犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

院長ブログ

2013年4月26日 金曜日

アルゴンプラズマ凝固法(APC)を使用してみました。

手術を実施する中で気を使うのが、止血です。

特に出血層が浅い患部で、湧水のごとく出血している場合などは、電気メス(モノポーラ・バイポーラ)でも完全に止血が完了しないこともあります。

今回、当院でエルベ社の電気メスを使用している関係で、オプションとしてアルゴンプラズマのスプレー凝固を試用させてもらいました。



ミニチュア・ピンシャーのルーシーちゃんは、乳腺腫瘍が見つかり今回、避妊手術と乳腺腫瘍摘出手術を実施することとなりました。

乳腺腫瘍の手術では、術後もジワジワ出血が続く症例もありますので、このアルゴンプラズマを使用することとしました。






上写真の黄色丸の部分がプラズマが放電しているところです。

一般に電気メスでは患部とメスが物理的に接触するのみでの止血となります。

しかし、スプレー凝固(放電凝固)では、通常よりも高い電圧をかけることで、抵抗の高い空気中にスパークを飛ばす非接触的なで凝固する方法です。







電離しやすいアルゴンガスは、高電圧のスプレー凝固出力によってイオン化したプラズマとなり、電極と組織の間に電圧を通す媒体となります。

難しい話はこれくらいにして、使用感としては溶接用のバーナーで炙るような感じです。

気をつけないと、あっという間に広範囲を炙ってしまいますので要注意です。

下写真の黄色部分のように一部、炭化した箇所が認められます。

止血完了を確認後、ガーゼで優しく取る事は可能です。




乳腺腫瘍摘出手術は従来、何ヶ所も血管を結紮止血して対応してきましたが、このAPCは瞬間的に止血できてしまうのは手術時間の短縮化につながり便利です。

エルベ社のバイクランプにしても、一度使用するともう縫合糸で動脈を結紮することが煩雑に思えてきて、大局的にみると患者のためにはなるけど、自分の外科技術の研鑽にはつながらないようにも思えます。



しかし、技術革新とはこのような小さなことの積み重ねで進歩するわけですから、受け入れて動物たちに還元できる技術なら進んで取り込んでいきたいと思います。



ルーシーちゃんのこの避妊と乳腺腫瘍の手術にしても、あわせて90分とかかりませんでしたので非常に好感触です。

ルシーちゃん、お疲れ様でした!




アルゴンプラズマ凝固法(APC)を初めて、ご覧になられて動物医療も少しづつ進歩してるな、と感じられた方は
 

 
こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

2013年4月 4日 木曜日

山塙主任、お疲れ様でした!

3月いっぱいを持ちまして、当院を影となり、日向となり支えてくれた山塙主任看護士が退職されました。

山塙主任には5年余にわたり勤務され、まさに私の右腕として頑張ってくれました。

ご結婚による寿退社です。

ささやかながら、彼女への感謝の気持ちでお花を贈ります。



この半年間の山塙主任は、新人看護師達の教育係的な業務が中心となっておりました。

ずぼらな私とは違って、彼女は非常に緻密に計画的に行動をするタイプの看護師です。

何度も彼女には、窮地を助けてもらっています。

彼女がいなくなってからの、当院の戦力をカバーするため新人スタッフ達も全力で研修中です。



今春、当院のスタッフは新人がたくさん入社することとなり、常勤とパートのスタッフを合わせると10人を超えます。

これまで、当院をご利用いただいてる飼主様も見慣れない新しいスタッフに当惑されるかもしれません。

近々、ホームページをリニューアルしますので、その時スタッフの紹介を改めて致します。

これまで以上に医療サービスの質を向上するため、私含めスタッフ全員で頑張っていきますのでよろしくお願い致します。



お世話になった山塙主任に感謝の言葉を伝えてます。

今のスタッフにとって、彼女が目標となっていることは間違いなさそうです。





山塙主任、お疲れ様でした!

素敵な家庭を築いてお幸せになって下さい!!





にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリックして頂けると励みになります。

投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30