犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

鳥の疾病

ナナクサインコの脱羽

本日、ご紹介させて頂くのはナナクサインコのカンちゃんです。

ナナクサインコはオーストラリアに棲息するインコです。

成鳥では赤、白、黄色、黄緑から青、黒と体の部分ごとにカラフルな体色をしています。

ご興味のある方は是非、一度インターネット等で検索してみて下さい。

カンちゃんはまだ生後5か月齢なので体色は朱色から赤・白が主体です。





カンちゃんは最近、脱羽が著しいとのことで来院されました。



保定している間だけでも黄色丸のように羽が抜けます。

脱羽の原因は様々です。

1:季節性の換羽

2:ストレス性の自咬症

3:外部寄生虫(トリヒゼンダニ)の感染

4:ウィルス性疾患

① PFBD (Psittacine Beak and Feather Disease)

  circovirusが原因とされる感染症です。

脱羽、羽毛形成不全、嘴の過長、肝機能低下、免疫低下を来し急性例では死亡するケースもあります。

現在治療法は確立されていません。確定診断は遺伝子検査(PCR)を実施します。

② BFD (Budgerigar Fledgling Disease)

Papovaviridae Polyomavirus が原因とされる感染症です

生後10~25日令の幼鳥で致死的な経過をたどります。

治療法は免疫賦活を目的とした対症療法となります。

確定診断はクロアカスワブの遺伝子診断(PCR)を実施します。


5:食餌のバランス不足

6:肝臓疾患

7:内分泌系の異常

色々な原因が考えられますが、カンちゃんの臨床症状からはウィルス性疾患の可能性は低いです。

自咬症では翼の内側あたりを嘴で突っついた出血斑が認められることが多いのですが、それもありません。

また皮膚検査で外部寄生虫は陰性です。

肝臓疾患や内分泌系の異常は血液検査が必要ですが、犬猫で必要とされる採血量は鳥では不可能です。

加えて、一般の血液検査を受けてくれる検査センターもありません。



以上の点から残るは季節的換羽か食餌のバランス不足と思われます。

特に生後6か月令のカンちゃんはまだヒナ時代の終わりに近づいていると思われます。

いわゆるヒナ換羽と呼ばれるステージで成鳥の仲間入りをする段階に来ていると考えられます。

さらに冬に向けての衣替えで季節的換羽もダブルで来ています。

この時期にご注意いただきたいのは、換羽でタンパク質を必要とする時期なので、食餌のシードはタンパク質を多く含んだものを与えていただくと良いです。



冬に備えてしっかり暖かい羽毛で体をガードして欲しいですね。



にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。
 






   

投稿者 院長 | 記事URL

オカメインコの洞炎(副鼻腔炎)

本日ご紹介しますのはオカメインコの きゅうちゃんです。

きゅうちゃんは3年前からくしゃみを主徴とした上部気道炎・洞炎に罹っており、不定期に再発を繰り返しています。



E.coli, Haelomophilus, Pasteurellaといった細菌や Aspergillis, Candida, Cryptococcus等の真菌、あるいはポックスウィルスやパラミクソウィルス等が原因で上部気道炎(鼻眼結膜炎、副鼻腔炎、喉頭気管炎、気管支炎)が発症します。

きゅうちゃんの場合は下写真(青丸)の様に鼻がまず詰まってしまい、鼻呼吸が辛くなります。



鼻炎に始まる鼻水、くしゃみで鼻腔内が閉塞します。

鳥は一般に鼻呼吸なんですが、鼻が詰まると開口呼吸が始まります。

この段階で治療を始めておかないと重症・慢性化することが多いです。

特にこの上部気道炎の中でも一旦、発症すると治りにくい疾患が洞炎(副鼻腔炎)です。

洞炎とは、副鼻腔とよばれる鼻よりも奥に存在する空間の炎症を指していいます。

人で蓄膿症と呼ばれる疾患とほぼ同じと思って下さい。







副鼻腔は複雑な形状をしており、この内部で常在化してしまった病原体を叩くのは大変です。

副鼻腔内に炎症性滲出液や黄色の硬結した膿が充満して顔面が腫脹したり、場合によっては眼球が突出してしまう事もあります。

きゅうちゃんは洞炎に以前から罹患していますが、飼主様が熱心に治療にあたられていますので、重症化することなく現在に至っています。

加えて眼窩下洞の炎症が背景となって、左眼が角結膜炎にもなっています。

長らく点眼薬や内服薬の治療を進めさせていただいてます。



それでも最近の気象業況も加わって、季節の変わり目となると洞炎の再発が起こります。

洞炎の完治に向け、飼主様共々頑張っていきたいと思います。



昨日、雨上がりに病院の待合室から綺麗な虹がでましたので一緒に載せます!









にほんブログ村にエントリーしています。
 
 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。
 

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30