犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウサギの疾病

ウサギの舌下膿瘍

以前、ウサギの膿瘍で症例報告をしました。

ウサギの膿瘍は上顎部や下顎部に生じることが多く、その膿瘍の原因となるのは臼歯の歯根部が炎症を起こして、生じた膿瘍が排出する先がなくて皮下に腫瘤を形成するというものです。

今回は、直接歯根部の炎症には関与していなくて、下の付け根の外傷が原因となって生じた膿瘍です。



このウサギ君は、食欲はあるようだけど餌が食べられないとのことで来院されました。

開口器を使用して、口の中を覗いたところ、舌の付け根あたりに腫瘤(上写真の黄色の丸)が認められました。



この腫瘤は舌の付け根正面から形成されており、臼歯とは独立した位置に存在していることから、下の付け根あたりの外傷から雑菌が侵入して、膿んだように感じます。

明らかに外からみても、この腫瘤の内容物がクリーム色をした膿瘍であることが分かりましたので、患部を穿刺して、排膿しました。







ウサギの膿瘍はクリーム状の膿(上写真の黄色い矢印)が必ず出てきます。

今回はこの膿瘍部を洗浄・消毒し、抗生剤の投与を実施しました。

受傷した場所からして、チモシー(干し草)あたりを採食したときに下の付け根にチモシーの先端が突き刺さったのではないかと思います。

比較的、日常の診療では見かけない膿瘍でしたので載せてみました。



ウサギの膿瘍もいろんな場所にできると思われた方は
 

 
こちらupwardrightのクリック、していただけると嬉しいです。
 




投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のブログ記事