犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

モルモットの疾病

モルモットの脂肪腫(結構デカい)


こんにちは 院長の伊藤です。


本日ご紹介しますのはモルモットの腫瘍です。

モルモットも他の齧歯類同様、各種腫瘍に罹患します。

今回は四肢に発生した腫瘍で、かつ巨大な腫瘍のため歩行に問題が生じて外科的摘出に至った症例です。


モルモットのチムチムちゃん(雌、2歳5か月、800g)は、右後足に大きな腫瘍があるとのことで来院されました。



後足の腫瘤は、下写真黄色丸に示したようにかなり大きめです。





どのような腫瘍であるか、細胞診を実施させて頂きました。

下写真は細胞診ですが、ほとんど脂肪の空胞が認められます。



脂肪腫であることが判明いたしました。

脂肪腫は良性の腫瘍ですが、大きいため右後足の運行に障害があるとのことで外科的に切除することとなりました。

全身麻酔を施します。

導入ボックスへイソフルランを流して鎮静させます。



その後、ガスマスクで主麻酔に移ります。



完全に麻酔がかかったところで心電図などモニターを続行していきます。







結構デカい腫瘍であることがお分かりいただけたと思います。





これから切除していきます。



今回の腫瘍は大きく、発生している部位が肢の付根に近い所なのでマージンを十分取ることが出来ません。

脂肪腫であることがせめてもの救いで、悪性腫瘍であれば再発も覚悟しなければならない状況です。



太い栄養血管が何本も走行しています。

電気メスで止血を確実にしながら切除していきます。





切除後の患部ですが、腫瘍が大きかった分、間隙も大きく開いています。



患部をしっかり縫合します。

肢の曲げ伸ばしでテンションが一番かかる部位だけに傷口が開かないかが心配なところです。



静脈に留置が難しいため、皮下にリンゲルを輸液しています。



覚醒直後のチムチムちゃんです。



下写真は摘出した腫瘍です。





割面です。

乳腺組織に一部浸潤しています。



術後2時間のチムチムちゃんです。



翌日退院時のチムチムちゃんですが、術後から患部を気にしているためストッキネットで患部を齧っても大丈夫なように保護帯を作成しました。



2週間ほどおとなしくして頂ければ患部は綺麗に治ると思われます。

エリザベスカラー装着はストレスの原因にもなるので、今回は止めます。

チムチムちゃんお疲れ様でした。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックをして頂けるとブログ更新の励みとなります。



投稿者 もねペットクリニック 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30