犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウサギの疾病

ウサギの肘頭骨折

ウサギは骨が脆く、その一方で筋力が強い。

非常に憶病な性格のため、ちょっとした物音にも驚いて暴れることがあります。

その結果、思いもよらない骨折に遭遇することがあります。

今回ご紹介するのは、ホーランドロップのラッフル君です。

激しいジャンプをした後、左前肢がぶらぶらしていることに飼主様が気づかれ、来院となりました。



レントゲン撮影をしました。



黄色丸で示した肘頭の部分が骨折しています。

この肘頭の骨折は上腕三頭筋の強力な牽引力で骨片が離断するため、犬ではテンションバンドワイヤーを使用して内固定を実施することが多いです。

しかしながら、ウサギとなると骨密度の薄さからワイヤーで固定しても結局、肘頭部に亀裂が生じて、失敗に終わる経験が過去にあります。

確実な肘の曲げ伸ばしが復元されるかは難しい所ですが、ギブスによる外固定で時間をかけ治療をしていく方針を決めました。

全身麻酔をかけ、レナサームという熱湯で変形・加工できる熱可塑性キャスト剤を使用します。



骨折している肘頭部を囲い込むようにしてレナサームを何枚も組み合わせて患部に巻き付けます。



巻きつけて5分もするとレナサームは硬化し始めます。



確実に硬化したのを確認して、外固定を終了します。



麻酔から覚醒して、ラッフル君は処置前には拳上していた前肢をある程度、着くことが出来るようになりました。





ギプス固定は固めた後に微調整が必要となります。

血行を阻害していないか、関節部に圧迫を加えていないか等など、翌日チェックします。

ラッフル君は1か月以上この厄介なギプスを前肢に巻いて暮らすこととなります。

早く、骨折部に仮骨が形成され、肘の動きが円滑にできるのを期待します。






にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。
 

投稿者 院長 | 記事URL

ウサギ・ミミヒゼンダニ感染症

フェレットのミミヒゼンダニについては以前、詳細を報告させて頂きました。

ウサギもフェレット同様、ミミヒゼンダニの感染を受けます。

ウサギ・ミミヒゼンダニ感染の場合は、フェレットより症状は酷いです。

耳の中の掻痒感が強く、ウサギは耳を後ろ足で引掻いたり、頭を振ったりします。

外耳道壁はミミヒゼンダニで穿孔され、結果できた耳垢はコーンフレーク状に固まって層状を呈します。

今回、ご紹介しますのはカペタ君です。



耳をしきりと痒がるとのことで来院されました。

耳の中を確認しますと次の写真の通りです。

黄色丸の中が耳垢がびっしり詰まっています。



黄色矢印の方向から垂直外耳道の中は完全にコーンフレーク状の耳垢が詰まっています。



この耳垢を採取して、顕微鏡検査しました。





しっかりミミヒゼンダニが多数、寄生しているのが確認できました。

ミミヒゼンダニの駆除にはセラメクチンが有効です。

早速、カペタ君に®レボルーションをつけました。

レボルーションはセラメクチンを主成分とする駆虫剤で、ミミヒゼンダニ、回虫、ファイラリア、ノミの予防・駆除に効果があります。

1週間後の再診時のカペタ君です。





耳の中が非常にすっきりしています。

1週間前には、びっしり詰まっていた耳垢が綺麗に無くなっています。

外耳道内に少し残っていた耳垢を検査したところ、ミミヒゼンダニの死骸は見つかりましたが、生存してるミミヒゼンダニはいませんでした。

カペタ君は耳の中の痒みもなくなり快適な生活に戻りました。





多頭飼育されているご家庭では、感染個体がいれば接触することで、他の個体にもミミヒゼンダニは移りますから注意が必要です。

耳を痒がる仕草とコーンフレーク状の耳垢が認められたら、まずはミミヒゼンダニを疑って下さい。





にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。
 



投稿者 院長 | 記事URL

ウサギの子宮内膜過形成(子宮内膜炎伴う)

雌のウサギでは、雌性生殖器疾患は日常的によく見られます。

これまでにもウサギの子宮腺癌ウサギの子宮腺癌(その2)と書き込みましたが、4,5歳以降になると雌性生殖器疾患は多発します。

ほとんどの子宮疾患は、食欲不振を伴わないことが多く、そのため発見が遅くなる傾向があります。

多くは血尿が出るとの事で来院され、検査の結果、子宮疾患であると判明することが殆どです。

今回、ご紹介致しますのはネザーランドドワーフのココちゃん(2歳、1.8kg)です。



血尿が続くとのことで来院され、尿検査を実施したところ潜血反応陽性で、レントゲン検査、エコー検査共に子宮の腫大が認められました。

何らかの子宮疾患があることは明白です。

まだ若い個体なので、将来のことを考えると卵巣・子宮全摘出を実施された方が賢明と思い、また飼主様のご了解もいただきましたので手術を実施することとしました。

ウサギの場合、麻酔上の難しさもあり、当院ではICUの部屋に入ってもらい酸素化を行なってから、麻酔前投薬・導入・ガス麻酔と進めていきます。





開腹して子宮を確認したところ、子宮は腫大しており子宮内は出血して、暗赤色に変色している部分が認められました。

バイクランプで卵巣動静脈をシーリングしているところです。







下の写真は、摘出した子宮です。

バイクランプで主要な血管はシーリングしましたので、出血は最小限にとどめることが出来ました。



ココちゃんは術後の覚醒も速やかで問題ありませんでした。





術後はICUでしばらく入院してもらいます。



さて、摘出した子宮ですが子宮の内膜が炎症を起こしており、加えて内膜が嚢胞上に腫れていました(子宮内膜過形成)。





卵巣子宮摘出手術が適用となる生殖器疾患には、今回のような子宮内膜過形成の他に、子宮蓄膿症、子宮内膜静脈瘤、子宮水腫、子宮捻転、子宮腺癌などが挙げられます。

今回の子宮内膜過形成は、症状として排尿後の出血や間欠的な陰部からの出血、それに伴う貧血が主徴です。

食欲不振や元気消失が認められるようになると、かなり病状は悪化しているものと思って下さい。

血尿が数日でも続くのならば、病院を受診されることをお勧めします。

そして、毎回同じことの繰り返しになってしまいますが、早期の避妊手術をご考慮下さい。



ココちゃんは、2日間の入院後、元気に退院されました。

その後の血尿も認められません。




にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると嬉しいです。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30