犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウ―パールーパー・カエルの疾病

カエルの角膜脂質症

こんにちは 院長の伊藤です。

本日は久しぶりにカエルの疾病についてコメントさせて頂きます。

両生類であるカエルは、眼病に罹患する機会が多いと言えます。

水辺に生息する点から、細菌・ウィルス・真菌の感染を受ける機会が多いこと、あるいは解剖学的に両眼が突出しており、激しくジャンプしたりして眼の外傷を受ける機会も多いです。

そんなカエルですが、両生類の眼病はまだまだ不明の点も多く、明確な治療法も分からないことが多いとされます。



今回ご紹介しますのは、カエルの角膜脂質症です。

アフリカウシガエル(雌、6歳)は両眼が白くなったとのことで来院されました。



下写真黄色矢印が角膜が白くなっている部位です。





この症状は角膜浮腫、角膜炎、ブドウ膜炎等との鑑別が必要になってきます。

角膜脂質症は、そもそも栄養学的な問題が背景にあって起こります。

高コレステロールの餌を多給されることで発症すると言われます。

両生類に限った疾病ではなく、犬でもこの角膜脂質症は日常的に遭遇します。



ソバージュネコメガエルなどの樹上生活を送るカエルに多いとされます。

最初は角膜臨部が白濁し、ついで角膜全体にコレステロールが沈着して視力が低下して行きます。

視覚障害が進行しますと餌を捕食することが出来なくなり、拒食・栄養障害に至ります。

まずは、高蛋白・低カロリー食による食餌の改善から始める必要があります。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。





宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります。

投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30