犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

スタッフブログ

2017年5月23日 火曜日

新米獣医師カーリーのつぶやき-part80-~カルシウム~

こんにちは、獣医師の苅谷です。

ここ最近急激に暖かくなり、下手をするとそこそこ暑くなってきましたね。

私たちの体感温度で暑いと感じるということは暑さにイヌやウサギといった暑さに弱い動物は熱中症など命に関わる状況に陥ることがありますので早めの暑さ対策が必要ですね。





今回はカルシウムについてお話します。

カルシウムの働きと言えばまず骨に関わっていると一番に思いつくと思います。

確かにカルシウムは骨に一番貯蔵されていますが、他にも実は重要な役割があります。

まず細胞内でのカルシウムについてです。

細胞内でのカルシウムはいろいろな細胞活動の調整をしています。

まずホルモンやサイトカイン(免疫細胞における情報の伝達物質)、神経伝達物質、消化酵素などといったものを分泌させるシグナルとしての働きがあります。

ホルモンやサイトカインといった上記に挙げられたものは生物が一定の安定した状態ー恒常性を維持するのに関わっています。

また細胞の中ではいろいろな化学反応が起こっており、カルシウムが関係しています。

カルシウムは化学反応に関わる酵素活性を調節しており、これにより細胞の増殖や分化、機能の維持に関わっています。


次に血液中のカルシウムについてです。

血液の中のカルシウムは神経や筋肉の興奮の調整をします。

またカルシウムは出血した時に血を止める止血にも関わり、血液凝固因子を活性化させます。

さらに血液のイオンバランスを整えたり、浸透圧を整えたりします。 

このようにカルシウムは体の中で重要な役割を果たしています。




さてこのカルシウムは体の中でどのようにしてバランスをとっているのかというと・・・

3つのホルモンによって調節されています。

1つ目はパラソルモンと呼ばれる上皮小体ホルモン(副甲状腺ホルモン)です。

このホルモンは血液中のカルシウムの濃度が下がってきた場合に働き始め、血中のカルシウムの濃度を上げます。

血中のカルシウムの濃度を上げるために骨からカルシウムを利用したり、後述する活性型ビタミンDの合成を促し、腸でのカルシウムの吸収を促したり、腎臓でカルシウムの再吸収に影響を及ぼす他のミネラル(マグネシウムやリン)を制御したりします。

2つ目は活性型ビタミンDです。

これはビタミンDがパラソルモンや紫外線の影響を受け、体の中で働くように活性型ビタミンDになり、腸でのカルシウムの吸収を促したり、腎臓での再吸収の制御を行っています。

3つ目はカルシトニンと呼ばれる甲状腺からでるホルモンの一つです。

これは上記の2つと異なり、血中濃度が上がりすぎた場合に働き始めます。

そのため、骨からのカルシウムの利用を抑制したり、腎臓からのカルシウムの再吸収を抑え、過剰分を尿中に放出します。

以上のように体の中ではホルモンによってカルシウムの濃度をコントロールしていますが、体内のカルシウムが不足してる場合は外部から摂取しなければなりません。

ただし、むやみやたらにカルシウムだけ、ビタミンDを摂ればよいというわけではありません。

カルシウム自体は腸からの吸収はあまりよくなく、ホルモンで調節しているわけなのですが、カルシウムと結合して結晶化させるシュウ酸を多く含む食べ物や過剰なリンを含む食べ物は腸からの吸収を阻害します。

また、ビタミンDは脂溶性のビタミンで過剰に摂取すると体に蓄積しやすく、体にも不具合が出てしまうこともあります。

そのため必要量を守って摂取することが重要なってきます。

カルシウムが不足してくるとくる病や内分泌の問題が現れることもあります。

メインのフードをあまり食べず、おやつなどがメインになってしまうと起こりうることですので注意しましょう。

今日は以上で終わります。

もしよろしければ



こちらupwardleftのクリックをよろしくお願いします。

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年4月 8日 土曜日

NO.466 ユズちゃん(高浜市在住)


みなさん、こんにちはsun

だんだんと春に近づいてきてますねdash

cherryblossom桜の開花予想では今月末には咲き始めるそうですhappy01

去年はお花見が出来なかったので、今年こそ

満開の桜を見に行きたいと思いますsmileshine




それでは患者様紹介に参りましょうpaper

MIX犬のユズちゃんです!





ちょこんと座って可愛いねheart04

ところで、先ほど書いた通りユズちゃんはMIXなんですが・・・

何と何のミックスか分かりますかsmile





正解は・・・『ヨークシャテリア』 × 『トイプードル』 

個体によってヨークシャ寄りだったり、プードル寄りだったりしますが
ユズちゃんはプードルに近いんだねflair


「プーキー」や「ヨープー」、「プーテリア」なんて呼ばれているそうです

英語圏では「ヨーキープー」、「ヨーキードゥードル」ともいわれ
あまり略されてないなって感じですねcoldsweats01


さてさて、今日はいつもの健診ですhospital

さっそくお耳掃除をしましょうearshine
ユズちゃん、いつもお利口にしてくれるので助かりますconfident





お耳すっきりだねhappy02

あれ?ユズちゃん、素敵なお洋服着てるeyesign03
もっとよく見せてくれるかな~

あ!今の季節にピッタリなイチゴ柄だnotes

レースもついていて、とっても可愛くてよく似合ってるねlovely





診察室では静かでお利口なユズちゃんですが

実は、もともと人が大好きで、テンションも高めupなんです

なので、カメラを向けると・・・撮っているスタッフと遊びたいって感じですねhappy02notes





いつも笑顔でしっぽを振ってくれるので
スタッフもメロメロになっちゃいますcatfaceheart04

今日はこれで終わりだね!
お疲れ様でしたgoodshine

また健診で来院するのをお待ちしておりますhappy01






ユズちゃん可愛いlovelyほかのヨープーも見てみたいshine

 

と思った方、ぜひぜひupクリックお願いします

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年4月 5日 水曜日

NO.465  ムーンちゃん(刈谷市在住)


みなさん こんにちはhappy01

当院では4月より
フィラリア予防がスタートしました!

新しい予防薬も発売スタートとなりましたので
詳しい詳細はスタッフまで
お問合せくださいsign01




本日、ご紹介いたします患者様は

cat ラグドール catムーンちゃんですtulip





そんなムーンちゃん、先日から耳に耳ダニがいるということで

その治療のために今、当院hospitalに通っていただいています。

今日は先日に引き続き、お耳の検査のため来院されました。good

何回もお耳そうじをしているので慣れっこなムーンちゃんwink

自分の痒い所をマッサージしてもうと

後ろ足が連動しますcatface





お耳掃除中も大人しく受けてくれていて

とてもお利口さんなムーンちゃんheart01

まだ幼いのでいろんな物に興味を持っていて

診察台の上を行ったり来たり

色んな表情を見せてくれますhappy01

診察が終わって待合でお待ちいただいてる間

ムーンちゃん周りが気になるのか、

キャリーの中から外の様子を伺い慎重に1歩外に踏み出します!




お外に出たら、こっちのものsign01

椅子のにおいを嗅いだり好奇心旺盛ですね smile




あともう一息でお耳が綺麗になるので

それまで、頑張ろうねっhappy02

ムーンちゃんお疲れ様でしたgood




ムーンちゃん 頑張れっsign01

 

と思った方はこちらupクリックお願いしますwink





 

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年4月 5日 水曜日

新米獣医師カーリーのつぶやき-part79-~甲状腺機能亢進症~

こんにちは、獣医師の苅谷です。

今年も花粉症の時期に入りましたね。

今年は鼻というより眼の方が症状がつらいかなと思う今日この頃です。

マスクならば気軽につけられますが、ゴーグルまでとなると少し億劫になっている苅谷です。

今回は甲状腺機能亢進症のお話をします。

この病気は以前お話しした甲状腺機能低下症とは逆に甲状腺ホルモンの分泌が過剰になり、体の代謝系に異常が起こります。

シンガーソングライターの絢香さんがこの病気に罹り、一時期闘病のために活動休止していましたね。

また甲状腺機能亢進症は人においてバセドウ病とも呼ばれます。

この病気は中高齢の猫においてよく認められますね。

前回にもお話ししましたが、甲状腺ホルモンは体の代謝系を働き、細胞の活動を活発化させます。





甲状腺機能低下症では元気がなくなる、体重が増加するといった症状がありましたが、甲状腺機能亢進症は低下症とは真逆の症状を現します。

症状としては以下の通りです。

・食欲旺盛だが、体重が減少する

・落ち着きがなくなる

・以前に比べて攻撃的になった

・毛のつやが悪くなる

・水の飲む量が多くなる

甲状腺機能亢進症の状態が進行していくと心臓や腎臓を始め、様々な臓器に影響を与えます。

そのため、二次的に心不全や腎臓病になってしまいます。

また甲状腺機能亢進症は甲状腺の過形成や肥大、甲状腺がんなどの腫瘍によって起こるため、甲状腺がある首のところに腫瘤を認めることがあります。

さて以上の症状が現れた場合甲状腺機能亢進症も疑いますが、中高齢ということで腎機能や肝機能などもチェックが必要になってきます。

そのためまずは一般的な血液検査を行い、それに追加して甲状腺ホルモンの値を調べる必要があります。

一般的に測定される甲状腺ホルモンも2種類あり、T4とfT4です。

甲状腺機能亢進症は過剰に甲状腺ホルモンが分泌されるのでこれらの値は高くなります。





甲状腺機能亢進症と判明して、治療はどのような方法があるかというと・・・

・甲状腺ホルモンを抑える抗甲状腺薬を内服する内科療法

・食餌中のヨウ素を制限する食事療法

・腫大した甲状腺を摘出する外科療法

が挙げられます。

まず食餌の管理で何とか甲状腺ホルモンの数値を抑えることから始めていきます。

それでも甲状腺のホルモンのコントロールが難しい場合、抗甲状腺薬の内服も考慮します。

外科療法は大きくなりすぎた場合に適応になりますが、甲状腺ホルモンは全身に作用しており、いろいろな臓器に影響が出ているため、上記の内科療法で状態が安定してから行います。

どのような内分泌の病気にも言えることですが、完全に治すことは難しく一生付き合っていく必要のある病気です。

猫の場合、高齢になってから発症が多いので麻酔をかけなければならない外科適応が難しい場合があります。

お薬の内服も猫ちゃんによってはストレスと感じるこもいるため、できれば食餌で管理していくことがよいと思います。

今回は以上で終わります。


もしよろしければ



こちらupwardleftのクリックをよろしくお願いします。

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

2017年3月29日 水曜日

肛門嚢について ~加藤獣医師便り~

こんにちはnote
獣医師の加藤です



 


3月も終わりですね。

4月から新しいスタートをきる準備をされている方もいて、

何かソワソワする季節ですねcherryblossom





さて、今回は『肛門嚢』について

お話しさせていただきます。

みなさん、肛門嚢のことはご存知ですか?




肛門嚢とは、肛門の左右4時と8時のところに存在する

一対の分泌腺のことを言います。


写真のように、親指と人差し指で示しているところが肛門嚢になります。





肛門嚢は、悪臭のある分泌物を貯留し、

排便時や興奮時に細い導管を通って排泄されます。


実際、ドゥちゃんから出できた肛門嚢の分泌物です。
独特な臭いをはっしていますwobbly




この分泌物は排便時に便に付着し、

他のワンちゃんに対して自分の存在をアピールする臭い付けであったり、

自分はこうゆう犬であることを伝えるものでもあります。





肛門嚢付近は常に便などで汚染され、細菌感染しやすく、

炎症が起きやすい環境になっています。




肛門周囲や肛門嚢自体に何らかの原因で

感染や炎症がおきると肛門嚢炎を発症し、


導管が閉塞、分泌物が肛門嚢に貯留すると、

肛門嚢破裂と二次感染がおき肛門嚢膿瘍を発症します。

肛門嚢破裂とは、大きく腫大した肛門嚢が破れて、
隣接した皮膚も破り外へ排膿した状態のことを言います)



こういった疾患は小型犬種に多く

炎症や分泌物の貯留がおきると、肛門部に不快感を感じ、

お尻を床にこすり付けたり、

肛門周囲をなめたり噛んだりする動作をします。



上記の行動が見られたら、

病院で肛門嚢に貯まった分泌物をしぼりだすことで、

スッキリしますが、

感染がおきていたり、肛門嚢破裂が起きましたら、

治療を行います。





病気の発症を未然に防ぐため、

当院では、月1回のお耳掃除と一緒に、

肛門嚢しぼりも行っています。



ドゥも病院で待ってますwink




慣れればお家でも、肛門嚢をしぼれますが、

みなさん、なかなか苦労されいるようですね。



肛門嚢のことをご存じなかった方は、

一度飼われているワンちゃんのお尻を

確認してみてはいかがでしょうかsign02




ちなみに、ネコちゃんも肛門嚢がありますが、

ワンちゃん程、病気に発展することは少ないです。

しかし、分泌物が貯留しやすいネコちゃんもいまして、

突然、肛門嚢が破裂して来院されることもありますので、

ネコちゃんの飼い主様も気にかけてくださいsign01




肛門嚢破裂を繰り返す場合は、

肛門嚢の摘出手術を行うことがあります。

犬の手術の詳細はこちらをクリックしてください。

同じく猫の肛門嚢摘出手術の詳細はこちらです。





 
upwardright肛門嚢しぼりって大切だなと思われた方はクリックお願いします。

投稿者 ブログ担当スタッフ | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30