犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウサギの疾病

ウサギのソアホック(足底皮膚炎)

ウサギには犬猫のように足の裏に肉球がありません。

足裏の被毛がクッションの代わりを果たしています。

加えて、多くの哺乳類と異なって足首の関節から下を床面に着けて全体重を支えるという特徴があります。

通常、野生のウサギは地面で生活をしており、適度な運動を行うことで足裏にかかる圧力は随時変化します。

一方、ペットとして飼育されているウサギは、室内ケージの平坦で硬い床材の上で一日の大半を過ごすこととなります。

当然、ウサギの足裏は床面の圧迫を受けて、足底面の皮膚と骨組織との間に血行の循環不全を招きます。

その結果、最悪の場合、足裏が虚血性壊死を起こしてしまいます。

この症状を称して、ウサギのソアホック(足底皮膚炎)と言います。

下の写真は、両側の足裏がソアホックになっているウサギ君です。




黄色の円で示している部分が、足底部の皮膚炎を起こしています。





通常、足裏の脱毛に始まり皮膚病変は紅斑、びらん、潰瘍へと進行します。





上の写真は別件のウサギ君です。

本人も患部を気にして後ろ足を拳上したり、前足に体重をかけるしぐさをしていました。

次の写真は、さらにソアホックが進行した症例です。





患部の潰瘍に加えて、細菌感染が深部に及び膿瘍を形成しています。

さらに進行しますと骨髄炎や滑膜炎となり、浅指屈筋腱が機能しなくなると歩行すらできなくなります。

治療としては、患部の徹底した洗浄と湿潤療法を実施します。

特に患部の創傷管理のためにドレッシングを行います。

潰瘍部に肉芽組織増殖促進するクリームを塗布し、ドレッシング材としてハイドロサイトやメロリン等で被覆した後、弾性粘着テープでガードします。



ソアホックはそのステージによりますが、治療には1か月から数か月に及ぶことも多いです。

患部の治療だけでなく、飼育環境の改善が重要です。

凹凸のある床材や低反発マットあるいはウサギ用に考案された足底皮膚炎予防マットを利用し、足裏にかかる圧力を拡散・低減させてください。

加えて、運動不足で肥満のウサギはダイエットも考慮してください。


 ウサギのソアホックに関心を持たれた方は
                                            

 
こちらupwardright    をクリック、宜しくお願い致します!
 

投稿者 院長 | 記事URL

ウサギのツメダニ感染症

ツメダニ(Cheyletiella spp. ) の寄生性皮膚疾患をご紹介します。

このツメダニはウサギのみならず、犬猫にも寄生します。

特にツメダニは表皮の角質層に寄生し、ライフサイクルは35日間です。

約1か月強で次世代に交代します。

このツメダニ感染症は症状として、背部・肩甲骨間・尾根部に寄生し、白く大きな鱗屑を認めます。

次いで、脱毛が起きます。

この段階で非常に痒みを感じる個体も多いです。

場合によっては、ヒトにも感染は起こります。人畜共通感染症とされています。




今回のツメダニ感染患者はロップイヤーのサスケ君です。

背中の鱗屑がひどいとのことで来院されました。

下の写真にあるように背部の脱毛と鱗屑が認められます。

赤丸の部分・赤の矢印に集中して鱗屑・脱毛があります。







加えて、飼主様もサスケ君と接触した腕に強い痒みを感じると申告されています。

患部に密着したセロハンテープをスライドガラスに張り付け、顕微鏡で検査しました。




多くのツメダニが被毛の中から検出されました。





上の写真はツメダニの卵です。




顎の部分を拡大しますと下の写真のようになります。

この顎で食い付かれるとさぞかし痛いでしょうね。



治療法としては、イベルメクチンやセラメクチンの投薬できれいにツメダニを駆除出来ます。

健康で正常なグルーミングができる個体は、ツメダニの感染があっても、無症状であることが多いとされています。

ツメダニは宿主から離れても10日間は生存するとされています。

そのため、ケージ内の敷料は紙製に変えて、毎日廃棄できるようにし、ケージ内の掃除を徹底することが大事です。




ツメダニが気持ち悪いと思った方は、こちらを



upwardright  クリックして下さいね!







投稿者 院長 | 記事URL

ウサギの子宮腺癌

ウサギは繁殖力に特化した動物です。

これは当院のホームページのウサギの疾病に載せたとおりです。

そして多くの避妊していないウサギは平均4歳以降に子宮疾患を起こします。

その理由は、発情期が極めて長いため子宮が長期間にわたりエストロジェンに暴露されるためです。

今回、ご紹介するのはホーランドロップのクルミちゃん(8歳4か月)です。

最近、食欲不振・尿量低下で来院されました。



尿検査をしたところ、潜血反応・顕微鏡下での赤血球を確認しました。

高齢でもあり、血尿がからんでくると子宮疾患の可能性が高くなります。

レントゲン写真でも下腹部に腫瘤(マス)の存在を認めます。




腹部の膨満が著しいため、急遽、卵巣子宮摘出を前提とした試験的開腹手術を実施することとしました。



仰向けの姿勢で既に下腹部が膨隆しているのがお分かりいただけると思います。



早速メスを入れたところ、腹膜下より子宮とおぼしき組織が出てきました。



慎重に内容を外に出します。



卵巣から子宮角、子宮間膜、子宮頚部へと大きな腫瘍が形成されています。



これだけ腫瘍が広い範囲に及んでおり、出血量も多いと見込まれましたのでバイクランプによる止血を実施しました。









これだけ大きな腫瘍ですから、手術も長時間にわたる覚悟でいましたが、バイクランプによる迅速な止血でわずか30分ほどで終了しました。



腫瘍摘出後の腹腔内出血もなく、実にすっきりした感があります。








皮膚縫合を終え、麻酔の覚醒を待ちます。







無事、麻酔から覚醒したところです。

クルミちゃん、よく頑張ってくれました!

ウサギは犬猫の比べて組織自体が脆弱で取り扱いは細心の注意を要しますが、それ以上に麻酔の管理が大変です。

ですから、麻酔から確実に覚醒してくれた時が一番嬉しいです。

摘出した腫瘍は400gありました。ちなみにクルミちゃんの体重は1700gでした。




手術は成功したのですが、術後3日目にクルミちゃんは急逝されました。

原因はいろいろ考えられますが、体の4分の1にあたる腫瘍が循環血流量及び栄養分の多くを吸収していたはずですから、摘出後の循環血流量の低下に伴うショックが生じたと思われます。

犬のように輸血自体ができない動物なので、限界を感じます。

ただこの文章をご覧になっていただいてる皆様に申し上げたいのは、雌のウサギの子宮疾患発生率は犬よりも高く、予防するための唯一の手段は避妊手術しかありません。

可能な限り、若い1歳未満の時期に避妊手術をお受けいただくことを強くお勧めいたします。


合掌








よろしければクリックお願いします。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30