犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

フクロモモンガの疾病

フクロモモンガの去勢手術(変法)

フクロモモンガの去勢手術について以前、ブログにコメントさせて頂きました。



コメントした時は、まだ術式としては、陰嚢に切開を加えて精巣を2つ摘出する方法の紹介でした。

手術法としてはその従来法で問題はないのですが、フクロモモンガの陰嚢はなぜか陰嚢の首に当たる部分が非常に長く、術後モモンガが患部を気にして自咬する症例もありました。

ご存知のようにフクロモモンガの切歯は鋭利で、自咬症に陥ると回復にまで手こずります。

フクロモモンガの外科は術後、モモンガが気にならないように皮膚をまとめるのが難しいです。

したがって、陰嚢の首にあたる箇所を切断して陰嚢ごと摘出する方法を考案しました。

今回はその術式を簡単にご紹介します。


去勢手術を実施させて頂いたのは、フクロモモンガのチロル君です。






下写真の赤丸にありますのが、フクロモモンガの陰嚢になります。

陰嚢が長い首でつながっているのが分かります。





上写真のように光をあてますと精巣動静脈や精巣靭帯が浮かんで見えます。

この脈管系をまとめて首の付根付近で摘出します。

下の写真はその処置の風景です。

詳細は、企業秘密のため(?)ぼかしの写真でご容赦下さい。





下写真は術後の患部です。

従来なら精巣の入っていない陰嚢が長い首を伸ばしてだらんとしているところですが、すっきりしています(下黄色丸)。



麻酔覚醒後、エリザベスカラーをして痛そうなチロル君です。

お疲れ様でした!



約1週間で患部はきれいに皮膚癒合し、経過良好です。

最後に摘出した陰嚢です。



フクロモモンガの飼主様で去勢を考慮中の方、術後の綺麗な傷口をご希望の方、本法をご検討してみて下さい。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28