犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2017年6月12日 月曜日

NO.469 蓮音くん(東浦町在住)


みなさん こんにちわ geminishine



先日、舞台を観劇してきましたpaper

80年代の人気漫画を題材にした

5人組の男子高校生と個性的なキャラクターが登場する

ドタバタギャグ&コメディを観劇してきましたsign03

若手俳優と有名な芸人さんが達が織りなす、

終始笑えるエンターテイメントでしたっimpactimpactimpact

舞台鑑賞はとっても面白いので

是非、鑑賞してみるのもオススメですsign01




それでは、患者様紹介をさせて頂きます note

大型犬で有名な

バーニーズマウンテンドッグ蓮音君ですdog





蓮音君は現在、2歳になり体重が50キロに到達sign01

50キロ・・・と目にすると人間並みの体重ですが、

バーニーズマウンテンドッグの男の子は

50キロ前半までが標準体重になります。





体が大きいぶん、立姿もかっこよくて凛々しいですね good



そんな蓮音君、当院に来院されると必ず

 ワンちゃん大好き、当院看板犬が蓮音君に向かって挨拶という名の

突進をしに行きます coldsweats02sign01

それでも嫌がらず、ドゥの相手をしてくれます happy02

2頭で腹ばいになってお鼻をくっつけあたっり





ドゥが蓮音君のお口の中のにおいを嗅いだりnote





やっぱり、2頭並ぶとドゥがすごく小さく見えますね happy02 





ドゥが蓮音君を遊びに誘おうと回りを走ってみたり





こころの優しい蓮音君はドゥの遊びに乗ってくれて

一緒に無邪気に遊んでいる姿をみると

とてもかわいいですねhappy02





蓮音君カッコイイねsign01



大型犬sign01バーニーズマウンテンドッグに興味を持たれた方は
 
コチラdownクリックお願いいたします impact

 

































 

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年6月 4日 日曜日

NO.468 ネザーランドドワーフ・チェッカードジャイアント おみそくん、黒豆くん(常滑市在住)

みなさん、こんにちはsun

6月と言えば『雨』rainというイメージが強いですが
紫陽花の季節でもありますnotes

各地ではもう≪あじさい祭り≫が開催されているそうです


愛知でも、蒲郡や稲沢などでやっているそうなので
今年は行ってみようと思いますrockshine





それでは患者様紹介に参りましょうrock


まずはチェッカードジャイアント黒豆くんですsign03





大きいお耳が素敵だねgoodshine


''ジャイアント''という名前の通り、大きい品種

成長すると、メスは約5kg以上、オスは約5.5kg以上になるそうですeyesign03


黒豆くんはもうすぐ1才になりますが、5.7kgあります!!

上の写真ではあまり伝わらないと思うので...全身のショットをcamera





膝に乗り切らないほどに大きいんですhappy01

迫力があってカッコイイねshine


さてさて全身状態を確認しましょうhospital

うさぎさんは歯がのびてしまいますが、黒豆くんは優秀ですねsmilenotes





全身状態は良好で問題ありませんpapershine

黒豆くんはこれで終わりです

お疲れ様でしたconfident





次はネザーランドドワーフおみそくんですsign01





つぶらな瞳が可愛いねheart04

おみそくんの体重は1.2kgなので
黒豆くんの約五分の一flair

さすが世界最小と言われるネザーランドですねhappy01notes





黒豆くんの時と比べると小柄なのがよく分かりますよねeye

ネザーランドドワーフは体も小さいですが
お耳も小さいのが特徴なんですshine

横からだとしっかり分かりますねsmile





おみそくんも全身状態は良好ですgoodshine

お疲れ様でしたconfident







私もうさぎさん飼ってみたいlovelyと思った方は

 

ぜひぜひupクリックお願いします

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年5月31日 水曜日

NO.467 ネザーランドドワーフ ・ だいずくん(大府市在住)



みなさん、こんにちはnotes

最近、湿度が高くジメジメとした日が続いてますねdespairsweat02

いよいよ梅雨に入るんですかねぇ・・・

調べてみたところ、今年の梅雨入りは

rain5/29~6/10頃の間

梅雨明けは

sun7/15~7/26頃の間ぐらいだそうです。


梅雨の時季は、雨ばかりなので嫌ですが
梅雨が明けると気温が一気に上がるので
どちらも嫌ですねgawksweat02


早く過ごしやすい秋mapleにならないかな!!



それでは、患者様紹介にうつりたいと思いますclover

今日、ご紹介させていただく患者様は
ネザーランドドワーフだいずくんですhappy01




今日は、ホテル預かりで来院されましたclover

だいずくんは、今回で2回目のホテル預かりになりますsign03
少しは慣れたかなhappy01

ちょっと心配だったけど、預かり中だいずくんは・・・


↓  ↓  ↓





人懐っこく寄ってきて
撫でさせてくれたりして・・・







とてもフレンドリーな、だいずくんnote

そして、何といってもsign03・・・・・だいずくん凄くフワフワしていて気持ちいいんですlovely




可愛くて、フワフワしているだいずくんは
私たちの癒しですshine

今回は1泊2日という短い期間でしたが
また、可愛いだいずくんに会えるのを楽しみにしていますねnotes





だいずくんに癒された~heart04という方は

 



こちらクリックupお願いしますsign01





 

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年5月24日 水曜日

新人スタッフ紹介 猪俣



みなさんこんにちわconfident
四月から働かせていただいています猪俣(いのまた)です。

三月までは専門学校でトリミングなどを勉強していましたhairsalon


自宅では柴犬とダックスフンドを飼っていますdog

柴犬はツンデレで
ダックスフンドは甘えん坊で
まったく性格が違う二匹ですが
とてもかわいく毎日癒されていますnote

ここで一ヶ月ちょっと働かせていただき
診察に入ってるといろんな性格の子がいて
その子に合わせた保定の仕方をしなければいけないのは難しいですが
最近ではしっぽを振ってくれる子や
お腹を見せてくれる子など
その子その子のかわいさを見つけることが楽しみになってきましたdogheart01


まだまだ分からないことが多く未熟ですが
一生懸命がんばりますので、よろしくお願いしますhappy01





頑張れsign01と応援してくださる方は

 

こちらupまでクリックお願いしますsmileshine


 

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年5月23日 火曜日

新米獣医師カーリーのつぶやき-part80-~カルシウム~

こんにちは、獣医師の苅谷です。

ここ最近急激に暖かくなり、下手をするとそこそこ暑くなってきましたね。

私たちの体感温度で暑いと感じるということは暑さにイヌやウサギといった暑さに弱い動物は熱中症など命に関わる状況に陥ることがありますので早めの暑さ対策が必要ですね。





今回はカルシウムについてお話します。

カルシウムの働きと言えばまず骨に関わっていると一番に思いつくと思います。

確かにカルシウムは骨に一番貯蔵されていますが、他にも実は重要な役割があります。

まず細胞内でのカルシウムについてです。

細胞内でのカルシウムはいろいろな細胞活動の調整をしています。

まずホルモンやサイトカイン(免疫細胞における情報の伝達物質)、神経伝達物質、消化酵素などといったものを分泌させるシグナルとしての働きがあります。

ホルモンやサイトカインといった上記に挙げられたものは生物が一定の安定した状態ー恒常性を維持するのに関わっています。

また細胞の中ではいろいろな化学反応が起こっており、カルシウムが関係しています。

カルシウムは化学反応に関わる酵素活性を調節しており、これにより細胞の増殖や分化、機能の維持に関わっています。


次に血液中のカルシウムについてです。

血液の中のカルシウムは神経や筋肉の興奮の調整をします。

またカルシウムは出血した時に血を止める止血にも関わり、血液凝固因子を活性化させます。

さらに血液のイオンバランスを整えたり、浸透圧を整えたりします。 

このようにカルシウムは体の中で重要な役割を果たしています。




さてこのカルシウムは体の中でどのようにしてバランスをとっているのかというと・・・

3つのホルモンによって調節されています。

1つ目はパラソルモンと呼ばれる上皮小体ホルモン(副甲状腺ホルモン)です。

このホルモンは血液中のカルシウムの濃度が下がってきた場合に働き始め、血中のカルシウムの濃度を上げます。

血中のカルシウムの濃度を上げるために骨からカルシウムを利用したり、後述する活性型ビタミンDの合成を促し、腸でのカルシウムの吸収を促したり、腎臓でカルシウムの再吸収に影響を及ぼす他のミネラル(マグネシウムやリン)を制御したりします。

2つ目は活性型ビタミンDです。

これはビタミンDがパラソルモンや紫外線の影響を受け、体の中で働くように活性型ビタミンDになり、腸でのカルシウムの吸収を促したり、腎臓での再吸収の制御を行っています。

3つ目はカルシトニンと呼ばれる甲状腺からでるホルモンの一つです。

これは上記の2つと異なり、血中濃度が上がりすぎた場合に働き始めます。

そのため、骨からのカルシウムの利用を抑制したり、腎臓からのカルシウムの再吸収を抑え、過剰分を尿中に放出します。

以上のように体の中ではホルモンによってカルシウムの濃度をコントロールしていますが、体内のカルシウムが不足してる場合は外部から摂取しなければなりません。

ただし、むやみやたらにカルシウムだけ、ビタミンDを摂ればよいというわけではありません。

カルシウム自体は腸からの吸収はあまりよくなく、ホルモンで調節しているわけなのですが、カルシウムと結合して結晶化させるシュウ酸を多く含む食べ物や過剰なリンを含む食べ物は腸からの吸収を阻害します。

また、ビタミンDは脂溶性のビタミンで過剰に摂取すると体に蓄積しやすく、体にも不具合が出てしまうこともあります。

そのため必要量を守って摂取することが重要なってきます。

カルシウムが不足してくるとくる病や内分泌の問題が現れることもあります。

メインのフードをあまり食べず、おやつなどがメインになってしまうと起こりうることですので注意しましょう。

今日は以上で終わります。

もしよろしければ



こちらupwardleftのクリックをよろしくお願いします。

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31