犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ウサギの疾病

ウサギの梅毒

皆様は梅毒という病気をご存知でしょうか?
ヒトでは大昔からの代表的な性病に挙げられています。
一方、ウサギには、このヒト梅毒の病原体であるTreponema pallidumと類似したTreponema paraluiscuniculiによって起こるウサギ梅毒(ウサギスピロヘータ病)という疾患があります。
家畜や犬・猫にはない疾病だけに見過ごされがちな病気です。
ヒトにウサギから感染することはありません。
あくまでウサギの間での感染とお考えください。

このウサギ梅毒は交尾によって感染が成立します。
しかし、性的に成熟していない若年ウサギでも感染が起こります。
これは、母ウサギがすでに梅毒の感染を受けており、胎児の時に母子感染を受けたものです。
当院ではほとんどの罹患ウサギは母子感染による若齢ウサギです。
子ウサギの本症の発病は生後2.5~3.0カ月齢に集中するとされます。


症状は皮膚粘膜部である鼻孔周囲、口唇周囲、眼瞼周囲、包皮・陰唇、肛門に皮膚病変として現れます。
病変部には、潰瘍・びらん、水抱、紅斑、かさぶたが認められます。
特に鼻孔周囲の炎症が強ければ、頻繁にくしゃみをします。
以下の写真は、まだ生後3カ月齢の子ウサギですが、梅毒の感染を受け当院で治療中です。
鼻孔周囲と陰部のびらん・潰瘍が認められます。









治療法としては、クロラムフェニコールという抗生剤を数週間投薬します。
ヒトではペニシリンが特効薬とされていますが、ウサギのような草食獣ではペニシリンは腸内細菌にダメージをあたえることが多く、加えてクロストリジウムという芽胞菌を増殖させ、腸性毒血症を招くため投薬は禁忌です。
投薬により、皮膚病変が完治しても、さらにあと2週間は投薬を続けます。
これによって、さらに何年かのちに梅毒の再発を未然に防ぐことが出来ます。

投稿者 院長 | 記事URL

ウサギの精巣腫瘍

ウサギの精巣腫瘍は比較的高齢(5歳以降)に発症するようです。
片側もしくは両側の精巣が腫れて気づいて来院されるケースが多いです。
日を追うごとに精巣が大きくなり、後ろ足で精巣を踏みつけたり、排便が上手に出来なくてお尻周りが汚れて悩まれている飼い主様が多いのも特徴です。
摘出した精巣を病理検査に出す機会は飼い主様の意向に合わせていますので、犬に比べて比較的少ないです。

今回はそんなウサギの精巣腫瘍2例をご紹介します。
左側精巣が腫大し、生活の質(Quality of life)が落ちてきたため手術を希望されました。
摘出した精巣はライディヒ間質細胞腫でした。
犬では潜在精巣との関連が強いとされていますが、良性の腫瘍です。





次のウサギは両側の精巣腫瘍です。
先のウサギ同様、お尻周りの汚れが目立ちます。
腫瘍の病理検査はセミノーマで転移(リンパ節・肺・腹腔臓器)は犬では5%以下とされていますが、ウサギでは不明です。
今回の2例ともに術後の経過は良好です。




上記のような精巣腫瘍もありますが、外見からみて精巣腫瘍と見間違えるものに精巣炎・精巣上体炎が挙げられます。
これらはPasteurella mulutocida 等の細菌が原因で起こる感染症です。
精巣や精巣上体が腫脹して陰のうが大きくなります。
この場合は、抗生剤の投薬で鎮静しますが、重症例では去勢手術を実施します。

投稿者 院長 | 記事URL

ウサギの膿瘍

今回はウサギの膿瘍、特に歯にまつわる膿瘍(歯周病起因のタイプ)をご紹介します。

ウサギの切歯・臼歯の過長症で説明したように、彼らの常生歯という特徴から咬み合わせの悪さから歯根部に細菌感染が及んで上顎や下顎が腫れあがるほどの膿瘍ができます。

ウサギの場合、犬猫の膿瘍と異なるのはチーズ様の粘性の高い膿の発生により完全排出が困難であることです。
加えて顎骨の変形・融解を伴うため完治させることが不可能です。
そのために飼い主様への患部処置法や食事管理等の指導がかかせません。

根本的治療は原因となる患歯の抜歯となります。
ウサギは犬猫に比べ骨密度が半分以下であり、膿瘍による顎骨の変形・融解が生じてい舞うので重度の膿瘍でない限りは当院では抜歯は行っていません。
したがって、治療の中心は膿瘍の治療となります。
患部の場所、膿瘍の程度、顎部の変形・融解などに応じた個々の処置法を当院では実施しています。

下の写真は膿瘍が下顎に出来たウサギです。




下の写真は別のウサギです。下顎を切開して排膿して洗浄液で洗っているところです。




さらに別件のウサギですが、皮下膿瘍を切開して患部を開放創にしてこの創内に洗浄・消毒管理を実施している写真です。
術後、最低でも数週間の抗生剤の投与が必要です。




次は下顎の膿瘍が破裂してしまったウサギです。
破裂した嚢包を縫合して、排膿のためにドレインチューブを留置しました。
ドレインチューブ内に洗浄消毒液・ニューキノロン系の抗生剤・アイプクリーム等を投与して治療を行いました。
これらの治療で二週間後には一旦、完治したかにみえましたが、数カ月後に同じ場所に膿瘍が再発しました。




何度も繰り返して申し上げますが、このウサギの歯科疾患由来の皮下膿瘍は完治させることが非常に難しいです。
各種治療法は提案されていますが、確立した治療法はありません。
我々としては、ウサギの歯のメンテナンスの必要性(歯科検診)や正しいウサギの食餌の重要性、歯にまつわる正しい知識を飼い主様に伝える努力をしていきたいと思っています。

投稿者 院長 | 記事URL

ウサギの切歯・臼歯過長症

ウサギの歯科疾患は、切歯または臼歯の不正咬合を背景にした過長症が圧倒的に多いです。
ウサギの歯は、切歯(前歯)臼歯(奥歯)の全てが一生伸び続けます。
これらの歯を称して
「常生歯」
と言います。
文字通り「常に生える歯」と言う意味です。
資料によっても微妙に違いがありますが、ウサギの歯の伸びる速度は3~4才までぐらいの若い時期には
上顎の切歯で月に8ミリ、下顎の切歯は少し早く月に10ミリ程度伸びると言われています。
臼歯も月に10ミリ程度伸びるとされていますが、
それらも栄養状態などによって違ってくると思いますし、
高齢になるほど伸びる速度は遅くなるようです。

歯の咬み合わせが悪い場合、顎関節の咬み合わせを修正することはできませんので、結果として歯が伸びたらカット・研磨をして歯の咬合をコントロールしていきます。
食餌の内容も重要になってきます。
切歯は食物をもっぱら咬み切る運動をし、臼歯はすり潰す運動をします。
チモシー(乾草)を中心の食生活をしているウサギは切歯も臼歯もバランス良く摩耗していますが、ペレットフードが中心のウサギになりますと特に臼歯が伸びて食欲が消失します。

切歯の過長は唇をまくると上下に伸びますので、すぐにわかります。
一方、臼歯は開口器を使用して初めて過長が判明します。
下顎の臼歯は、舌に向かってトゲのように伸びて舌に潰瘍を作ります。
上顎の臼歯は、頬の内側をトゲのように伸びて、同じく潰瘍を作ります。
いずれにしても、よだれが過剰に出て痛さのあまり食欲は消失します。

当院では、過長の切歯・臼歯はニッパー・やすりあるいはマイクロエンジンンのハンドピースで切断をしています。
基本的には麻酔は実施せず、手際良く処置を心がけています。
それでも暴れたり、神経質なウサギには全身麻酔を施しています。
下の写真は切歯が過長のウサギ達です。




次は臼歯が過長になったウサギです。
上段左の写真は右上顎の臼歯が頬内部に食い込んでいます(矢印に示す)。
上段右の写真は下顎臼歯の過長です。矢印に示すように舌に食い込んで舌潰瘍になっています。
下段の写真も同じく下顎臼歯の過長です(鼻腔内にガスマスクを当て全身麻酔をしてます)。
歯にまつわる問題は適切な歯の切断で解決されます。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31