犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL

新・イモリの飼い方・健康管理の紹介

ウサギの飼い方・健康管理の紹介

イモリの飼い方・健康管理の紹介

!

HPをご覧のみなさまへ

全国から電話でのお問い合わせがありますが、当院では「電話・FAX」での「飼育相談・診療相談(遠隔治療)」は行っておりません。

※診察対象のお問合せ、初診での受付内容(受付時間・持込方法など)、獣医師の不在確認、手術の予約、他の病院からの紹介状による相談は、診察時間内にお願いいたします。

分類学

両生類網有尾目イモリ亜科イモリ科、20属に分けられます。
北アメリカ大陸、地中海沿岸、日本を含む東アジア、ヨーロッパに分布します。
河川、池沼などに生息し、一般的に飼育されている種として日本固有種としてアカハライモリがあります。

特徴

アカハライモリ

全長おおよそ10㎝前後、2対の足と長い尾、腹側が赤色に黒のまだら模様が一般的です。
・皮膚よりテトロドキシンと呼ばれるフグ毒と同じ成分を分泌します。
・変温動物です。(外気温の影響あります。)
・脊椎動物の中でも再生力が高いです。
・アカハライモリは他の種に比べ、気温変化に強く、食欲旺盛です。
28度以上の高温には弱く、一方、寒さには強いですが、低温になると冬眠に入ってしまうため、注意が必要です。
・寿命は長寿で20~25年です。
・両生類は幼体から成体へ変態を行います。
そのため呼吸様式がエラ呼吸から肺呼吸に変化していきます。
生息地は生まれたばかりでは水中のみですが、成体は繁殖期を除き、水辺の木の葉の裏などの陸上で生活します。
・3~5年で成熟し、気温が上がり始める春になると繁殖のシーズンを迎えます。
・外気温に影響を受ける変温動物です。

一般的な飼育環境

1ゲージに1頭の単独飼育を推奨します。
ゲージ内に過密になると共食いや皮膚毒の影響があります。

飼育ゲージ

30㎝ほどのプラケースもしくは水槽を選びます。
壁を上って脱走するため、厳重な対策が必要です。

ゲージ環境

●水温
至適温度は20℃前後です。
高温(30℃以上)になると命の危険あり、低温(10℃以下)になると冬眠します。
暑さに弱く、寒すぎると弱ってしまうため、温度管理は注意する必要があります。


●水量
ケージに合わせた適切な量を入れます。(水量が多ければ水質の汚染はされにくいです。)
 

●陸地
成体になると肺呼吸に変わるため、陸地が必要となります。
石や砂利、木などを使い、隠れ家のイメージで設置すると良いでしょう。

 

●水草
体を隠したり、繁殖の際に卵を産み付けたりするために必要です。

●ろ過機
水質を良い状態で保つことに役立ちます。
飼育ケージが大きくなる場合は必須となります。
ただし、水流はあまり強くしないようにします。


●水の交換
清潔な水を必要とするため、カルキ抜きをした水にて1~2週間程度で交換します。
(ろ過機など導入する際には交換する間隔は伸ばすことが可能です。)

食事について

食性は肉食であり、野生ではオタマジャクシやミミズ、虫、小魚を食べています。
そのため、乾燥アカムシやイトミミズ、メダカなどの生餌、カメの餌などの人口餌などを与えます。

アカハライモリは食欲が旺盛で与えられた分だけ食べてしまうため、食べ過ぎによる肥満や消化不良になりやすいです。
食餌の回数は水質のことも考えると週1~2回程度、量はお腹の張りを見つつ調節します。

症例と治療例一覧