犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

歯・口腔の疾患/犬

2017年10月16日 月曜日

犬の齲歯(粘膜フラップ形成による閉鎖法)

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、犬の齲歯(虫歯)です。



犬は高齢になるにつれ、歯科疾患の罹患率は上昇します。

犬の歯の疾病では歯周病が圧倒的に多いです。

歯周病においては、歯垢から歯石になり、歯根部から歯槽骨が歯周病菌によって融解・吸収され、歯が抜け落ちるという流れがあります。

幼犬時は飼主様も熱意を持って愛犬のデンタルケアを頑張る方が多いのですが、シニア世代に至るとだんだんデンタルケアが継続できなくなるケースが増えて来ます。

口臭が酷くなり、飼主様の歯石を取って欲しいという依頼は、愛犬が10歳を超えるころになると一挙に増えて来ます。



その一方で、ヒトでは歯科疾患の中で齲歯(虫歯)が占める割合は多いとされます。

犬では齲歯はどうでしょうか?

実は齲歯は比較的少ないとされます。

それはなぜかというと唾液の性状によります。

ヒトは唾液のpHが5~6の中性域に近いものであり、犬のそれはpHが8以上という強アルカリ性です。

虫歯菌が作り出す酸で歯が溶けて虫歯は進行して行きます。

その酸を唾液で中和して、齲歯の進行をくい止めているわけです。

犬の方がヒトよりも虫歯菌の酸を中和するパワーが強いということです。




だからといって、犬が齲歯にならないかと言うとそうではありません。

歯垢(プラーク)は口腔内細菌が作り出した代謝産物です。

この歯垢が石灰化して歯石が形成されます。

一旦、歯垢ができると歯垢の中で虫歯菌は増殖を始めます。

唾液は歯垢の中まで浸透することは出来ないからです。


虫歯菌の酸で歯が融解した状態を齲蝕(うしょく)と言います。

本日はこの齲蝕に焦点を当てて、犬の齲蝕でもここまで進行するのかという話です。



ミュニュチャダックスの翼くん(14歳6か月、去勢済)は左の犬歯あたりを触ると痛がる、食餌が咬みずらそうとのことで来院されました。



翼くんは9年前と6年前に2回、歯石除去(スケーリング)を行っています。

今回も拝見すると歯石は付着していますが、左側の上顎犬歯は付け根から滲出液が出ているようです。

まずはレントゲン撮影を実施しました。



左上顎犬歯を拡大します。

下写真の黄色丸は犬歯の付根近くがくの字に溶けているのが分かります。



齲歯であることが判明しましたので、早速犬歯を抜歯することとスケーリングを実施することとなりました。



まずは右側の歯です。

歯石は付着していますが14.5歳という年齢からすれば、デンタルケアは出来ていると思われます。



歯石をスケーラーで破砕して行きます。



右側の歯石除去した後の写真です。

特に歯周病で右側の抜歯は必要ありません。



次に左側です。



翼くんが痛みを訴えている上顎犬歯を拡大します。

犬歯の付根が炎症を起こしているのが伺えます。



まずは歯石を除去します。



歯石を除去した写真です。



これから犬歯を抜歯します。

犬歯の抜歯は抜歯後の穴(抜歯窩)が大きく、鼻腔へと開通しますので歯肉を切開して粘膜フラップを形成して閉鎖処置が必要となります。

閉鎖処置をしっかりしないと食べた食餌の残渣が鼻腔内へ迷入して気管支炎・肺炎を引き起こす場合があります。

犬歯抜歯のため、犬歯の口吻側(遠心側)の歯肉にメスを入れます。



ついで犬歯の臼歯側(近心側)にメスを入れます。



両端を切開した歯肉をフラップとして利用するために骨膜剥離子で剥離していきます。



歯肉をある程度、歯から剥離できました。



下写真・黄色丸の部位は歯のエナメル質・象牙質が融解して歯髄が露出しています。





ラウンドバーを用いて、犬歯を抜歯しやすいように歯槽骨を切削します。





骨膜剥離子をてこ代わりに犬歯を持ち上げて抜歯します。





犬歯の歯根部を脱臼させました(下黄色矢印)。





犬歯の裏側は歯垢や歯石が付着しています(黄色丸)。



抜歯窩(抜歯後の穴)を十分カバーできる範囲の粘膜フラップを作ります。



抜歯窩周囲をロンジュールでトリミングします。



余裕を持たせて粘膜フラップを形成しました。



抜歯窩は鋭匙で掻爬した後、抗生剤を入れます(黄色矢印)。



次いで粘膜をモノフィラメント吸収糸を用いて縫合します。









モノフィラメント吸収糸による単純結節縫合(下写真黄色丸)は終了です。





スケーリングと抜歯で翼くんの歯と口腔内はスッキリしました。



処置が終わり、麻酔から覚醒したばかりの翼くんです。





さて、今回抜歯した犬歯です(表側)。

犬歯の中央部から歯根部へかけて齲蝕により、歯が溶けているのがお分かり頂けると思います。



犬歯の裏側です。

エナメル質・象牙質は融解して歯髄まで齲蝕が進行していたのが分かります。



下写真の黄色矢印が最初のレントゲン像で描出されていたくの字の吸収像です。



歯根部の遠心側も黄色丸の部位が虫歯菌の酸により溶けています。



犬の虫歯は臨床の現場では比較的遭遇するのは少ないとは思いますが、ヒト同様に疼痛を伴います。

翼くんのように常日頃のデンタルケアをされているケースでも、今回の様に齲歯が出来る場合もあります。



生まれたばかりの子犬には虫歯菌が存在しません。

一般的には、母犬や他の犬が食べたものを食べたり、同じ玩具を使うことで、他の犬の虫歯菌が子犬に移るとされます。

その一方で、犬の虫歯はヒトから移るという説があります。

犬にヒトの食べかけの食物を与えたり、犬が残飯を漁ったりしてヒトの虫歯菌が犬に移ることは十分考えられます。

そうなってくると、やはり日頃のデンタルケアは大切ですね。


その後の翼くんの経過は良好で、歯の痛みからも開放されています。

翼くん、お疲れ様でした!






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2014年9月16日 火曜日

6年間我慢の子でした!(シーズーの上顎第4前臼歯根尖周囲病巣)


こんにちは 院長の伊藤です。

犬の歯周病に最近、関心を持たれる方が増えているようです。

デンタルケアについて、患者様からご質問を受けることが多いです。

歯周病予防は、いかに幼犬期からデンタルケアの習慣付けが出来るかにかかっていると言えます。

特に4,5歳以降に臼歯に歯石が付着して、歯根部が炎症に至り、最終的に根尖周囲病巣となります。

この根尖周囲病巣が上顎の第4前臼歯に生じると眼の下に瘻管が形成され、排膿が起こります。

第4前臼歯根尖周囲病巣については、以前こちらにコメントさせて頂きました。

本日、ご紹介しますのはこの第4前臼歯根尖周囲病巣になって6年間排膿し続け、やっと抜歯して完治したという症例です。




シーズーのジャック君(7歳、去勢済)は1歳7か月齢で左眼の下あたりから血膿が流れ始めました。

まだ若いけれど歯石が第4前臼歯に付着しており、上顎第4前臼歯根尖膿瘍に至っていると診断して上顎第4前臼歯の抜歯をお勧めしました。

しかし、飼い主様は抜歯するより抗生剤で抑えて行きたいという意向です。

抗生剤の投与で多少の排膿は抑えられるかもしれませんが、本態療法としては抜歯をしない限り無理です。

それでも飼い主様の都合で内科的療法を継続することとなりました。

各種の抗生剤を交代しながら投薬をしました。

耐性菌が生じたらとの心配もありました。

毎日連続投薬するというのではなく、排膿が酷い時に不定期に投薬するという感じです。

時は流れ、この不定期投薬が6年近く続きました。

この6年間は左眼下の排膿は持続的にあり、ジャック君の左側顔面は診察の度に濡れている状態でした。



そんな中、飼い主様から抜歯したいと今年7月に入り、オファーを受けました。

実際、内科的療法でこの第4前臼歯根尖周囲病巣は完治することはなく、ジャック君の左眼の下は相変わらず膿で汚れています(下写真黄色丸)。

長年、ジャック君にとって不快であったと思われる第4前臼歯根尖周囲病巣を一掃できる日が到来しました。



ジャック君の歯をレントゲン撮影しました。

第4前臼歯根尖周囲の骨吸収像が認められます。



早速、抜歯を実施することとします。

ジャック君には全身麻酔で寝て頂きます。



ジャック君の左眼下を注意深く見ていきますと下写真の通り、歯根部からの排膿のための瘻管が見つかりました。

鉗子先端で瘻管の穴に挿入すると深い所まで挿入可能でした。



下写真黄色丸が瘻管の開口部です。



これからが本番です。

テーパータイプのダイアモンドバーで第4前臼歯を分割していきます。



第4前臼歯は歯根が3本ありますので、2か所分割をして抜歯します。



分割した臼歯をエレベーターで歯槽骨から脱臼させます。



抜歯鉗子で歯根ごと抜きます。



下写真は抜歯した跡です。

これだけではダメで抜歯した跡の歯槽骨のトリミングが必要です。



ロンジュールトという骨を砕く鉗子で抜歯窩周囲歯槽骨の鋭利な部位をトリミングします。



その後、ラウンドタイプのダイアモンドバーで細かな歯槽骨を削って行きます。



歯槽骨のトリミングが終了後、歯肉を縫合します。



下写真は歯肉を縫合完了したところです。



麻酔覚醒直後のジャック君です。

お疲れ様でした。



さて、2週間後に来院したジャック君です。

抜歯後の左眼下の排膿はなくなり、綺麗になっています。





6年間の内服で完治できなかったものが、数十分の抜歯で眼下排膿(外歯瘻)は治せます。

歯については、特に抜歯が絡んだ歯科疾患になると悩まれる飼主様が多いのも事実です。

内科的な治療では限界があること、ワンちゃん自身の疼痛感・ストレスを考慮するならば、早めの抜歯をご選択して頂きたいと思います。

たとえ臼歯の抜歯でも、食生活に不自由することはほとんどありません。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。



投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2012年12月31日 月曜日

犬の上顎第4前臼歯の根尖周囲病巣(その2)

以前に当院HP上で 犬の上顎第4前臼歯の根尖周囲病巣や 歯をお大事に!! で奥歯の抜歯についてコメントさせて頂きました。

今回もしつこく臼歯の抜歯についてご紹介したく思います。

当院の患者様もだんだんと高齢となり、歯科疾患は必然的に増加の傾向にあります。

その一方で、飼主様がしっかりとデンタルケアされているご家庭は少なく、私どもの飼主様への指導の足りなさを実感しております。

何度も申し上げていることですが、抜歯した歯を義歯で代用するという手法は、現在の獣医領域では採れませんので、永久歯を抜歯したら代わりの歯はないということを認識して下さい。

今回ご紹介するのはシェルティのマリーちゃん、10歳です。

左の眼の下あたりが非常に腫れあがってるとのことで来院されました。

口臭がきつく、口の中を拝見すると歯石が臼歯周りにしっかりこびり付いていました。

早速、レントゲン撮影を実施しました。



下写真をよくご覧に頂きますと、左上顎の一番大きな臼歯(第4前臼歯)の歯根部が骨吸収像(写真黄色丸)が認められます。



簡単に申し上げれば、歯石が溜まりすぎて歯根部が腐り始めて、歯槽骨が溶け始めている状態です。

抜歯を実施する以外方法がありませんので、マリーちゃんには全身麻酔で寝ていただき抜歯処置と相成りました。



開口しますと下写真の通り、歯石がしっかり固着しているのがお分かり頂けると思います。



反対側もこんな感じです。



左側の眼の下が腫れているのは上写真の第4前臼歯の根尖周囲病巣(黄色丸)が原因です。



この第4前臼歯の歯石を超音波スケーラーで破砕した後の写真が下です。



歯根部が歯槽骨から外れかかっているのがお分かりでしょうか?

早速、歯根部を分割して抜歯します。







結局、左第3,4前臼歯と第1,2後臼歯を抜歯することになりました。

痛々しいのですが、やむをえません。

加えてマリーちゃんは反対の右第1後臼歯も抜歯することになりました。

抜歯した後は穴が生じますので、歯槽骨をロンジュールでトリミングした後に歯肉を縫合します。

縫合した後の写真が下です。



大変な処置でしたが、マリーちゃんはしっかり耐えてくれました。





顔の腫れも1週間以内に治まりますし、口臭も改善し、残った歯でドッグフードもしっかり食べられると思います。

今後は飼主様が、しっかりデンタルケアに注意して頂きたいと思います。



にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けたら励みになります。
 

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2012年11月 9日 金曜日

犬のエプリス

エプリスとは歯肉部に生じる限局性腫瘤病変を指していいます。

つまり、歯茎にできたしこりのことです。

実はこのエプリス、組織学的・病理学的分類が不明瞭、混乱している部分があります。

人医領域では、炎症性エプリスと腫瘍性エプリスの2種類に分類されています。

炎症性エプリスには、肉芽腫性エプリス、線維性エプリス、血管腫性エプリス、巨細胞性エプリスがあります。

腫瘍性エプリスには、線維腫性エプリス、骨形成性エプリス等が挙げられます。

獣医領域では、1979年にDubiezigがエプリスを肉芽腫性エプリス、骨形成性エプリス、棘細胞性エプリスという3種類に分類しました。

1996年にはGardnerは反応性病変と周辺性歯原性腫瘍の2つのカテゴリーに分け、それぞれを細分化して分類するようになりました。

これ以上病理学的な分類を説明しても混乱を招きますし、本編の主旨でありませんので止めます。

結局のところ、エプリスなる病変は炎症性のものと腫瘍性のものがあるために外科的切除が必要な場合があるということです。

ゴールデンレトリバーのチャッピーちゃんは、右上顎部の歯肉に腫瘤が出来て来院されました。



患部を組織検査したのが以下の写真です。

弱拡大の顕微鏡写真で粘膜上皮の増生(黄色丸)と粘膜下織の結合組織の増生(草色丸)が認められます。



下写真は強拡大像です。

粘膜直下にリンパ球浸潤がありますが、異型細胞(腫瘍細胞)は認められません。



組織検査からこの腫瘤は線維性エプリスと診断されました。

そして、このエプリスの外科的切除を実施しました。







黄色丸の箇所がエプリスです。

全長3㎝ほどの腫瘤です。

電気メスで切除開始です。









取り残しの無いように電気メスのチップを変えつつ切除を完了しました。

再発の無いように気を付けてマージンを若干取りました。

歯茎が電気メスの熱で焦げ付いています。

退院後のチャッピーちゃんの患部回復も良好で、術後1か月後の写真が次のものです。




電気メスの跡も癒えてます。

今回の線維性エプリスは、反応性(非腫瘍性)病変としては比較的多く遭遇するタイプです。

局所的な刺激や外傷により歯肉内の線維性結合組織が、局所的に反応して過形成したエプリスです。

腫瘍性でなくて良かったです。

愛犬の口の中を定期的にチェックする習慣をつけて下さい。

そして、歯肉に腫瘤が認められたらお早めに受診して下さい。





にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。
 




投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

2011年8月25日 木曜日

犬の上顎第4前臼歯の根尖周囲病巣

今回は、犬の歯の病気の中でも日常的にデンタルケアを怠りその結果、歯石が歯根部まで侵入しておこる根尖周囲病巣について紹介します。

特に上顎第4前臼歯と呼ばれる歯根が3本ある立派な前臼歯の根尖周囲病巣は病巣部のたまった膿などが、排出される行き場がなくて、眼の下あたりの皮膚にろう管を生じて、眼下が腫れあがり皮膚から膿がだらだら出はじめます。

          

この疾病は初期のステージでは、抗生剤の投与で眼下の腫れも治まるのですが、その後何度も再発を重ねることとなります。
結局、完治させるには残念ながら抜歯しかありません。


下の写真はこの上顎根尖周囲病巣をもったダックス君の抜歯の模様です。
歯がかなり痛いようで、食欲も無く眼下の排膿で皮膚がただれ始めていました。
麻酔を施し、歯根が3本ありますので2本と1本に歯根をダイヤモンドラウンドバーで切断します。
その後、歯槽骨をトリミングして歯肉を縫合して終了です。


この抜歯処置後は、眼下の腫れも無くなり食欲も元に戻られました。 
動物の歯科ではまだ人のように差し歯やブリッジのような手法は出来ませんので、やはり日常のデンタルケアをしっかり実践していただきたく思います。




  

投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30