犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

フクロモモンガの疾病

フクロモモンガの白内障

犬猫同様、フクロモモンガも白内障を発症します。

外見的には眼球の水晶体に当たる部分が白濁し始めます。

フクロモモンガは採食したり、滑空したり、活動の殆どを視覚に頼って生きています。

白内障もステージが進んできますと失明に至ります。

今回、ご紹介させて頂きますのはフクロモモンガのベイビーちゃん(2か月齢、雌)です。



上写真の黄色矢印で記した水晶体の部分が白くなっています。

日常的にはフクロモモンガは縮瞳の状態でいることが多いため気づかれないことも多いです。



フクロモモンガの白内障の原因は、先天性と後天性の2種類があります。

後天性の場合は栄養学的にはビタミンA欠乏症に起因するとされています。

また糖尿病の合併症状として後天的に白内障になるとの報告もあります。



先天性の場合は遺伝による白内障です。

ベイビーちゃんはまだ2か月ということで明らかに遺伝性白内障です。

フクロモモンガの母親が脂肪分や糖分の多い食餌を長期間にわたって与えられ、白内障の子供が生まれる例が多いようです。

治療法としては、適切量のビタミンAを含んだ食餌療法や白内障治療用の点眼薬投与ですが、あまり効果の程は期待できないでしょう。

フクロモモンガの寿命は10年以上とされますので、ベイビーちゃんはこれから長い人生があります。

白内障による視覚障害と付き合っていかなくてはなりません。

飼い主様のある程度の介護も必要となってくると思われます。

ベイビーちゃん、頑張ってください!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

宜しかったら、こちらupをクリックして頂けると励みになります!

投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガの自傷行為(その2)

フクロモモンガは愛情欲求の強い動物です。

特に単独飼育の場合、飼い主様とのスキンシップを絶えず要求します。

幼体の頃から飼育するケースであれば、まめにスキンシップをとることで、飼主様にも早くから慣れてくれることと思います。

しかし、飼主様の都合で構ってあげられないようになりますと次に起こる問題は自傷行為です。

先回、この自傷行為(その1)をコメントさせて頂きました。


今回、その2として自傷行為のバリエーションをご紹介させて頂きます。

自傷行為の結果としての外傷であったり、皮膚病であるのに、意外にも自傷行為が原因であるという事実を、飼い主様がご存じないことが多いです。

何らかのストレスが原因で自傷行為を行っているんだぞ、ということを知るための一助となればと思います。


フクロモモンガのモコちゃん(2か月齢、雌)は足の裏が皮膚病で爪も一部取れてしまっている(下写真黄色丸)とのことで来院されました。



過去にも別件で足の爪を全部自分で剥いでしまった症例を経験しています。

まだそれほどひどいわけではないですが、このまま治療しないと指を咬みちぎる段階までいくと思われます。





結局、外用薬を使用しても、自身で患部を舐めたり咬んだりして生じた疾病ですからあまり意味がありません。

まずは、患部にアプローチできないようにカラーを装着します。

1週間ほど患部が舐められなければ、患部の回復は良好となるでしょう。

しかし、このエリザベスカラーはこれまでにも色んな素材・形状のものを考案してきましたが、これが決定打というところまで至っておりません。



フェルト生地のカラーは軽量で皮膚にも優しいメリットがあります。

しかし、生地としての腰が弱い点、横向きの力で強く牽引されると簡単に伸びてしまうといった欠点があります。

腰の強さを追及するとレントゲンフィルムを細工してカラーにするのも一案ですが、頸の周囲の皮膚に食い込んで皮膚が切れて大変なことになります。

今回は四肢の指に口が届かないようにポンチョ的な大きさで、しかもラッパのように上に向かせず、シャンプーハットの様にかぶせるだけの形状にしてみました。

従来のカラーの形状に比べて解放感があり、装着後の大暴れはありません。





捕食時の姿勢は両前足で餌を持ってというスタイルですが、顔を餌に近づけていわゆる犬食いスタイルでも摂食可能です。

あとは患部の消毒と抗生剤の内服で経過観察となります。

もこちゃんからすれば、この治療もストレスです。

一日も早く回復されることを切望します。



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。


宜しかったら、こちらupをクリックして頂けると励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガの骨代謝障害

フクロモモンガは餌に対する選り好みが強い動物です。

基本は雑食性の有袋類です。

犬に対するドッグフードの様に栄養学的に研究され、それだけ与えておけば後は必要ありませんというモモンガフードは、今のところありません。

一般には、モモンガ用ペレットを中心にして野菜・果実、昆虫用ゼリー・チーズ・コオロギ等の動物性蛋白質をバランスよく給餌する必要があります。

特に幼体の時期に、良質のタンパク質とカルシウムを摂取できないと骨代謝障害を引き起こします。

これまでにも、当院のHPでの爬虫類の疾病でトカゲやカメレオンの骨代謝障害について詳細をコメントさせて頂きました。

フクロモモンガも同様に、この骨代謝障害になり易いのです。



本日、ご紹介しますのは骨代謝障害になってしまったフクロモモンガの親子です。

クリコ君(1歳、雄)とイズミちゃん(年齢不明、クリコ君の子供・雌)の2匹です。



2匹共に歩行を診てますと、下半身特に腰をくねくねさせて、どちらかというと前足が駆動となる匍匐前進(ほふくぜんしん)で移動します。

後肢は軽度の不全麻痺を呈しています。







親子そろって、後肢にしっかり力が入ってない感じです。

歩行を動画でアップ出来たらよかったのですが、画像ではこの匍匐前進を上手く伝えられないのが残念です。



飼い主様にお伺いすると、幼体時に好き嫌いがあり、ゼリーや果実を中心とした食生活をおくっていたそうです。

フクロモモンガは英名、sugar gliderと呼ばれるくらいに甘いもの好きなんです。

当然のことながら、果糖や糖分ばかりの摂取では成長期にしっかりとした骨を作るために必要なカルシウムが不足します。

血中のカルシウムが不足すれば、少ないけれどカルシウムが貯蔵されている骨からカルシウムが血中に放出されます。

結果として、骨の強度が不足して脊椎骨や長管骨、関節、指骨に至るまで変形が生じます。

クリコ君の左肢の足首から伸びている指骨が外反している(黄色丸)のがお分かりでしょうか?





クリコ君は幼体時の骨代謝障害の影響で骨の変形が生じたようです。

骨代謝障害を起こして、間がなければ、カルシウムやビタミンD3を与え、食餌の内容をバランスのよいものに変更することで治療することが可能です。

クリコ君の子供のイズミちゃんはまだ回復できる可能性があると思います。

クリコ君は変形してる骨を治すことは難しいけど、骨密度を高めて歩行時の疼痛感を改善することが可能でしょう。

哺乳類、爬虫類に限らず成長期のバランスのとれた食餌の重要性をご理解いただけたら幸いです。







にほんブログ村ランキングにエントリ―しています。



応援クリックup、いつもありがとうございます。

投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガの自傷行為(その1)

フクロモモンガはストレスに対して敏感に反応します。

ストレスとは飼育環境(温度・湿度、ケージの大きさ、餌の内容、他のモモンガとの干渉等)によって、心身に及ぼす負担を今回は指していいます。

ストレスの発散を、イヌのようにカーテンを咬み破ったり、靴を破壊したりといった外的破壊行為にモモンガは走りません。

自分の体を咬んだり、爪で傷つけたりする、いわゆる自傷行為をします。

以前、フクロモモンガの咬症でこの自傷行為の一例を紹介しました。


今回、ご紹介しますのはぷうちゃん(♀、6か月齢)です。

耳を気にして肢で引掻くとのことで受診されました。

よくよく拝見しますと既に左の耳がかさぶたに覆われており、耳の中を覗こうとしたところ、耳の付け根(下写真黄色矢印)から耳が取れてしまいました。



取れてしまった耳介部です。



恐らく何日も前から耳を掻破して細菌感染を起こし、結果として耳介部が壊死を起こしたものと思います。

なぜ耳介部を引掻き始めたのかは、本人にしかわかりません。

特に外耳炎を起こしているわけでもありません。

フクロモモンガに限らず、エキゾチックアニマルは気に入らないと徹底して自分の体を傷つける傾向があります。



ぷうちゃんの場合、取れてしまった耳介部の付け根、ひいては外耳道を保護するためにも、エリザベスカラーを装着しました。

二次的な自傷行為を防ぐためにも必要な措置です。



その約3週間後、ぷうちゃんが受診されました。

先回の左耳同様に右耳がかさぶたが出来て壊死を起こしているようだとのこと。



上写真黄色丸の右耳介部が出血を起こしており、恐らく爪で掻破したであろうと予測されます。

付け根の部分を診てみますと、下写真のようにすでに耳根部は壊死して外耳道が露出しています。



左耳が綺麗に治癒した段階で、エリザベスカラーを外したら反対側を自傷した模様です。

壊死して落ちた耳介部です。



結局、左耳介部の時と同様にエリザベスカラーの登場です。



残念ながら、ぷうちゃんの場合は両耳が無くなってしまいましたので見た目の印象も変わります。

早くぷうちゃん、良くなって下さいね!



これまでフクロモモンガの自傷行為をたくさん治療して参りました。

結果、どの箇所を気にして攻撃するだろうなという予測が、少しできるようになってきました。

今回の様に耳介部を自傷して、患部が治癒すれば、気も休まるだろうと思うのは早計です。

本人からすれば、もう片側残っているから自傷の対象にしてしまう場合もありということです。

エリザベスカラーにしてもストレスの原因です。

カラーを外して無防備になったところで、そのストレス解放の対象を健全な自分の体に向けてしまうこともあります。

ガチガチにカラーで防御したからといっても、それで自傷行為は終結したわけではありません。

その点がフクロモモンガの難しい点です。

要はストレスのない飼育環境を目指す方が手っ取り早いと思います。

スキンシップを好む動物なので、単独飼育の場合はまめに遊ぶ時間を作るとか、伴侶を新たに飼育するとかの方法も一つです。

飼育ケージが狭く高さもないようなら、もう一回り大きなケージを用意するというのもありです。

個体ごとのキャラクターも絡んできますので、それを読み取る飼主様の努力も必要でしょう。

外傷に対しては、自滅型のケースが多いのがフクロモモンガの弱点で、今後広くこの自傷行為のケース事例を載せていきたいと考えています。



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

応援して頂ける方は、こちらupをクリック宜しくお願い致します。


投稿者 院長 | 記事URL

フクロモモンガの去勢手術(変法 その2)

先回、フクロモモンガの去勢手術の変法を簡単にご紹介させて頂きました。

今回、その術式で手術をご希望された もん太君 をご紹介します。

もん太君ははるばる横浜から手術を受けるために来院されました。

東浦に滞在される時間も限りがありますので、早速手術に入ります。

その間、飼主様は名古屋城はじめとした名古屋見学をされるそうです。





先回の術式の説明の通り、陰嚢にメスを入れずに直接精巣動静脈や精管を露出させ、結索していく方法です。








フクロモモンガは傷口を気にする個体も多いのですが、不思議とこの変法では患部を気にするケースが少なくなりました。



特に麻酔にかかわる問題も無く、無事に手術は終了しました。

術後の患部の管理が非常に重要です。

自咬症にならないよう、かつ頚部に負担をかけないよう自作のカラーをつけます。







もん太君は麻酔の覚醒が速やかで、ケージの中をぶら下がって徘徊しています。



あとは横浜の動物病院で抜糸をして頂くようお願い致します。

最近は、フクロモモンガの飼主様の飼育に関わる意識が高く、早期の去勢を希望されケースが多いようです。

特に単独で飼育される場合は、発情に伴うストレスから自咬症へと移行する症例が多いのがフクロモモンガです。

去勢をすることで、ストレスから解放され、性格もマイルドに変わることが多いと思います。

もん太君、はるばるお疲れ様でした!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31