犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウ―パールーパー・カエルの疾病

ウーパールーパーの腹水症

ウーパールーパーの疾病の中で、浮遊病に次いで多いのが腹水症です。

これは、体腔内に水が貯留する疾病です。

浮遊病は消化管内に溜まったガスが体に浮力をつけて、水面にまで浮かんでしまいます。

一方、腹水症は水が溜まることで水槽の水底にうずくまる姿勢をとります(貯留する腹水量によります)。


今回ご紹介しますウーパー君は、この2週間くらいの間に少しづつお腹が膨らんできたとのことで来院されました。

下写真にあるようにかなり腹囲が膨満しています。



触診をした感じでは、腹腔内にガスが溜まるというよりは液体の貯留している波動感があります。







腹腔内に溜まっているものが何かを確認するため、レントゲン撮影を実施しました。



上写真のレントゲン像で黄色丸で表した個所、といってもほとんどの体腔内に白く描出された腹水が確認されます。

腹水症と診断はできましたが、この腹水症の原因は種々あります。

細菌やウィルス感染・心疾患・肝疾患・腎疾患・体腔内の腫瘍等です。

犬猫といった哺乳類であれば、さらに各種検査で原因究明は可能ですが、両生類は詳細の確認ができません。

対症療法に終始せざる得ないわけですが、まずは腹水の性状を調べることとしました。





慎重に腹腔内に針を入れて、腹水を吸引していきます。

吸引した腹水は比重が1.003という低比重で、ほとんど水に近いものです。



貯留している腹水を全部抜去することは、かなり危険でショック状態に陥る場合もあります。

今回は腹水検査のための吸引に留めます。

あとは、試験的に内服薬を投与して腹水を減少させていく予定です。

両生類用リンゲル液に個体ごと浸漬して、浸透圧を利用して腹水を抜いていく方法もあります。

いずれにせよ、ウーパー君に負担をかけないように、かつ速やかに腹水を抜去する方法を展開します。

経過は追って報告させて頂きます。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらをクリックして頂けると励みになります。
 

投稿者 院長 | 記事URL

アカハライモリの舌損傷

アカハライモリは、日本固有の両生類です。

日本で一般にイモリと言えば、このアカハライモリを指します。

下腹部に赤い模様があり、トカゲのような印象を受けます。

このアカハライモリの愛好家は多く、実をいうこの私も小学生の頃、多頭飼育していました。


本日、ご紹介しますのはこのアカハライモリのドラゴン君です。

下顎が腫れ、お腹も腫れ、食欲が無くなってきたとのことで来院されました。



下写真にありますように、黄色矢印に示したように舌が腫大し、飛び出しています。







加えて下顎部が腫大しています。

開口させて、舌を拝見しますと潰瘍を起こして舌全体が腫れあがっています。



残念ながらあまりに小さな両生類で、鉗子で開口はできても舌の病変部を上手く接写出来ませんでした。

恐らくは舌に損傷を受けて、そこから雑菌が入り炎症を起こし潰瘍に至ったものと思われます。

さらに開口が十分にできず、呼吸不全からガスが消化管に貯留し始めたかもしれません。


餌が自身で採食できないのが問題です。

飼い主様に強制給餌の仕方をお伝えし、しばし抗生剤の投薬で潰瘍を直していく方針です。









にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 
アカハライモリのお腹の赤い模様が素敵と思われた方は
 

 
こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
 

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31