犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

モルモットの疾病

モルモットの乳腺腫瘍

モルモットの乳腺腫瘍についてご紹介させて頂きます。

乳腺腫瘍というと雌の疾患とイメージしがちです。

ところが、雄でも乳腺腫瘍になってしまう事があります。

特に経験上、モルモットにその傾向があります。



モルモットの椿君(3歳、雄)は乳房にしこりがあるとのことで来院されました。



乳房から血液が混ざった滲出液が圧迫すると出て来ます。

どうやら両側の乳房に腫瘤(下写真黄色丸)が認められます。





乳房周囲の腫瘤を細胞診しました。





病理医から乳腺癌との診断を受けました。

悪性の腫瘍のため摘出手術を実施することとしました。

全身麻酔を施します。







腫瘍が発生している両側乳房を摘出します。



乳房には太い血管が走っていますので、縫合糸で結紮・止血します。



電気メス(バイポーラ)で止血・切開しながら乳房を切除しました。



両側乳房切除後の写真です。



広範囲にわたる切除となりました。

縫合後の患部にかかる緊張(テンション)が強いためステンレスワイヤーで縫合しました。



麻酔覚醒後の椿君です。

下半身の皮膚が縫合で突っ張っていますので、後足に力が入りにくいようです。



術後の経過も良好で無事、椿君は退院されました。

雄で乳癌なの?と驚かれる方は多いと思います。

モルモットに限らず、ヒトでも男性で乳癌になる方もいるそうです。

モルモットの雄の乳腺癌は多く報告されています。

もし雄のモルモットを飼育されている方で、乳房にしこりが認められたら最寄りの動物病院で受診して下さい。






にほんブログ村ランキングにエントリーしています。




宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みになります!


投稿者 もねペットクリニック 院長

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31