犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウサギの疾病

ウサギの腰椎骨折

ウサギは骨が脆く骨折をしやすいことは、皆様ご存知と思います。

我々もウサギの診察は診察台の上ですることはなく、椅子に助手を腰かけさせ、仰向けで保定した状態で診察させて頂いてます。

ウサギはちょっとした物音にも反応して、強力な後ろ足でキックします。

その時に脊椎骨に障害(脱臼、骨折等)が及びますと肢の麻痺、排便・排尿障害などが起こります。


本日、ご紹介しますのはミニウサギのジュニア君です。

飼い主様が気づかれた時には、すでにジュニア君は後肢が麻痺を起こしており、起立不能状態に陥っていました。



起立不能の原因を探るためにレントゲン撮影を実施しました。





さらに腰椎を拡大したのが下写真ですが、黄色丸で示した腰椎に亀裂が入っています。





第5腰椎が亀裂骨折を起こしています。

加えて、ジュニア君の膀胱は多量の尿が貯留していますので、排尿障害の心配もあります。

後肢の痛覚はなく、現時点では前肢による匍匐前進しかできません。

脊椎骨の骨折の場合、犬猫であればプレート、骨スクリュー等による固定も可能ですが、ウサギの場合は骨が柔らかく脆いため確実な固定は望めません。

したがって、内科的療法でリハビリを含めた介護が必要となってきます。





飼い主様がジュニア君のことを愛され、大事にされてます。

ジュニア君は麻痺している後肢が気になるらしく、齧って皮膚が裂けてしまい、その治療も必要です。

排便・排尿も自身で確実にコントロールはできませんので、紙おむつをしています。





内科的治療にジュニア君が少しでも反応してくれて、後肢の麻痺が改善することを祈念してます。

全国的に見ても、脊椎損傷で後躯麻痺で介護生活をおくるウサギ達は多いです。

飼い主様の治療への情熱によるところが大きいです。

我々、病院のスタッフもジュニア君の回復を応援していきます。







にほんブログ村ランキングのエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックお願い致します。
 

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のブログ記事