犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

院長ブログ

2016年4月 7日 木曜日

べティと花見(その後の彼女の容態)

こんにちは 院長の伊藤です。

中部圏は本日の雨で桜が散って残念です。

今回は久しぶりに疾病の話ではなく、花見の話題を載せます。

当院の近所に於大公園という、桜が綺麗で花見の時期には賑わう公園があります。

先週、この於大公園にベティを連れて花見に行きました。

先週の時点では、まだ桜は満開とまではいきませんでしたが、花見の来園者で一杯でした。

べティは足元がおぼつかない状態ですが、ゆっくりと桜の下で久々の散歩を堪能できました。








さて、当院の看板犬のベティですが去年の6月の前庭器症候群で起立不能に陥りましたが、頑張って起立歩行ができるようになりました。

その後、体側部に軟部組織肉腫という悪性腫瘍ができ外科的摘出に成功したものの、新たに反対側の体側に同じ腫瘍が出来てしまいました。

べティも現在14歳と7か月齢になりました。

レトリバーとしてはもういつお迎えが来てもおかしくない高齢ですが、この軟部組織肉腫と最期まで付き合っていく様を見届けようと決めました。

しかしながら、2か月前くらいから下顎リンパ節が腫大し始め、クルミ大くらいに腫れました。

非常に嫌な予感はしましたが、リンパ腫であることが判明しました。

ゴールデンレトリバーは非常に腫瘍の発症率が高い犬種です。

しかし、この高齢になって軟部組織肉腫とリンパ腫のダブルパンチとは。

神様も彼女にきつい試練を与えるものだと思いました。




べティの血圧は低くなっており、点滴のために腕の静脈に点滴用の留置針を入れることが難しくなってきました。

リンパ腫治療のための化学療法は、抗がん剤を点滴に入れて治療を行います。

残念ながら、べティにはこの方法が取れませんので経口的に内服でリンパ腫を治す薬を飲ませています。

ロムスチンとコルチコステロイドの併用です。

それでも、凄いことにリンパの腫れも引いて彼女は元気に早く食餌をよこせと要求するようにまで回復してます。





当院の患者様にあっては、べティのその後の容態をご心配して、面会にお越し頂く方もお見えです。

この場を借りて、元気に闘病生活を送っていることをお伝えさせて頂きます。

来院される機会があれば、べティにお声を掛けてあげて下さい。

きっと挨拶に出てくると思います。

今年の桜が彼女にとっては最後になるかもしれませんが、まだまだべティは頑張ります。




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。







投稿者 院長 | 記事URL

2016年1月 2日 土曜日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

年を越して新年を迎える度ごとに、思い起こす動物たちがいます。

飼い主様と共に病気と闘い、結果として亡くなられ、お別れしなくてはならなかった動物たち。

犬であれば、生後2カ月くらいのちびっこからお付き合いさせて頂き、活力あふれる年齢を経て、気づけば白髪が体毛に目立ち始め、脚力が衰え白内障が進行するシニア世代が訪れます。

次いで、加齢に伴い訪れる心不全・腎不全、そして腫瘍等など。

いろいろな疾病が原因で命は尽きます。

疾病を治すため一生懸命頑張ったけど、私の力及ばず、お別れすることになった動物たちもいます。

命あるもの、いつか別れることは避けられないけど、少しでも病んだ動物達と飼い主様のお役に立てるよう、今年も全力で頑張りたい。

新年はそんな獣医としての原点回帰する、自分にとっての儀式みたいなものです。

今年も走り続けます。



14歳3カ月のベティと共に




日本ブログ村ランキングにエントリーしています。




宜しかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

2015年1月 1日 木曜日

平成27年 院長より新年のご挨拶


2015年 明けましておめでとうございます!

当院のホームページをご覧の皆様、昨年は格別のご厚情を賜り、厚くお礼を申し上げます。






年末は急な冷え込みもあり、体調を崩されるペット達が多かったようです。

当院でも10数年来のお付き合いをさせて頂いてたペット達が、この年末は何件も心臓弁膜症や慢性腎不全などで急逝されました。

新年をペット達と迎えることが出来なくなった、飼い主様のお辛い心情を察します。



毎年のこととなりますが、お正月休み中に体調を崩された場合、名古屋市獣医師会が運営する夜間動物緊急診療所をご紹介させて頂いています。

診察時間は午後9時から午前2時までとなっています。

要予約のため、電話してからの受診となっております。

夜間動物緊急診療所: 052-263-9911



なお当院では、以前からの患者様のみ (新患は除く) 急患を対象に診察対応します。

電話対応は午前10時から10時30分と午後4時から4時30分に限定させて頂きます。

この時間内に当院の診察券をお持ちの飼主様に限り、お電話下さい。






今年も飼主の皆様のご要望にお応えできるよう、スタッフ共々頑張ります!




にほんブログ村ランキングにエントリーしています。



宜しかったらこちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります!

投稿者 院長 | 記事URL

2014年5月15日 木曜日

復帰のお知らせ!


院長の伊藤です。

4月後半から体調を崩して1週間入院することとなり、退院と同時に翌日から現場復帰して頑張ってまいりました。


頑張りすぎたのか、再度体調を崩して昨日検査入院となりました。

それでも、神様は私にもっと動物の命を救いなさいと言われたのか、定かではありませんが「入院の必要はなし」とのことで本日帰って参りました。

度々、患者様方にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


春の健診で、ワンちゃん達の「肝臓の数値が悪いですね」と言っていた私自身の肝臓が障害を起こしてしまい、黄疸になっていました。

肝疾患の動物たちの気持ちが少しは体感できたと思っています。

医療に携わる者は、心身ともに健全でなければなりません。

そうでなければ、疾患と正面から対峙することはできません。

今後、なるべく自身のペースを守りつつも体調を完全に整えて現場に臨む所存です。

明日16日(金)からいつも通り、診察開始致します。

宜しくお願い致します。









にほんブログ村ランキングにエントリーしています。




宜しいかったら、こちらupwardleftをクリックして頂けるとブログ更新の励みとなります。

投稿者 院長 | 記事URL

2014年1月 1日 水曜日

平成26年 謹賀新年 from もねペットクリニック


明けましておめでとうございます。

無事、平成26年を迎えることが出来ました。

当院が開業しておりますイオンモール東浦は、本日朝8時から多くのお客様が来場され活気あふれる風景です。



お正月とは言え、ホテル・入院している動物たちのお世話がありますので実質上、当院は平常に近い勤務をしています。

このお正月休みに体調を崩されるペット達もいて、救急で休日診療となることもあります。

疾病だけは、お正月とか関係ありませんので病院としても対応が難しい所です。

もし夜間にペットが病気になったら、名古屋市獣医師会が運営する夜間動物緊急診療所をご紹介します。

診療時間は午後9時から午前2時まで

電話番号: 052-263-9911

当院では、以前からの患者様についてのみ(新患は除く)対応させて頂きます。





今後も皆様のご期待に添えることが出来るように良質の医療サービスを展開していきたいと思います。

それでは、今年も宜しくお願い致します!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。




いつもの応援クリックupwardleftありがとうございます。
今年も楽しいブログを作っていきたいと思います。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31