犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

犬の疾病

犬の偽妊娠と乳腺炎

こんにちは 院長の伊藤です。

本日ご紹介しますのは、犬の乳腺炎です。

この乳腺炎が、実は偽妊娠と言ってヒトでは想像妊娠と言う表現をされることが多い症状を背景としたものであります。


ヨークシャ・テリアのユナちゃん(5歳、未避妊雌)は内股に大きな腫れが認められるとのことで来院されました。



下写真の黄色丸の部分が腫れている箇所です。



拡大しますと



左側第5乳房が腫脹しているのが分かります。

乳腺自体が大きく腫れており、乳腺内での出血も認められます。

乳腺腫瘍の合併症もあるかもしれません。

患部を試験的に穿刺して、細胞診をしました。

注射針で穿刺と同時に注射筒内に膿が吸引されました(下写真)。



内容を染色して、顕微鏡で確認します。

低倍の顕微鏡像です。



さらに拡大しますと、下写真の様にほとんどが増産された白血球です。

白血球も壊死を起こしているものもあり、膿瘍であることは明らかです。



ユナちゃんは細菌感染による乳腺炎(急性乳腺炎)を起こしていることが判明しました。

よくよく他の乳房を診ますと、圧迫すると乳汁が出ます。

ユナちゃんは特に交配、妊娠もしておらず、それでも泌乳が起こっていました。

この状態を偽妊娠と称します。

犬ではこの偽妊娠は一般的に認められます。

その原因は卵巣から産生される黄体ホルモンです。

発情期に入って排卵すると、妊娠維持のためこの黄体ホルモンが分泌されます。

妊娠が不成立の場合、排卵からしばらくすると黄体ホルモンの分泌は終了するはずですが、個体差で黄体ホルモンの分泌が過剰だと妊娠してなくとも分泌は続行します。

偽妊娠の犬は腹部膨満、乳腺の腫大、泌乳など妊娠した時の身体の状態や行動が現れ、巣をつくり仔犬の代わりになる玩具に執着したり、攻撃的になったりします。

急性乳腺炎を起こしたユナちゃんには抗生剤を処方しましたが、翌日患部を舐めて穴が開いたと来院されました。



患部の排膿がしっかりされていましたが、きれいに患部を洗浄消毒してステープラーで縫合します。





この偽妊娠については特に治療方法はなく、約12週以内に自然におさまります。

発情期の度に偽妊娠を繰り返す個体は、子宮・卵巣・乳腺に関与した疾病を発症するリスクが高いとされます。

根本的な治療法は避妊手術です。

避妊手術で術後は偽妊娠も治まります。



ユナちゃん、しばらく乳腺炎の治療が必要ですが頑張りましょうね!



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります!

投稿者 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30