犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

鳥の疾病

オカメインコの卵管蓄卵材症

本日ご紹介しますのは、オカメインコの卵管蓄卵材症という舌を咬みそうな症状です。

もとより、鳥は排卵して卵管を卵が下りていく間に卵白や卵殻が形成され、産卵に至るというプロセスがあります。

卵が無事卵管から総排泄腔へとスムーズに降りてくれれば、以前ご紹介した卵塞にはならずに済みます。

今回の卵管蓄卵材症は、卵を形成すべき材料が異常に分泌され続け、これらが排泄されずに卵管内に蓄積した状態の疾病です。


オカメインコのほたるちゃんは、下腹部が異常に張ってきたということで来院されました。





上の写真の黄色丸で囲んだ部分が腫脹している下腹部です。

触診しますと指先に卵殻の硬い感じがありました。

まずは卵塞の可能性を考慮して、指先で優しく圧迫して総排泄孔から卵を出そうと試みました。



普通の卵塞ならば、そんなに苦労せずに卵が顔を出してくれるのですが、今回は厳しい感じです。

総排泄腔から卵管が脱出してきました。



早速、卵管の状態を把握するためにレントゲン撮影を実施しました。

この時点で、手術の必要性を感じてマスクをかけ、全身麻酔を施しました。





上の写真を局所的に拡大します。





黄緑色の矢印は脱出した卵管です。

黄色丸で示したのが形成が未熟なままの卵殻と卵材です。

ほたるちゃんはここのところ、発情が酷く産卵も集中していたとの事です。

まずは、脱出した卵管に切開を加えて卵材の摘出を試みました。





ゆで卵のような卵黄や卵白が出て来ました。



卵白と卵黄の混在物や卵殻の破片のようなものが色々出て来ました。

取れる限界まで卵材を回収して卵管を縫合します。





次に縫合した卵管を総排泄腔から中に戻します。



これで手術は終了です。

摘出した卵材の一部は下の通りです。



卵管内に蓄積する卵材は、卵黄・卵白・卵殻・卵殻膜等を原材料として、ゼリー状、液状、粘土状、砂状、結石状のものから完成形に近い卵状まで様々な形で存在するそうです。

この疾病は、犬猫で比較するならば子宮蓄膿症に匹敵するものです。

原因としては、卵材の異常分泌や卵材の排出不全が挙げられます。

この疾病に罹患した場合、何も処置せずに放置しておくと卵材が自然に吸収されることはなく、徐々に蓄積されていく傾向にあります。

長期にわたる卵材停滞の場合は、卵管炎から腹膜炎に至ることがあり、また卵材の慢性刺激により、卵管腫瘍が誘発されるケースもあります。

いずれにせよ、完治を目指すならば卵管の摘出がベストです。

今回のほたるちゃんの場合は全身状態も考慮して、開腹手術・卵管摘出手術は実施しませんでしたが、次に再発して全身状態が良好ならば、卵管摘出を考えるべきだと思います。

麻酔から覚醒したほたるちゃんです。







術後の覚醒も良好で、脱水を防ぐために水分補給と抗生剤を投薬してます。

今後の経過を注意して診ていきます。

翌日、ほたるちゃんは無事退院されました。






にほんブログ村にエントリーしてます。
 


宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。

投稿者 院長 | 記事URL

セキセイインコの卵塞と卵管脱

年末・年始と多忙につき、ブログの更新をさぼってしまい、読者の皆々様ご迷惑をおかけ致しました。

本年の疾病紹介第一弾は、セキセイインコの卵塞(卵づまり)と卵管脱です。

この卵塞と卵管脱は非常に関連が強く、臨床の現場でも遭遇することが多い疾患です。

以前、鳥の疾病の項でご紹介したこともありますが、今回さらに刷新の意味もかねて載せます。

セキセイインコの みいろちゃん は以前から無精卵の産卵が集中して起こることもあり、時として卵塞になります。



下写真は卵塞の解除のための処置をしているところです。

下腹部を触診しますと硬い腫瘤が触知されます。

経験的にこれが卵であることが分かれば、あとは卵管膣部に詰まっている卵を手指でゆっくりと下へと移動させていきます。












こんな感じで卵塞を解除します。

患部からの出血や本人にショック症状等、認められなければ卵塞の治療は終了となります。



みいろちゃんはこの処置で暫くは問題はありませんでしたが、約1年後に総排泄腔(肛門)から腸が飛び出してしまったと来院されました。

よくよく拝見すると卵管が脱出してしまったようです(黄色矢印)。



早速、脱出した卵管を整復します。

卵管を傷つけないよう、やさしく綿棒で押し戻していきます。







この卵管を返納した状態でしばし様子を見ますと、みいろちゃんが腹圧をかけますと再脱出が認められます。

結局、総排泄腔の端を縫合糸で1針分縫いこんで再脱出を抑え込みます(黄色矢印)。

勿論、この状態で排便排尿は普通にできます。










この状態で約1週間ほど生活してもらった後、縫合糸を切って卵管の再脱出がなければ治療は終了です。



産卵を繰り返す個体は卵塞になる確率は高いですし、その結果腹圧をかけて産卵するので腹筋の発達していない鳥は卵管が脱出してしまう事になります。

結局、産卵を頻発する個体については、産卵をさせないような飼育環境を作る必要があります。

具体的には

1:巣に代わるものを与えない。

巣箱代わりになるような大きなエサ入れ・テッシュペーパーの箱等を与えない。


2:暗がりや狭い場所に行かせない。

産卵に集中してしまいます。


3:ケージの床に紙を敷かない。

紙を咬んで巣作りの気分になります。


4:交尾の刺激を与えない。

背中をさっすたりしないでください。


5:気分を他の物に向けさせて発情を抑える。

人通りの激しい所・日当たりのよい場所にケージを置く。


6:産卵してしまったら、卵を取り出さない!

産卵の都度、取り出しますとダラダラといつまでも生み足してしまいます。
最後の卵を生み終わったら10日ほど温めさせ、卵を一度に取り出してください。


以上の点にご注意いただき、繁殖関連の疾病を防止して下さいね。




にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります!

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31