが、そのまま露出した形態をとっています。

見た目も精巣及び精巣上体様でした。

雌としての子宮体・子宮角は持っているけど、卵巣の代わりに精巣が存在しているという感じです。

今回、この精巣と思しき組織の病理検査を実施しておりませんので詳細の報告ができません。

私自身、獣医師になって初めてこの半陰陽という症例に遭遇致しました。


犬の半陰陽って、初めて知った方は
 

こちらを upwardright 宜しかったらクリックして下さい!
 

投稿者 院長 | 記事URL

犬の会陰ヘルニア(前立腺脱出)

当院のホームページの去勢・避妊の項目で軽く会陰ヘルニアについてコメントしましたが、今回この会陰ヘルニアについて詳細を載せたいと思います。

去勢をせずにシニア世代を迎える雄犬は、会陰ヘルニアをよく発症します。

骨盤隔膜という骨盤腔内の臓器が突出するのを防ぐ筋肉群があります。

この筋肉が加齢や性ホルモン分泌などによって、薄くなったり欠損して筋肉の隙間を骨盤内の臓器が飛び出して、皮下にヘルニアを形成します。ヘルニアとは体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指します。

この状態を会陰ヘルニアというわけです。

脱出する臓器が、前立腺や膀胱であったり、直腸であったりします。

直腸の場合は、屈曲する直腸により排便時のしぶりや便秘が起こります。

自力で排便できず、飼い主様が肛門に指を入れて、摘便する場合もあります。

膀胱の場合は尿道が圧迫され、排尿障害に至り、緊急の手術が必要となります。

今回、ご紹介するのは10歳の未去勢雑種のチビ君です。

下の写真はお尻のアップです。







上の写真のように左側の会陰部が腫れ上がって、排便排尿時に非常に息むようになったとのことで来院されました。

血尿も混じるとのことで、緊急性もあり手術を実施することとなりました。

腫れている部分は皮下におそらくヘルニアが突出していますので、慎重に切開します。






この飛び出しているものはなんだと思いますか?

実は前立腺なんです。前立腺周囲嚢胞と言って、内部に浸出液を貯留しています。



実は前立腺嚢胞の内溶液を吸引しても、ヘルニア孔を介して脱出した前立腺を元の位置に収めることができませんでした。

前立腺が膀胱に比べてもかなり貯留液で膨満して大きくなっていました。




結局、下腹部を開腹して会陰部へ脱出している前立腺を腹腔内へ牽引しました。




上の写真で右端にあるのが膀胱です。左端に広がっているのが、内溶液を吸引後の前立腺です。



ここで前立腺全摘出も考えましたが、術後の出血・尿失禁等の合併症で術後の生活の質を悪化させる可能性があるため、今回は去勢を実施するのみで終了することとしました。

次に会陰部に戻り、ヘルニア孔を閉鎖する手術に移ります。

従来、この会陰エルニアの整復手術は決定版というものがなく、先に述べた骨盤隔膜を構成する筋肉(外肛門括約筋、肛門挙筋、内閉鎖筋、浅殿筋等)をうまく縫合して、ヘルニア孔を閉鎖する方法が報告されています。

今回、私が使用したのは人工材料としてのシリコンをヘルニア孔の閉鎖に用いました。

このシリコンプレートの利点は、手術時間が短時間で済むこと。多大な張力をかけて筋肉を引き寄せる必要がないので、骨盤隔膜が委縮してたり、薄くなっていても適応できるといったメリットがあります。

下の写真がシリコンプレートです。







周辺の筋肉にしっかりと縫合して、シリコンプレートのがたつき、浮きがないのを確認して皮膚縫合します。





会陰部の腫れも術前のようになく、すっきりしているのがお分かりいただけると思います。

その後の経過は、良好です。

この会陰ヘルニア整復手術は再発率が高く、骨盤隔膜の筋肉を利用する術式でも10~46%と米国で報告されています。

やはり、この疾患はなってから直すよりも早い時期に去勢手術を受けて、発症予防に努めていただきたいと思います。




会陰ヘルニアって大変!!早い時期の去勢手術って重要なんだなぁと思った方

ポチっとクリックお願いしますshine

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31