犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
ウサギの飼い方・健康管理の紹介

チンチラの飼い方
 健康管理の紹介


症例と治療例一覧
!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

齧歯目、チンチラ科、チンチラ属に分類され、オナガチンチラ、タンビ(チビオ)チンチラ、コスチナチンチラの3種に分けられます。
ペットとしてみられるは、ほとんどがオナガチンチラと言われています。

チンチラは毛皮の美しさから、絶滅の危機に陥った歴史もあり、野生のチンチラはチリの保護区の一部に数千頭が生き残っている程度です。
野生のチンチラは、アンデス山脈の標高の高い寒冷な乾燥地帯に生息しています。
夜行性の動物で、夕方から活動を始めるが、日中活動することもできます。
餌は低木の根や葉、皮、草や枯れ草、サボテンなどを食べます。飲み水は夜露や雪解け水などを飲みます。

特徴

寒く乾燥した気候に耐えるために進化した毛のため、高温多湿には耐えることができません。
皮脂腺からラノリンという物質が分泌され、皮膚の乾燥を防いだり、被毛に汚れがつきにくくしたりしますが、被毛が絡まないようにするために砂浴びで除去する必要があります。

すべての歯は、常生歯で一生伸び続けます。

前肢はとても器用で、片手で物をつかんだり、持ち上げたりできます。
後肢は跳躍するのに発達しており1mくらい垂直にジャンプできるといわれています。

雌雄鑑別として、雌は包皮のように見える円錐状の陰核を持ちます。膣閉鎖膜があり、発情期(3~5日間)と分娩時以外は基本的に閉じています。
雄は、鼠径輪が開口しており、陰嚢がありません。雌の陰核と雄の陰茎は似た突出した形になっているため、生殖突起と肛門の距離が短いのが雌で、距離が長いのが雄です。

繁殖特性

性成熟は5~9か月、野生下では季節繁殖動物ですが、ペットのチンチラは周年繁殖で、いつでも繁殖可能です。

性周期は30~50日、妊娠期間は平均111日です。
産子数は平均2頭で、毛も生えそろった状態で生まれます。

[ チンチラの整理科学的数値 ]

成熟体重400~600g
体温38.5~40.0℃
平均寿命10才
発情周期年中(飼育下)

一般的な飼育環境

温度・湿度の管理ができ、夜行性のため昼間は静かな環境であることが大切です。
直射日光やエアコンの風が直接あたらない場所に設置してください。また、神経質な性格であり、聴覚が発達しているため、音の出る電子機器などの側にケージを置かないでください。

理想環境
温度10~15℃湿度60%以下に保ってください。
25℃以上の温度、高湿度で虚脱状態(熱中症)になりますので、気をつけましょう。

チンチラは単独・つがい・集団でも飼育が可能で、一夫多妻の形をとることもできます。ただし雌同士、雄同士は同居されられないことが多いです。雌は個々の部屋に住まわせ、雄だけが自由に個々の雌の部屋を行き来できるようにすることが大切です。



飼育ケージ

よく齧る動物なので金属メッキのケージが良いです。
単独飼育の場合、ケージの大きさは約30(縦)×40(横)×45(高さ)㎝が必要です。

ジャンプする動物ですので、ある程度の高さは必要ですが、45㎝以上の高さがあると落下事故を起こすことがあるので注意が必要です。
四肢の外傷を防ぐため、金属メッシュの床は使用しない方が良いです。使用する場合は、網目の大きさを15×15mm以下にしてください。

ゲージ環境

●床材
メッシュ状の金網や硬いフローリングは足底潰瘍の原因になる為、柔らかい木やプラスチック等のスノコタイプの物が理想です。
 

●エサ入れ、牧草入れ
常に新鮮な牧草やペレットを入れておいてください。
食器は不安定だとすぐにひっくり返されてしまう為、重い素材の器を用意した方が良いです。
陶器、プラスチック、木など素材の種類も豊富なのでその子の性格に合わせて選んであげましょう。


●水入れ
チンチラは飲水を積極的に行わない動物ですが、飼育下では給水ボトルを設置し、そこから自由に飲水させてください。
器からでも給水ボトルからでも飲水は可能ですが、給水ボトルを使用したほうがケージ内が濡れなくて衛生的です。


●トイレ
一定の場所で排泄を行わないので、必要ありません。こまめにケージ内の清掃を行ってください。

●巣箱・小屋
精神的にリラックスさせるために、身体が隠れる程度の大きさの物を設置してください。
 

●砂浴び
チンチラが寝転がって砂浴びが出来る程度の大きさの容器を使用してください。市販されている容器と専用の砂を使用する方が多いようです。
砂浴びをしないと、分泌されるラノリンによって毛穴が塞がったり、被毛のつやが落ちてしまします。少なくとも週2~3回は砂浴びをさせてあげてください。


●運動(回し車)
運動量が多い動物ですので、回し車を設置してあげましょう。いろいろなタイプが販売されていますが、チンチラの身体にあったサイズ、四肢を引っ掛けてケガをしたり、激しく走っても倒れたり、事故の無いような安定性のある物を選んで設置してあげましょう。
ストレス軽減のためケージから出して運動させることも大切です。その際、電気コードなどが齧られないように注意してください。

食事について

野生のチンチラは栄養価の低い乾燥した草や灌木、低木の樹皮を主食にしています。
そのため、ペットのチンチラも牧草(チモシー)を主食にすることで、生涯伸び続ける臼歯が削れ、歯の健康が維持でき、消化器疾患の予防にもつながります。

また、チンチラは粗蛋白14~16%必要とされています。
一般的なチンチラ用ペレットには粗蛋白15~18%、粗繊維18~20%、粗脂肪2.3~3.0%の製品が多いようですので、栄養のバランスの良いチンチラ専用ペレットを少量与えてください。
ペレット以外の乾燥野菜や種子などが混ざったミックスフードが市販されていますが、主食には向きませんので、ペレット単独のフードを与えるようにしてください。

チンチラは食べすぎたりしないので太ったり、食べすぎて具合が悪くなりことはほとんどみられません。
チモシーをしっかり食べて、ペレットを残す個体もいますが心配ありません。