犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

ポメラニアンの橈尺骨骨折

ポメラニアンのぽむお君は、高いところ(約1m)から落下して骨折をしてしまいました。

ぽむお君(2.5歳、体重1.3kg)は体格の小さなポメラニアンです。

体は小さくても若干、気の強い所もあったりします。

レントゲンを撮ったところ、しっかり橈骨尺骨の遠位端が折れていました。





以前、トイプードルの橈尺骨骨折で報告しましたが、その症例よりもさらに体重が低く、橈骨の細い個体なのでT字型プレートを使用することは困難です。

結局、ウサギの骨折と同様、創外固定法を選択することとなりました。



直径1㎜ほどの創外ピンをピンドリルで固定していきます。





骨折ラインより遠位に1本、近位に3本ピンを入れました。

本当は遠位にもう1本入れたかったのですが、骨折ラインが手根関節が近すぎて無理でした。



創外固定ピンを適切な長さにカットして、パテで固定しやすいように創外ピンをL字に曲げます。





パテでピンを固定することで、骨折ラインを固定して骨癒合を待ちます。





創外固定の場合、華奢な個体に施術することが多いので術後の管理がとても重要になってきます。

暴れる個体ですと、創外ピンをあらぬ所に引っ掛けて抜けたり、再骨折したりする場合も考えられます。

ぽむお君はおとなしくしてくれるみたいで、その点は安心しています。





ぽむお君の体に比べるとスプリントが巨大に見えるかもしれません。

市販のものではこのサイズが最小なんです。

骨が癒合するまでの間、辛抱して下さいね。





よくも痛い目に遭わせてくれたな!と怒ってるぽむお君です。

下写真は、退院後の経過も良好で、1週間後の患部チェックに来院したぽむお君です。



最新型のカラーが素敵ですね!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。


投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31