アーカイブシリーズ

2024年3月 8日 金曜日

乳腺腫瘍とレーザーメス

こんにちは 院長の伊藤です。

犬は乳房が左右で10個あります。

これらの乳房はリンパ管でつながっています。

第1から第3乳房は腋の下にある腋窩リンパ節へ続いています。

第4,5乳房は浅鼠リンパ節へつながっています。

なんでこんな話をするかというと、乳腺腫瘍(乳がん)の話です。

ヒトの場合と異なり、犬では乳房がこんなにたくさんあり、加えてそれぞれが連結しています。

乳腺腫瘍が発生した場合、1つだけ乳房を切除して再発も無く完了とはいきません。

状況によっては乳房を全部摘出しなくてはならないこともあるわけです。



この手術の大変な点は、乳腺が血管に富んだ組織であり、切除に当たってはそれなりの出血を覚悟しなければなりません。

加えて、乳房を切除した後に欠損した皮膚を引っ張って、縫合しなければならないのもこの手術の大変な点です。

私は大学は外科出身ですが、出血は嫌いです。

出血を極力抑えて、創傷部を綺麗に仕上げたいと思っています。



今回は半導体レーザーメスを使用して手術に臨みました。

メスの切り口としては硬性メス(普通のメス)が一番組織の修復はきれいです。

一方、血管はズバッと切ってしまいますので出血は避けられません。

従来、私は電気メスを使用していましたが、組織修復という点では半導体レーザーメスには及びません。

毛細血管含めてある程度の太い静脈をレーザーで切断・止血も同時に可能です。


今回、手術を受けるのはフレンチブルドッグの雅(みやび)ちゃんです。




右側第2乳房に腫瘍を認め、早期に摘出となりました。

雅ちゃんは右側第3乳房が生まれつきなく、部分乳腺切除術として第1,2乳房をまとめて切除します。








実際使用してみて、出血量は思いのほか少なく、使用したガーゼは何と2枚で済みました。

切れ味も鮮やかできれいな仕上がりになったと思います。

半導体レーザーがヒトの美容整形で活用されるのもうなずけます。

フレンチブルドックは胸が厚く、いわゆるハト胸ですからこの欠損した皮膚を上手に縫い合わせるのがひと苦労です。

術後の経過も良く、抜糸も予定通りできそうです。







にほんブログ村ランキングにエントリーしています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


宜しかったら、上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。


投稿者 もねペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31