アーカイブシリーズ

2024年1月19日 金曜日

リチャードソンジリスの扁平上皮癌

こんにちは 院長の伊藤です。


リチャードソンジリスを初めとして、オグロプレーリードッグもそうですが、顔面から口腔内の腫瘍の発生率が高いです。


今回、ご紹介しますのはリチャードソンジリスのジル君(雄、3歳)です。

左の口吻部に腫瘤ができて、大きくなっているとのことで来院されました。





体のサイズに比べても大きな腫瘤です。

食餌を取るにもストレスになるだろうと思われます。

まずは細胞診を実施することとしました。



その結果が下写真になります。





結果は扁平上皮癌という結果で、外科的に腫瘍を切除することとなりました。

扁平上皮癌は口の中の粘膜・膀胱の粘膜・副鼻腔・気管支などに発生する悪性の腫瘍です。

患部は潰瘍・びらんという症状で出現することが多いとされます。


最初にガスマスクをかませて、イソフルランを流入させガス麻酔をします。



ふらふらとしたところで、自家製のマスクで維持麻酔をします。





できるだけ腫瘍のマージン(辺縁)を切除します。

しかし、場所が頬になりますので頬袋ごと全摘出は難しいと思われます。

電気メスで切除していきます。





摘出した腫瘍です。





出来る限りのマージンを取って摘出しました。



術後1週間のジル君です。

傷口の経過は良好です。



この口吻部腫瘍の件は、これで落ち着いたのですが、この3か月後に右口腔内に腫瘤が出来、膿瘍も併発してしまいました。

この腫瘤を再度、細胞診したところ、やはり扁平上皮癌とのことでした。

今度の患部の所在が、頬の内側とのことで外科的手術は困難です。

扁平上皮癌に効果があるとされている非ステロイド系COX-2阻害薬のピロキシカムの内服を実施することとしました。

しかしながら、扁平上皮癌の進行が非常に早く、食欲は全く無くなり、飼主様には流動食で対応して頂きました。

それでもピロキシカム内服を始めて、わずか4日目にしてジル君は急逝されました。

非常に残念です。

ジリスにしてもプレーリーにしても扁平上皮癌は進行・転移が非常に早く感じます。

この扁平上皮癌を発症した場合、その後の展開は厳しいものと思います。





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 
上記バナーをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。












投稿者 もねペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30