犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

猫の疾病

猫の真菌症(同居感染例)


本日は、スコテイッシュホールドの うに君と まる君のお話です。

最初に うに君が顔面の脱毛が気になるとのことで来院されました。



黄色丸で記している部位が脱毛して、皮膚が発赤しているのがお分かり頂けると思います。



加えて後ろ足の踵上部も脱毛が認められました。



患部は特に痒みもないとのことで、まずは型通り皮膚の検査を実施いたしました。

皮膚を掻把して鏡見したところ、アカラスもマラセチアも陰性でした。

真菌の培養検査を行ったところ、1週間で陽性判定が出ました。

つまり うに君は皮膚糸状菌症に罹患していることになります。

早速、うに君に真菌治療を施すことになりました。

さて、うに君の治療開始から2週間後の写真を下に載せます。







いかがですか?

当初、脱毛が目立っていた箇所は下から発毛が始まっています。

実は うに君には先輩に当たるスコテッシュホールドの まる君がいます。

この まる君が、どうも顔面周辺に脱毛があるとのことで、その1週間後に診察を受けられました。





確かに黄色丸の箇所が脱毛しています。



うに君の脱毛よりも広い範囲に脱毛が及んでいるみたいです。

まる君も同様に真菌の培養検査を受けていただきました。

結果はやはり陽性でした。

ただこの真菌培養の判定が最大2週間かかります。

判定が出るまでは、原因が不明なので積極的な治療が展開できません。

この2週間のうちに まる君の症状は残念ながら進行してしまいました。

その写真が下です。





新たに頚部にも脱毛が生じていました。





結局、まる君も うに君と同じ治療を受けることとなりました。

宿主の免疫力が低下している時は、真菌の感染を受けやすい状態にあります。

ふたりの仲は非常によく、いつもスキンシップをとっているそうです。

その点が仇となって同居感染を起こした模様です。

真菌治療は時間がかかることも多く、頑張って早く治してあげたいです。


真菌症は人畜共通伝染病とされています。

つまり動物からヒトへ感染するケースもあるということです。

この文章を書いている私も猫からうつされた経験者です。

当院の患者様の猫ちゃんで飼主様もその子からうつされた方がみえます。

当院でその猫ちゃんに出している薬と同じものを、飼主様も皮膚科でもらっているというオチが最後に付いています。

真菌に限らず、感染症は複数動物を飼育されているご家庭では、同時期に治療を開始しないと感染のキャッチボールを繰り返してなかなか完治に至らないこともありますので要注意です。





にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったらこちらupwardrightをクリック、お願い致します。
 






投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31