犬の育て方・病気猫の育て方・病気哺乳類の育て方・病気両生類の育て方・病気
  • home
  • スタッフ
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 初めての方へ
  • HOTEL
 

院長ブログ

2012年11月12日 月曜日

グリーンなインコ達

当院には各種外国産の飼鳥がやって来ますが、その中でも体色の緑が鮮やかなインコ達をご紹介します。

まずはクロカミインコのクロちゃんです。

突然の落鳥(止まり木から落ちること)で来院されました。





クロカミインコの名の通り、頭部が黒いインコです。

原産地はボリビアで数十から数百羽を超える群れを作り棲息する社会性の高いインコです。



後ろから見た下羽の青が鮮やかです。





クロカミインコは、言葉を覚えるのが得意で、教えられた言葉を組み合わせてしゃべることができると言われています。

クロちゃんはいかがでしょうか?




次にご紹介しますのは、オオハナインコの太郎くんです。



オオハナインコはニューギニアやオーストラリアに棲息しています。

雄は緑の体色に赤や黄色のカラーが入り、雌は赤の体色に青のカラーが入ります。

本日は脱羽が気になるとのことで来院されました。









内側の羽に入っている朱色が綺麗です。





オオハナインコは、利口で精神的に繊細でデリケートな気質だそうです。

本日ご紹介させて頂きました2件のインコ達いかがでしたか?

また機会があれば、珍しい鳥をご紹介いたしますね。




にほんブログ村にエントリーしています。
 

 
宜しかったら、こちらupwardrightをクリック宜しくお願い致します!
 

投稿者 院長 | 記事URL

2012年11月 5日 月曜日

エル君の受難

以前、耳の毛玉取りにはご注意を!!で飼い主様が誤って耳をカットしてしまった事例をご紹介しました。

今回は口周りの毛をカットしようとして、誤って下をカットしてしまった事例紹介です。

エル君は非常に舌の長いヨークシャテリアです。



飼い主様が口周りの毛が長く、気になるとのことで鋏でカットされたのですが・・・・・・。



舌を少し鋏で切ってしまったようで、出血が止まらなくなってしまいました。

甚だしい出血です。



エル君自身は出血により、パニックに陥り、激しい呼吸を繰り返しています。

舌の動きがあまりに速く、患部を確認することさえできません。

結局、全身麻酔を実施して寝てもらっている間に処置をすることにしました。



よく見ますと下写真の黄色丸に囲んだ部分から出血していることが判明しました。



約3~4㎜ほどの切開創です。

舌の細動脈を離断したようです。

舌は骨格を持たない代わりに強靭な線維性組織を舌全体に分布させています。

この線維性組織の各線維が3次元的な運動を可能にしています。

5‐0の吸収性縫合糸で切開創を縫合します。







縫合終了した段階で出血もしっかり止まりました。

エル君はしばらく舌の違和感を気にしていたようですが、とりあえず無事処置も終了しました。

その後、1週間して抜糸にエル君は来院されました。





よくよくご覧いただくと、本当にエル君の舌の長さに驚きます。

この舌の長さでは、飼主様が舌を誤って切ってしまうのもうなずけます。

抜糸は麻酔もしてませんし、この達者な舌使いに翻弄され、苦労しました。

でも患部はしっかり治癒していました。



舌は皮膚と異なり、非常に血管に富んだ組織です。

ほんのちょっとした傷であれ、部位によっては激しい出血を伴う点にご注意下さいね!





にほんブログ村にエントリーしてます。
 

 
宜しかったらこちらupwardrightをクリック宜しくお願い致します。
 






投稿者 院長 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31