犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

鳥の疾病

セキセイインコの卵秘・卵管脱

愛玩鳥の中でもセキセイインコは卵つまり(卵秘)が多くみられます。
その要因となるのは、高齢(4歳以上)・未成熟(10か月未満)あるいは産卵過多の後や下痢などです。
症状としては、腹部が腫れてきます。羽を膨らませ、呼吸が荒くなります。飲料量が増え、黒いタール便をしたり、便秘になったりします。今回紹介する症例のように、卵秘が長引くといきんだ拍子に卵管が一緒に脱出してしまうこともあります。この場合、卵を割り卵殻を少しづつはがして卵管を総排泄腔に挿入して回復させます。
1,2枚目の写真は、卵秘・卵管脱のインコです。3枚目は卵を割ったところです。4枚目は脱出した卵管を注射器を用いて総排泄腔に戻しているところです。
この処置でこのインコは元気に回復しました。





投稿者 院長 | 記事URL

九官鳥の総排泄腔脱(直腸脱)

九官鳥は比較的下痢の多い愛玩鳥です。下痢が慢性化しますと排便の度に、腹圧をかけていきむために総排泄腔(肛門)が飛び出てしまいます。今回、何度も総排泄腔が飛び出るため手術により、脱出した箇所を切除し縫合しました。上段の写真は麻酔をかけて寝ている九官鳥です。中断の写真は脱出した総排泄腔です。下段の写真は、手術直後の整復した総排泄腔です。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30