犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウサギの疾病

ウサギのコクシジウム症

コクシジウムはウサギでは好発する寄生虫症です。

コクシジウム(Eimeria属)はウサギの腸管に寄生するタイプは12種類あるそうで、多くが2種類以上のコクシジウムに混合感染しているといわれています。

加えて肝臓に寄生するコクシジウム(E.stiedai)というタイプもあります。

一般に成熟したウサギがコクシジウムに感染しても、多くは不顕性感染と言って症状は表向き何もないケースが多いようです。

しかし、これが幼弱の個体が感染しますと下痢や体重減少を引き起こし、重症例では死亡したりする場合もあります。

今回、ご紹介するのは3か月のウサギ君です。



水溶性下痢便が続くとのことで受診されました。

便は下の写真です。



早速、検便を実施しました。

顕微鏡下で以下のコクシジウムのオーシスト(卵)が見つかりました。








黄色い矢印が示しているのがコクシジウムのオーシストです。

治療法としては、サルファ剤やトリメトプリム・スルファジアジン合剤を投薬することで駆逐します。

問題となるのは、12種類あるコクシジウムの内、交叉免疫と言って1種類のコクシジウムに感染したからと言って残り11種類のコクシジウムには免疫ができたわけではありません。

いづれにしても幼弱個体ではこのコクシジウムは要注意ですね。




 
コクシジウムのオーシストを初めて見たという方は
 

 
こちらをクリックして頂けると励みになります。
 




投稿者 院長 | 記事URL

ウサギの毛芽腫

ウサギの体表部に認められる腫瘤(しこり)には、皮下膿瘍や水腫、肉芽腫に代表される非腫瘍性病変と表皮、毛包由来、皮脂腺

由来等の腫瘍性病変に分けられます。


今回、毛包由来の毛芽腫(Trichoblastoma)という腫瘍について報告します。

ご紹介するのはウサギのいちごちゃん(5歳)です。

左の大腿部外側面に親指大の腫瘤が一か月ほどの間にできたとのことで来院されました。

ひとまず、どういう細胞なのかを知るために細胞診を実施しました。

下は患部を細胞診した写真です。




上皮性の腫瘍細胞が認められましたので、早速外科的に切除をすることになりました。






黄色の丸で囲んだのが腫瘍の患部です。





思いのほか大きな腫瘍でしたので、患部への発達した栄養血管も考慮して、バイポーラの電気メスで切除しました。



ほとんど出血がなく、綺麗に切除は完了しました。






わずか15分くらいの手術でしたので、本人はいたって何事もなかったかのような風情です。

下が切除した腫瘍です。



次は切除した腫瘍の割面です。




切除患部のスタンプ標本は以下の通りです。





一般にウサギの皮膚腫瘍は少ないとされていますが、その中でも今回の毛芽腫は発生が多い腫瘍です。

幸いなことに毛芽腫は良性の腫瘍です。

外科切除も容易であり、予後も良好で再発例も少ないと言われます。

発生部位によっては、患部が自壊をきたして細菌感染をしたり出血を伴ったりしますので、手術適応な状態ならば早期の外科手

術をお勧めします。





ウサギの毛芽腫なんなのか知りません!

 

 
という方は、こちらupwardrightをクリックして頂けると幸いです。

 










































投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30