犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

ハムスターなど小型げっ歯類の疾病

2012年10月17日 水曜日

ジャンガリアンハムスターの後躯不全麻痺

ジャンガリアンハムスターは運動好きで、ケージの中でも回し車を初めとして、ケージの天井部分の格子で雲梯遊びをしたりします。

安全に遊んでくれれば何も心配はありませんが、遊具で肢を挟んだり、雲梯遊びから落下して骨折したりする場合も多いです。

今回ご紹介するのは、非常に活発で運動好きなジャンガリアンハムスターのうーちゃんです。

後肢が不全麻痺を起して、歩行ができないとのことで来院されました。

非常に小さな動物なので犬猫のように神経学的検査も詳細にわたって実施することが難しいです。



鉗子で後肢をつまんで痛覚のチェックを行いました。

両後肢とも痛覚反射が弱いです。



おそらく脊椎損傷が原因で後躯不全麻痺に陥ったと思われましたので、レントゲン撮影を実施しました。





明瞭な椎体脱臼や骨折は認められませんでした。

犬猫なら脊椎造影して損傷の部位を特定できるのでしょうが、これだけ小さな動物では診断にも限界があります。

ウーちゃんの場合は、幸いなことに排便・排尿障害はなく、尿毒症に移行する心配はありませんでした。

下が受診された当日の写真です。

ちょっぴり、ふくよかな体型ですが前肢を駆動して、機敏に匍匐前進をします。





発症直後ということもあり、ケージ内での安静を命じ、ステロイドの投与を行うこととしました。

時は流れ、次の写真は5か月後のウーちゃんです。



随分とスレンダーになりました。

飼い主様がうーちゃんの健康管理をしっかりされており、適度な運動・リハビリを実施し、バランスのとれた食生活をされている結果です。投薬もしっかりして頂いています。

不全麻痺を呈していた後躯も今では、しっかり駆動しており(特に左後肢)、右後肢もある程度の動きはできるようになっています。





この調子で回し車を回せるくらいまで回復して欲しいと思っています。

ハムスターを取り巻く環境は危険がいっぱいです。

なるべく飼育環境はシンプルにレイアウトして、未然に事故を防いで下さい。




にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったらこちらupwardrightをクリック宜しくお願い致します。
 


投稿者 もねペットクリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31