犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
ウサギの飼い方・健康管理の紹介

カメの飼い方・健康管理の紹介

!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

爬虫鋼、カメ目、首の収納方法により曲頸亜目と潜頸亜目に大別され、それぞれに15科、300種類に分けられます。

カメは生活様式におおいて下記のように分けられます。
<水棲カメ>スッポン、ワニガメ、ウミガメ、スッポンモドキなど。
<半水棲カメ>ミシシッピアカミミガメ、ニホンイシガメ、クサガメ、など。
<陸棲カメ>モエギハコガメ、セマルハコガメ、オオヤマガメなど。
<完全陸カメ>ギリシャリクガメ、ヘルマンリクガメ、ホシガメ、ケヅメリクガメなど。

特徴

カメは歯を持たず、嘴を持ちます。
この嘴は肉食のカメほど嘴は鋭くなり、草食のカメほど繊維質をすり潰すために臼のように厚い構造になっています。
体は他の爬虫類と異なり、大部分を大きな甲羅、皮膚は鱗にて覆われています。
甲羅は生活様式によって形状が異なります。
水棲のカメであれば、水の抵抗を抑えるため、流線形の滑らかな甲羅になります。
また、体全体ではないが少しずつ脱皮をする動物です。
<水棲のカメ>
水中で生活。手足を動かして水をかく必要があるため、オールのようなヒレ様の構造となります。
<半水棲のカメ>
水と陸地で生活。指と指の間に水かきがあります。
陸棲になると水かきは必要なく、体重を支える必要があるため、指と指が分かりにくく、太く丈夫な手足になります。
<陸棲のカメ>
湿度のある陸地で生活。外敵から自身を守るためにドーム状の甲羅になります。
手足の構造も陸棲、水棲で異なります。
<完全陸棲カメ>
一生陸地で生活。見た目は陸棲と変わりません。

一般的な飼育環境

カメは変温動物であり、体温は外気温にとても影響を受ける外温動物です。

活動する際は外気温で体を温めて代謝機能を高めてから活動し始めます。
極端な低温である場合、体の代謝機能が低下し、体に不具合が現れてしまったり、冬眠に入ってしまったりします。
カメにとって住みやすい好適温度、湿度はそれぞれの種の生息環境や飼育環境によって異なります。

温度(目安)
水棲 24~30℃
半水棲 26~29℃
陸棲 25~32℃
完全陸棲 28~31℃

水棲・・・熱帯魚と同じアクアリウムによる飼育環境が基本。
半水棲・・・陸上部分と水中部分の両方をつくるアクアテラリウムによる飼育環境が基本。
陸棲・・・陸上部分を設けた湿度の高いテラリウムによる飼育環境が基本。
完全陸棲・・・リクガメなどは乾燥した地域に棲息しているタイプは乾燥したテラリウムによる飼育環境が基本。

飼育ゲージ

<水棲カメ>スッポン、ワニガメ、ウミガメ、スッポンモドキなど。
飼育用水が多い為、体長の4倍以上の大きさの水槽や衣装ケース、コンテナなどを利用します。

<半水棲カメ>ミシシッピアカミミガメ、ニホンイシガメ、クサガメ、など。
飼育用水が多い為、体長の4倍以上の大きさの水槽や衣装ケース、コンテナなどを利用します。
陸地も必要とするので深めの容器がおすすめです。
成長すると60cm以上となる為、ある程度の大きさになったらベランダ・庭飼いもオススメです。その場合、入浴できるように大きめの容器と日差し除けは必要です。また脱走しないように網を張ったり穴を掘って脱走しないようブロック等で囲むなど工夫が必要です。

<陸棲カメ>モエギハコガメ、セマルハコガメ、オオヤマガメなど。
湿度が保てるような水槽やコンテナボックスを利用します。
床材を必要とするので深めの容器がオススメです。
成長すると60cm以上となる為、ある程度の大きさになったら温度管理のできる室内飼いもオススメです。その場合、入浴できるように水入れが必要とされるので防水・衛生対策をする必要があります。

<完全陸カメ>ギリシャリクガメ、ヘルマンリクガメ、ホシガメ、ケヅメリクガメなど。
乾燥を好む為、爬虫類用の通気性のよいタイプやコンテナボックス、プラ船を利用します。
床材を必要とするので深めの容器がおすすめです。
成長すると60cm以上となる為、ある程度の大きさになったら温度管理のできる室内飼いがおススメです。乾燥に強い陸カメならベランダ・庭飼いもおススメです。どちらも入浴できるように水入れが必要とされるので防水・衛生対策をする必要があります。また、日が当たる場所では日差し除けや脱走防止が必要です。

ゲージ環境

●床材
工事中

食事について

工事中

健康管理及び・治療の紹介

<水棲カメの健康診断>

工事中
※詳しくは「症例と治療例の一覧」をご覧ください。

症例と治療例一覧

健康管理及び・治療の紹介

<陸棲カメの健康診断>

工事中
※詳しくは「症例と治療例の一覧」をご覧ください。

症例と治療例一覧